スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2011年、最終エントリー

toshinose001.jpg

いよいよ2011年も残すところあと1日となりました。
じっくりと練り上げた総集編を予定しておりましたが、身の回りの簡単な写真で済ませようとしています^^;
12月は8エントリーをアップしましたが、月中の撮影は4エントリーで、α700での撮影は2エントリーのみという悲惨な状況でした(笑
しかし、昨日のすずさんとの撮り納めOFFで、その鬱憤を晴らすことができました。
そのOFFについては追々ということで、このエントリーではここ数日の写真で、いろいろと振り返ってみようかと思います。

スポンサーサイト
[ 2011/12/30 20:40 ] 身の回り | TB(-) | CM(-)

奥義、炸裂!?

joubitaki008.jpg

ちょっと物々しいタイトルですが・・・今回は遊びの写真を半分、真面目な写真を半分で構成してみました。
主役はちょっと前に協力いただいたジョウビタキ♂です。前回と違って抜群の光線状態で撮影できました。
ジョウビタキの縄張り意識と、気の強さは前にも触れましたが、このエントリーではそんな一面が見れるかと思います。
1枚目はなにげにポーズをとるジョウビタキ。可愛いですね^^

[ 2011/12/27 00:00 ] 生き物 | TB(0) | CM(12)

浅草、再び

asakusa027.jpg

スカイツリーと順番を入れ替えましたが、先に歩いた浅草寺の写真をアップします。
浅草寺は6月にも訪れていますが、今回は年末+週末+羽子板市ということで、その時を遥かに凌ぐ混雑に圧倒されました。
大混雑の浅草を歩く人の顔はみな笑顔で、売店は活気に溢れ、元気な日本を感じることができました。
前回来たときは震災後間もなくだったので、余計にその差を感じたかも知れません。

[ 2011/12/23 09:39 ] 観光・旧跡・公園 | TB(0) | CM(6)

スカイツリー、再び

asakusa019.jpg
(吾妻橋より)
土曜日に浅草の羽子板市に行ってきました・・・というより、たまたま行った日が羽子板市という感じでした。
順番的には浅草寺が先に来るはずですが、青空バックのスカイツリーを先にアップすることに。
前回行ったときは直下までは行けませんでしたが、その続きということで同じルートを歩いてみました。
建設用のクレーンもなくなり、本来の姿を披露してくれたスカイツリーは、空にそびえたつ大樹のイメージに相応しい姿でした。

[ 2011/12/19 20:00 ] 観光・旧跡・公園 | TB(0) | CM(10)

釜無川と南アルプス

singentutumi008.jpg

月食のエントリーでは嬉しいコメントをいただき、とても嬉しく思うと同時に張り合いを感じております。
今回重視したのは構図固定の連続写真で、インターバル撮影の機能を持つdimageA1の出番となりました。
大仕事を成し遂げてくれたdimageA1、翌日はご褒美に日中撮影に連れて行くことに・・・というのはブログ上の建前でして。
所用で通りかかった信玄堤で、ローアングル写真を楽しみたかったのが本音です。

[ 2011/12/15 23:53 ] 気軽にスナップ | TB(0) | CM(4)

赤い月

yozora001.jpg

変化のない日の丸写真ではありますが・・・昨夜から本日夜半にかけての皆既月食の赤い月は見事な美しさでした。
しかし、ほぼ真上という条件は非常に厳しいですね(笑
望遠ズームのテレ端の写真を揃えるつもりでしたが、真上でレンズが縮んで焦点距離がマチマチに・・・^^;
この写真もテレ端(300mm)ではなくて、何故か280mmでの撮影でした。まあ、楽しかったから良かったんですけど。
(レンズが縮んだとは・・・三脚で構図を決めたら、かなりガッチリと固定するので、力んだ際にズームが戻ったと思われます)

[ 2011/12/11 02:25 ] 夜空・星空 | TB(0) | CM(14)

南アと鉄

tetsu001.jpg

塩川橋梁は南アルプス(甲斐駒ヶ岳、鳳凰山)を、バックに中央本線を撮影できる、人気の撮影ポイントであります。
橋は上りと下りで別れており、歴史を感じる橋げたと南アをバックにする場合は、下り線を撮影する形になります。
後追い撮影になる関係で好みは別れるかも知れませんが、紅葉の山々と冠雪の南アをバックにしたシーンは魅力的です。
左側には県道6号線の塩川橋があり、昨年のD51が走ったときの混雑は記憶に新しいところです。

[ 2011/12/05 21:45 ] | TB(0) | CM(10)

2011年版、秘境の名瀑(後編)

shinozawa052.jpg

本来中編としてアップするはずでしたが、直下の写真と入れ替わって後編となった写真達です。
前編は落ち口を目指す行動記録的な風合いでしたが、今回は写真的にも気に入ったものとなっています。
展望ポイントからは(直瀑の)滝つぼを見ることができませんが、高度が上がるにつれて美しい滝つぼが姿を現します。
エメラルドグリーンの彩りは、ほんの少しの写り込みでも魅力的だと思います。

[ 2011/12/04 23:59 ] 滝・渓谷・渓流 | TB(0) | CM(6)

野辺山雪化粧

nobeyama044.jpg

今日は山沿いの地方では小雪舞うような肌寒い1日だったと思います。
朝起きてライブカメラでの野辺山を見ると、一面真っ白な世界が広がっており、前の記事で言ったことが嘘のような展開に^^;
今回は年明け早々に撮影した、やまなしの木の写真をアップします。
テイスト的にはモノクロ向きかと思いましたが、背後の草原のアクセントを残すためにカラーのままで・・・。

[ 2011/12/02 23:00 ] 野辺山・清里 | TB(0) | CM(6)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。