大弛峠の紅葉(後編)

oodarumi007.jpg
(α700 & DT16-105mm/F3.5-5.6 C-PL)
ほとんど忘れ去られたような状態でしたが後編です^^;
大弛峠(前編)→国師ヶ岳→北奥千丈岳→金峰山とお届けしましたが、今回の大弛峠(後編)にてようやく終了となります(笑
2010年の大弛峠の紅葉は2日間行きましたが、紅葉は良い状態でも悪天候だった1回目。
天候には恵まれましたが、前日までの風雨で葉が飛ばされていて、ドッチラケな状態だった2回目。
しかも頂上間際の大渋滞にウンザリ・・・やはり紅葉時の大弛峠は平日に限ります。

[ 2010/10/30 09:20 ] 紅葉 | TB(0) | CM(10)

板敷渓谷

itasiki017.jpg
(α700 & DT16-105mm/F3.5-5.6 ND16)
昨夜からの寒さは、冬の到来を感じさせるには十分な破壊力がありましたね(笑
でも、冬のお洒落を楽しみにしていた女性達は、一足早くにそのお洒落を楽しめた事でしょう^^
と、良く分からない始まりですが、紅葉偵察も兼ねて板敷渓谷へ行ってきました。
原チャなので鈍いですが、千代田湖→昇仙峡→荒川ダム→板敷渓谷→野猿谷のコースは走り甲斐がありました。
ツーリングメインなので(笑 撮影枚数は少ないですが、そのかわりお土産があったりします。

[ 2010/10/27 22:00 ] 滝・渓谷・渓流 | TB(0) | CM(8)

徳和渓谷

tokuwa001.jpg
(α700 & DT16-105mm/F3.5-5.6 ND16)
ちょっとマイナーな徳和渓谷へ行ってきました。
候補には「板敷渓谷」や「竜門峡」もありましたが、短時間で多くの滝を撮れるこの渓谷となりました。
いづれもお気軽な渓谷ばかりな訳ですが、前日の松茸採り→北精進ヶ滝の疲労で寝坊をした事が原因であります^^;
徳和渓谷は以前にも何度か登場していますが、コンデジでの撮影だったり、一部の滝のみの撮影だったりしました。
渓谷最大の見せ場である「荒神(こうじん)の滝」に対して、苦手意識を持っている事が大きな理由かも知れません(笑
写真はその苦手の「荒神の滝」です。

[ 2010/10/25 19:30 ] 滝・渓谷・渓流 | TB(0) | CM(10)

紅葉の金峰山

kinpu024.jpg
(α700 & DT16-105mm/F3.5-5.6 C-PL)
ちょっと中断しましたが、大弛峠のから続いている紅葉シリーズです。
国師ヶ岳北奥千丈岳と歩いて、いよいよ最後の目標である金峰山のピークを目指します。
ガスったり晴れたりとなんとか我慢していた空も、中間地点の朝日岳のあたりでは真っ白です・・・。
写真は時より雲間から差す陽射しを待っての1枚・・・北斜面になるので、国師ヶ岳などの紅葉と違った色合いです。
「帰ろうかな~」と心で呟きながらも、トボトボと山頂を目指して歩き始めます(笑

[ 2010/10/23 00:33 ] 紅葉 | TB(0) | CM(6)

夕暮れの新道峠

shindouyakei37.jpg
(α700 & DT16-105mm/F3.5-5.6)
写真はケニティーさんとともに行った(3連休中日の)夕刻の新道峠。
誰が撮っても似たような構図になりがちな新道峠は、気象の変化を楽しむ撮影ポイントといっても良いでしょう。
雲海、そして雲海夜景とセットにする事で最高のロケーションとなります。(他にもレンゲツツジ等)
この日は撮影ポイントに到着した時には、富士山はガスの中でしたが、急激に回復して視界がクリアになりました。
一時はどうなるかと思いましたが、雲が絵になる夕暮れとなり大満足でした^^

[ 2010/10/21 21:48 ] | TB(0) | CM(8)

秋の収穫

DSC29770.jpg
(α700 & DT16-105mm/F3.5-5.6)
昨今の登山ブームでたくさんの人が山登りを楽しむ時代となりました。
そういう私も登山を楽しみますが、今回はちょっと変わった登山を紹介します。
人里を離れ道なき道を進み、幾つかの尾根を越えて進むのですが、そこはまさに秘境という感じの場所でした。
そしてその秘境とも呼べる場所には、奇跡にも似た光景が広がっています・・・。
秋の味覚の王者、松茸の城を目指しての登山です。

[ 2010/10/19 20:54 ] オフ・特殊イベント | TB(0) | CM(10)

石空川渓谷

syoujigataki023.jpg
(α700 & DT16-105mm/F3.5-5.6 ND16)
紅葉のエントリーが続いたので気分を変えてみます^^
私の山の師匠の案内で松茸採りに行ってきました。(詳細は別エントリーを予定しています)
収穫もあり、大満足で帰れるはずなのですが、どうしてもND16を使いたくて石空(いしうとろ)川渓谷へ。
渓谷入り口の吊り橋を渡った時点で15:50・・・そろそろ辺りは暗くなりだしてきました。
最深部の北精進ヶ滝の観瀑台まで案内では40分。
急いで歩けば30分くらいで到着できるでしょう・・・という安易な想定のもと一路観瀑台へと進みます。

[ 2010/10/17 22:24 ] 滝・渓谷・渓流 | TB(0) | CM(8)

紅葉の北奥千丈岳

kokusi007.jpg
(α700 & DT16-105mm/F3.5-5.6 C-PL)
前エントリーからの続きです・・・国師ヶ岳から北奥千丈岳の頂上へとやって来ました。
この北奥千丈岳(標高2,601m)ですが、奥秩父連峰の最高峰となります。
さえぎる山が無いので展望は素晴らしく、時間的に余裕がない場合は金峰山よりもお勧めの山です。
国師ヶ岳からも近く、ゆっくり歩いても30分は掛からないでしょう。
大弛峠への帰りに夢の庭園(展望台)も経由でき、なかなか充実したハイキングになるかと思います。

[ 2010/10/15 23:09 ] 紅葉 | TB(0) | CM(4)

紅葉の国師ヶ岳

kokusi001.jpg
(α700 & DT16-105mm/F3.5-5.6 C-PL)
前のエントリーからの続きです・・・。
今回の舞台はこの日の最初の目標地点の国師ヶ岳です。
大弛峠の駐車場からゆっくり歩いても、1時間くらいで到着できる気軽さで、撮影にはもってこいの場所です。
途中の分岐を進めば、第2の目標地点の北奥千丈岳はすぐで、短時間で2つの頂を歩く事ができます。
この時期はたくさんの登山者や観光客が訪れるため、少ない駐車場の大弛峠はパニック状態になります(笑
早起きできない人は、紅葉がイマイチでも連休は避けた方が賢明です。

[ 2010/10/14 00:00 ] 紅葉 | TB(0) | CM(10)

大弛峠の紅葉(前編)

oodarumi001.jpg
(α700 & DT16-105mm/F3.5-5.6 C-PL)
昨年に続き絶好の時期で撮影できなかった大弛峠の紅葉です・・・。
先週末はちょっと早くて天候不順という感じでしたが、この日描いた予定どおり国師ヶ岳→北奥千丈岳→金峰山と歩いてみました。
陽射しが少ない上でC-PL装着の撮影だったので、全ての写真で三脚を使っています。
標高差が少ない山々の歩きだったので、結局カメラを三脚に装着したまま担いで歩ききりました。
昨日も大弛峠まで行ってみましたが、土日の風雨で飛ばされてしまった葉が多くイマイチでした・・・高山の紅葉は難しいです。
写真は夢の庭園から見た朝日岳から金峰山までの山並。

[ 2010/10/12 20:40 ] 紅葉 | TB(0) | CM(6)