スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

千代田湖 ~白山からの眺め~

chiyodako31.jpg
(α700 & DT16-105mm/F3.5-5.6)
ちょっと間が開きましたが前回からの続きです・・・千代田湖の東側には展望台的な山の白山があります。
標高こそ620mですが花崗岩の山肌が美しい山です・・・ちなみに湖畔との標高差は約60mとのことです(笑
湖畔での撮影で満足しましたが、山の写真を撮るために久々に登ってみました。
頂上からは南アルプス・八ヶ岳・奥秩父山系の山々を見渡す事ができます。
山を撮影するには是非登りたい山です。

スポンサーサイト
[ 2009/11/29 22:02 ] | TB(0) | CM(6)

晩秋の千代田湖

chiyodako21.jpg
(α700 & DT16-105mm/F3.5-5.6)
連休最終日の11月23日は昨年同様に金峰山の霧氷を狙っていました。
しかし、とあるブログから林道川上牧丘線は通行止めという情報を得ます。
この林道の冬季閉鎖は本当に振り回される・・・どうやら雪が降ると通行止めになるようです。
昨年も金峰山霧氷撮影の第2波では通行止めにヤラれました(笑
その時は仕方なく小楢山(こならやま)に登りましたが、沢山の雪があってそれはそれで楽しかった^^
(見所があまりなかったのでアップはしてません)
今回は事前に情報を得ていたので、近場の千代田湖へ重役出勤で撮影に・・・(笑

[ 2009/11/26 00:00 ] | TB(0) | CM(8)

雪化粧の富士と河口湖

DSC06774.jpg
(α700 & DT16-105mm/F3.5-5.6)
ちょっと前の富士の雪化粧のエントリーの続編です。
新倉山浅間神社の後にお約束のように河口湖へ・・・桜の季節もこれと同じコースだったような^^;
ここ長崎公園は河口湖と両裾が美しい富士山を撮れるお気に入りの場所です。
桜並木もあって春には桜と富士山という絶景を手軽に撮る事ができます。
「河口湖でお勧めの撮影ポイントは?」と聞かれたら間違いなくこの場所をお勧めすると思います。
[ 2009/10/17 20:33 ] | TB(0) | CM(8)

夕暮れの千代田湖

chiyodako11.jpg

千代田湖にはたくさんの水鳥や繋がれたボートがあるので、夕暮れの撮影は非常に頭を悩ませます(笑
何処を撮っても絵になりそうなんですよね・・・今回は夕陽のみに集中したつもりです^^
dimageA1は基本的に太陽は苦手なんですが、買ったばかりの頃に果敢に夕陽を撮ったのを思い出します^^;
この湖もそんな思い出がある場所でもあります^^
今回は文章なしで・・・。

[ 2009/03/15 12:05 ] | TB(0) | CM(0)

突入!西沢渓谷

PICT58004.jpg

やはり来てしまいました・・・どうしても冬の渓谷撮影をしたいのです。
冬の渓谷と言っても、誰でも行けるような観光的な景色では面白くないのです^^
と大きな事を言っていますが、過去記事 「激闘!?西沢渓谷」 では完膚なきまでにやっつけられています^^;

いつものように広瀬ダムに寄って寒さ具合を確かめます。
寒さの本番前なので全面結氷にはいたってません・・・ここが狙い目なのです^^
前回は寒さが治まり始めた3月でしたが、渓谷の氷は溶け始めているのに遊歩道は閉ざされたままという状況でした。
今回は遊歩道が氷りに閉ざされる前を狙ってみました。
雪が少ない今年なら(多少の危険はあるにしても)最深部の七つ釜五段の滝へも到達できるかと思います。

[ 2009/02/01 23:50 ] | TB(0) | CM(2)

湖上の花

PICT38063.jpg

「第26回 全国新作花火競技大会」で撮った花火の写真のうちで、特に気に入った写真で記事を作ってみました。
中には「ん?」とか思う写真もあるかと思いますが^^;
あくまでも自分の中でのお気に入りなので勘弁して下さい(笑
ちなみに若干トリミングをした写真もあります。
[ 2008/09/08 00:02 ] | TB(0) | CM(0)

諏訪湖 ~夏の名残~ 

PICT38030.jpg

「第26回 全国新作花火競技大会」を見に諏訪湖までやって来ました。
写真は花火が上がる前の静まりかえる諏訪湖です。
この記事の前にアップしたかった記事があったのですが、5編構成で59画像と時間を要するのでこの記事を優先しました(笑
花火の写真なので少しでも8月に近い状態でアップしたかったのも理由です(笑

諏訪湖に花火を見に来たのは2回目ですが、前回は(遥か昔の)8月15日に行われる花火大会でした。
花火の凄さと混雑具合が記憶に残っています(笑
ちなみにこの花火大会を見てしまうと、地方の花火大会など退屈してしまうほどのスケールです。
昨年の混雑具合ですが8月15日の花火大会が45万人で、全国新作花火競技大会は31万人と書いてあるのを見ました。
この人数差に期待して行く事を決意しました(笑

14:00くらいに場所を確保するくらいの予定で甲府を出発、流石にたいした渋滞も無くお昼前に諏訪湖に到着。
昼食をとり「諏訪ステーションパーク」のモンベルで買い物といういつものパターンで時間を潰して(笑
13:30くらいに目的の場所に到着しました。
心配された駐車場も確保出来、ここまでは全て順調に事が運んでいます。
狙いは混雑の少ない対岸、トイレも近くに有って絶好の位置です。
[ 2008/09/08 00:01 ] | TB(0) | CM(4)

御神渡り

PICT22764.jpg

諏訪湖の最終記事です。(気が向いたら諏訪大社 本宮編をアップするかも知れないです)
2年ぶりに出現した御神渡りです。
光線状態もありますが前記事の氷の波を見てしまうと、失礼ながらちょっと平凡に見えてしまうかも^^
朝日で伸びる影によって存在感を出すと良い写真になりそうですね。
人、多そうだし挑戦はしませんが・・・(笑
でも水平な湖面に伸びる氷の山脈は神秘的でした。
[ 2008/03/10 20:02 ] | TB(0) | CM(0)

コロニー

PICT22463.jpg

流れでこの記事を諏訪湖の最終記事にしようとしましたが、御神渡りが相応しいと思って急遽変更しました(笑
ここは諏訪湖でもっとも野鳥が集まる場所です・・・多分(笑
物凄い数の野鳥達が出迎えてくれます。
この写真は手前側が岸で、溶けた部分に鳥たちが集まっている様子です。
[ 2008/03/10 20:01 ] | TB(0) | CM(0)

氷の波

PICT22532.jpg

今回は諏訪湖の沿岸の広がる氷の波です。
下諏訪方面の沿岸にはこのような氷の波が出現します。
浅瀬を仕切っている石に沖の方から乗り上げるような現象です。
初めて見る人はその迫力に驚くかも知れないです。
[ 2008/03/09 00:01 ] | TB(0) | CM(2)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。