秋の山寺

hase01.jpg

新緑の時期に記事にした、感じの良い山寺(菩提山長谷寺)の紅葉です。
ちなみにその時の記事→山寺
このお寺は人に会うことは殆どありません。
甲府の中心部からも近いのですが、穴場的なお寺で静な雰囲気の中で撮影を楽しめます。
紅葉時に来たいと思っていたのでこの時期に来てみました。
新緑時と同様にお寺撮りの相性が良いF50fd、紅葉の色合いも鮮やかにクロームで・・・。
[ 2008/11/28 21:00 ] 菩提山長谷寺 | TB(0) | CM(0)

野辺山の夕陽

PICT53076.jpg

宣言も無くひっそりと「凍る金峰山」で再開って感じですが^^;
やはり写真をブログにアップ出来ないのはストレスになりました(笑
ただ単に再開でしたらまた同じ事になるのが容易に想定されますので、今回はロボット検索対策のタグを追加しました。
しかしこのタグを追加するとネット上での検索も対象外となります(笑
試しに「凍る金峰山 のんびり」で検索しても私のブログは表示されません^^
でもこれってパスワードで守られているのとあまり変わらないのかも・・・。
過去の残骸からの検索者は入って来れますが(笑

まあ暫くはこんな感じで「のんびり行こう!」のまま運営して行こうかと思ってます。
写真のストックもそこそこありますし^^;
本当は紅葉の写真を優先しようかと思いましたが、土曜日の金峰山があまりにも綺麗だったので優先しました。
この野辺山の写真は昨日のものです。
雪が降ってからでは大変なので今のうちから下見です(笑
非常に残念な報告・・・2月に記事にした案山子が無くなってました・・・(涙

[ 2008/11/24 14:04 ] 野辺山・清里 | TB(0) | CM(4)

凍る金峰山

kinpu01.jpg

大弛峠までの林道牧丘川上線は、12月1日から翌年の5月31日まで冬季閉鎖となります。
この時期の金峰山では霧氷が見られるのですが、雪山まではいかなくとも冬の2,500mクラスの登山は不安です。
でもこれが最後のチャンス・・・。
当初は8:00くらいから登り始めたかったのですが、初めてという事もあったので安全策の10:00出発(笑
霧氷が溶けてしまう心配がありましが、今回は下見的な位置付けなのでこれでいいのです。
登山なので全て自己責任の世界・・・観光地とは違った楽しさもありますが、反面怖さ厳しさもあったりします。
出発時の気温-5℃・・・自分の持っている装備で大丈夫なのだろうか・・・。
[ 2008/11/22 21:00 ] 山歩き・山梨百名山 | TB(0) | CM(0)

紅葉夜景

PICT52044.jpg(1.6秒 F10 ISO200)

紅葉のライトアップ撮影は初の試みでした(笑
場所は毎年来よう来ようと思って流してしまう富士河口湖紅葉まつりでした。
明日までなので危ういところでした^^;
急遽撮影に来たのはかずーさんに刺激されたからだと思います。
人の写真に意見を言っておいて自分は・・・だと嫌なのと自分なりの考えでどう撮れるのかを試すためでもありました。
アントニオ猪木流に言えば「やれるのか!オイ!!」ってところです(笑

低ISOで絞り込んでの撮影を予定していたので風が無くて本当に良かったです。
今回はEXIFを残そうかと思いましたが、縮小専用での縮小になれきってますので撮影情報を記載しました。
自己流なので独創的かもしれないですが、好みにあったら参考にしてみて下さい。
ちなみに撮影モードは全てマニュアルです。
絞り優先的な撮影ですが、絞り優先だと露出補正の範囲外になる事が多いのでマニュアルモードを使用しました。

[ 2008/11/15 01:21 ] 紅葉 | TB(0) | CM(2)

中田島砂丘

PICT41080.jpg

いや、きっと私の思い過ごしなんでしょうけど・・・。
ロボット検索によってリンクされたページからの検索履歴にいじけ中です(笑
ネットに写真を公開する以上、その写真の一人歩きを阻止するのは不可能です。
運営期間に比例して様々な人がブログにアクセスしてきます。
有難くないリンクも増えていくのも、ある意味自然な姿かも知れないです。
同じ価値観を持った訪問客はウエルカムでも、そればかりを求められない現実・・・。
この悩みを沈静化するには今の状態は完璧だと思います。

と前置きが長くなりましたが^^;
このままでは死にブログ化しそうな勢いなので久々に更新してみます。
11月にもなりましたしね(笑
久々の更新の舞台は中田島砂丘です。
来たのは初めてですが、思ったよりスケールが大きくて驚きました。
そうは言っても海外のような広大な砂丘ではないので、砂丘らしく撮るにはちょっと苦労する場所でもありました(笑

砂丘の撮影は長年の憧れでしたので、新鮮な気持ちでシャッターを切る事ができました!
かつては 「幻想、砂丘の如く」 なんて記事で気を紛らわせた事も^^
ちょっと遠すぎるのがアレですが、また来て見たいポイントになりました。
2、3回来るときっといい画が撮れそうな気がしました。
次は駐車場をベースにして長時間滞在してみようかな・・・(笑

[ 2008/11/03 10:00 ] 観光・旧跡・公園 | TB(0) | CM(0)