生存報告

kaikoma115.jpg
(nex-5n&E18-55mm F3.5-5.6 OSS)
みなさん元気にお過ごしですか?私の方はなんとか激務の8月の山を越えて、ほっとしているところです^^;
もうしばらく忙しさは続きますが、精神的に追い込まれるような忙しさではありません。
なので、ツーリングや登山など楽しいことを考える余裕が生まれてきたりしています(笑
しかし、梅雨明け以来、はっきりしない天候が続いています。
7月後半からバイクでの通勤はめっきり減って、車&高速による通勤の日々が続いております。
エアコンで涼しい状態での通勤なんですが、これはこれで快適で、バイク通期には戻りづらい状況になっております(笑

[ 2017/08/22 00:50 ] | TB(-) | CM(0)

日暮れダイヤ ~甲斐駒ヶ岳~

kaikoma112.jpg
(α700&DT16-105mm/F3.5-5.6)
今日は冬至、いよいよ一年の終わりという感じになってきました。
と、昨日も同じような始まりのエントリーでしたが。。。ここ最近では珍しく連日のアップとなりました。
北杜市大泉町の金生遺跡では、冬至の時期に甲斐駒ヶ岳の山頂へ沈む、日暮れダイヤ甲斐駒編を見ることができます。
残念ながら2015年の冬至は、山頂にピッタリの軌道ではありませんでしたが、楽しみあり、ドキドキありの撮影となりました。
金生遺跡からの甲斐駒ヶ岳は、このブログのライブカメラリンクにある 「甲斐駒ヶ岳」 で見ることができます。

[ 2015/12/22 21:50 ] | TB(-) | CM(-)

秋富士

shindou028.jpg
(nex-5n&E18-55mm F3.5-5.6 OSS)
11月も10日間が終わろうかとしていますが、ようやく11月の第1エントリーのアップとなりました。
この日(11月5日)はカラマツの黄葉を楽しもうと、新道峠から富士山五合目の奥庭自然公園へと出掛けてみました。
新道峠ではきれいな黄葉と富士山の姿を楽しめましたが、奥庭自然公園はピークを過ぎており残念な結果となりました。
そんな訳で本命の奥庭での写真はありません。。。新道峠での(同じような)2枚にて11月のスタートを切りたいと思います^^;
2015年も残すところ2ヶ月、11月突入です!!

[ 2015/11/10 23:18 ] | TB(-) | CM(-)

八ヶ岳と荒武者

yatsu001.jpg
(α700&DT16-105mm/F3.5-5.6)
民話の世界では富士山よりも標高が高かったといわれる八ヶ岳。
この場所から見る八ヶ岳は、雄大に両裾を広げた、民話の中での姿を想像できるようで気に入っています。
振り返ると富士山も見えるので、(民話の中での)背比べの特等席でもあります(笑
場所的にモデルは穴山氏かと思いますが、リアルな騎馬武者と八ヶ岳を組み合わせると、意外に面白い絵になったりします。

[ 2015/01/28 21:44 ] | TB(-) | CM(-)

KOMAGATAKE

kaikoma102.jpg
(α700&DT16-105mm/F3.5-5.6)
2015年になって撮影した写真による最初のエントリーは甲斐駒ヶ岳のスナップ集です。
武川、白州からの甲斐駒ヶ岳は摩利支天を従え、圧倒的な迫力で見るものを魅了します。
流石は古き時代からの登山口があるだけのことはあり、麓の人々はここから見る駒ヶ岳こそ1番という強い信念を持っています。
ちなみに麓の人々はこの山のことを甲斐駒ではなく、親しみもこめて駒ヶ岳と呼ぶことが多いです。
なのでタイトルも 「KOMAGATAKE」 にしてみました^^

[ 2015/01/06 17:00 ] | TB(-) | CM(6)

歩け!水ヶ沢林道

shindou014.jpg

12月29日のスノーハイクの模様をお届けします。
水ヶ沢林道(新道峠)というと何年か前に親友の T氏 とともに歩いた 「雪の新道峠」 を思い出します。
今回も声を掛けたのですが、その時に懲りたようで、誘いに応じてはくれませんでした(笑
無雪期は撮影地まで駐車場から20分くらいですが、水ヶ沢林道が冬季閉鎖となると、林道歩きが加わり約1時間となります。
山歩きに慣れた人間にはちょっとしたハイキング気分ですが、そういうフィールドに馴染みない人間いは大変かも知れませんね。

[ 2014/01/02 00:00 ] | TB(-) | CM(-)

山スナップ

kaikoma073.jpg
(α700 北杜市長坂町)
いよいよ甲斐駒ヶ岳が雪を纏った美しい姿になりました。
七里岩の上を走る七里岩ラインからの1枚ですが、高台から撮っている関係でより一層迫力ある姿となります。
山ゆえに見る場所でだいぶ風貌が変わりますが、甲斐駒ヶ岳は摩利支天を従えるこの姿が一番カッコいいと思います。
紅葉と雪山、季節も感じられますね。そうそう2012年も最終月の12月に突入です。

[ 2012/12/01 00:38 ] | TB(0) | CM(8)

南アルプスと菜の花

nanohana017.jpg

もう1ヶ月以上も前の写真ですが、昨年もこの場所の写真は未アップでしたので、今年こそはという思いでアップしました。
かなりマイナーな場所ではありますが、高度的に南アルプスが視線の高さとなり、それは素晴らしいロケーションです。
ただ、写真でも分かるとおり、数本の木々が邪魔で、アップの写真ではそれらを避けるばかりに、窮屈な構図になりがちです^^;
そんな部分もある写真達ですが、春の思い出として見ていただければと思います。

[ 2012/05/15 23:59 ] | TB(0) | CM(8)

御中道トレッキング(後編)

fuji109.jpg

もういつ行ったのか忘れてしまった気もしますが後編です^^;
行きは真上からの光線で黒い富士山でしたが、帰りは(夕方の)横からの光線で、赤い富士山を見ることができました。
富士山というと雪を纏った姿を連想すると思いますが、夏の荒々しい姿もまた素晴らしいと思います。
この写真はご機嫌で建物を入れて撮りましたが、(大きな声でいえませんが)じつはこの建物はトイレだったみたいです(笑

[ 2011/10/31 00:00 ] | TB(0) | CM(8)

続)夏富士、雲海に浮かぶ

shindou008.jpg

新道峠での日の出は、毎年何度か見る恒例行事となっております。
感動的なシーンを期待して出掛けるわけですが、そういうシーンには、なかなかお目に掛かかれるものではありません。
どこかのブログで 「風景撮影は努力賞」 と仰っていた方がいましたが、その言葉の意味が分かるような気がします。
この朝も 「来るぞ!」 と思わせて、平凡に終わるいつもの新道峠でした(笑
(このエントリーは9月14日アップの 「夏富士、雲海に浮かぶ」 の続編です。)

[ 2011/10/25 23:00 ] | TB(-) | CM(-)