甲州高尾山 ~山頂→富士見台~

k-takao009.jpg
(α700 & DT16-105mm/F3.5-5.6 左上の道は中央道)
前回からの続きです・・・大滝不動尊から甲州高尾山の山頂へと向かい、更に棚横手山方面へ進んで今回の第2撮影地を目指します。
コース上には富士見台という富士山の展望ポイントがありますが、昨年も今年も富士山の雄姿を見る事はできませんでした・・・。
棚横手山のみが山梨百名山となっていますが、見所も少なく計画段階で行かない事に決めていました。
タイトルでは富士見台が目的地のような書き方ですが、実際には富士見台よりも少し先が目的地となります。
度々発生した山火事のために木々がなく、一面のススキ原が今回のメインの撮影地となります。

[ 2010/11/30 20:47 ] 山歩き・山梨百名山 | TB(0) | CM(10)

甲州高尾山 ~大滝不動尊~

k-takao001.jpg
(α700 & DT16-105mm/F3.5-5.6)
ここ最近腰痛に悩まされています・・・。
18日夜半の新道峠での撮影では冷えたこともあり、帰りの山道では痛みがひどくなって、かなりのペースダウンを強いられました。
そんな訳で先週は山へ行くことはありませんでしたが、今週はだいぶ楽になったので低山に登ってみました。
選んだ山は 「甲州高尾山」。山ガールに人気な高尾山とは違うので、もちろん着飾った山ガールを見ることはありません(笑
大滝不動尊(奥宮)から登るコースは昨年にロケハンしており、晩秋のこの時期に歩きたいと思っていました。

[ 2010/11/28 21:17 ] 山歩き・山梨百名山 | TB(0) | CM(6)

長谷寺の紅葉

choukokuji60.jpg
(α700 & DT16-105mm/F3.5-5.6)
笛吹市春日居町にある菩提山長谷寺(ちょうこくじ)は私にとっての癒しの撮影地です。
初めて訪ねた時の雰囲気に惹かれてから、季節ごとに度々撮影に来る場所になっています。
被写体として惹かれている部分もありますが、このお寺さんの静かな雰囲気が気に入り、撮影は二の次という感じすらあります(笑
本堂までは約500段の石段がある山寺で、この石段を息が切れないで登りきるのがツウなのです^^
初めて来た時に比べて木々も手入れが行き届き、焼失した山門跡には新たに仁王像の雄姿も見られました。

[ 2010/11/25 23:58 ] 菩提山長谷寺 | TB(0) | CM(12)

新道峠 ~月夜のバルブ~

shindouyakei43.jpg
(α700 & DT16-105mm/F3.5-5.6)
満月の前に待望の雪が降りました・・・この雪を待ち望んでいた富士山フリークも多かったことでしょう。
月夜に輝く雪富士に、しし座流星群の流星なんて、素敵なイメージも思い浮かびます^^
この1枚に流星をと、思いを込めての月夜のバルブ・・・そんな思いをよそに、流星たちは縦横無尽にファインダー外を駆け巡ります(笑
週末の天候がイマイチという事で急遽出撃した11月18日の夜半。もちろん夜景撮影のみで撤収という内容です。
流星はおまけとして目標を雲海夜景にしましたが、雲海は発生せずに疲労だけ残る展開かと思いきや・・・。

[ 2010/11/23 23:26 ] 夜空・星空 | TB(0) | CM(14)

秘境の名瀑(完結編)

shinozawa021.jpg
(α700 & AF75-300mm/F4.5-5.6(D)ND4)
篠沢大滝を主役とした秘境の名瀑シリーズもようやく完結編となります(笑
滝の手前の木々の紅葉がイマイチという事で、前後編の翌週(11月13日)に再出撃する事となりました。
流石に中一週間ということでお目当ての木々の紅葉は見事でした^^
しかし、当然といえば当然なんですが、先週良かった滝周りの木々の紅葉は散っていました・・・。
全ていい状態の写真を揃えるには、やはり何回か通わなければならないという事なんでしょうね^^;

[ 2010/11/20 23:45 ] 滝・渓谷・渓流 | TB(0) | CM(12)

フルーツ公園(夜景編)

fruit009.jpg
(α700 & DT16-105mm/F3.5-5.6)
笛吹川フルーツ公園は新日本三大夜景として有名で、県内外から沢山の人が訪れます。
公園最上部の展望台からは、富士屋ホテルのワイン噴水やドーム温室のライトアップ、そして市街地の夜景を一望できます。
薄暮から夜景への1番美味しい時間帯は意外に短く、ある程度の撮影プランを持たないと、全てが中途半端になることもあります(笑
昨年はドーム温室を優先させましたが、今年はワイン噴水を優先させてみました。
富士山がシルエットになる前に・・・1日の終わりに最高の輝きを放つワイン噴水が今回の主役です^^

[ 2010/11/18 00:00 ] 夜景・イルミ | TB(0) | CM(12)

フルーツ公園(紅葉編)

fruit001.jpg
(α700 & DT16-105mm/F3.5-5.6)
公園シリーズで続けようかと思っていましたが、滝を優先させたため、後回しとなっていた笛吹川フルーツ公園の紅葉です。
この公園も定期的に登場するお気に入りの撮影地ですが、季節限定という感が強い場所でもあります。
冬の夕景&夜景撮影に特化した場所という印象で、他にも八代ふるさと公園もそんな感じです。
今回も夕景&夜景が目的でしたが、この公園は地形上の関係で日暮れが早く、早めにスタンバイしなければなりません。
到着して公園を眺めると紅葉が綺麗だったので、駐車場から撮影場所への間に軽くスナップしてみました^^

[ 2010/11/16 00:23 ] 紅葉 | TB(0) | CM(14)

秘境の名瀑(後編)

shinozawa015.jpg
(α700 & DT16-105mm/F3.5-5.6 ND16)
前回と似たり寄ったりの写真ですが後編です。
前エントリーで手前の紅葉がイマイチと記載しましたが、滝の周りは見頃な木もあり満足できる状況でした。
渓谷の紅葉は右岸と左岸でづれたりするのが定番なので、妥協点としては申し分ないでしょう・・・と自己説得^^;
そんな流れで昨日も行く事になるのですが、滝の周りの木には葉がない・・・というドッチラケな展開となります(笑
中一週間なので仕方ないですが、絵に描いたような滑りっぷりに、篠沢大滝も笑っていたことでしょう。

[ 2010/11/14 17:57 ] 滝・渓谷・渓流 | TB(0) | CM(6)

秘境の名瀑(前編)

shinozawa007.jpg
(α700 & DT16-105mm/F3.5-5.6 ND16)
紅葉と滝のコラボということで篠沢の篠沢大滝を訪ねてみた。
尾白川渓谷の神蛇滝、西沢渓谷の七つ釜五段の滝、そして桑の木沢の黒戸噴水滝と、悩みに悩んでこの滝となりました。
決め手はどの渓谷も時期的に混雑が予想されますが、篠沢と桑の木沢に関してはそんな心配が要らないことでした。
実際に篠沢と桑の木沢には何度か通っていますが、林道関係者や工事関係者以外の人にあった事は1度もありません(笑
林道ゲートに到着すると車が2台、沼津ナンバーと驚くことに広島ナンバー・・・どうやら今回は先行者がいるようです。

[ 2010/11/12 21:14 ] 滝・渓谷・渓流 | TB(0) | CM(12)

公園の紅葉

shikishima001.jpg
(α700 & AF75-300mm/F4.5-5.6(D))
10月は1回の登山で4エントリーを、そして11月は甲斐駒ヶ岳で4エントリーと、おおちゃくしまくりです(笑
さて、街路樹等の木々もだいぶ色付いてきて、紅葉もいよいよ平地にまで降りてきた印象を受けます。
酷暑のため枯れ落ちてしまった葉も多いですが、色付きとしては心配されたほどでもないようです。
これから冬が来るまでの間、色鮮やかな葉が目を楽しませてくれそうです。
関係ないですが、今回は久々に AF75-300mm の写真がトップ画像となりました。じつに6月以来のことでした。

[ 2010/11/10 00:45 ] 紅葉 | TB(0) | CM(11)