鳳凰三山(夜叉神峠コース)

houou067.jpg
(3:26 (10月29日、観音岳山頂))
今年はテント泊の初年度となりましたが、幕営する山については、なにげにテーマを持っていたりしました。
第1次の甲斐駒ヶ岳はデビューにふさわしい難コース。天候はアレでしたが(個人的には)華々しいデビューだったかと^^;
第2次はじっくりと天候を見極めて登れる手軽な網笠山。入山時は曇ってましたが、天気予報のとおり素晴らしい月夜となりました。
そして第3次は大好きな山、鳳凰三山。勝負写真をと意気込んでいましたが、撮影条件には恵まれませんでした。
まあ、いろいろとありましたが、目標としていた3山で幕営できて安心しました。


houou055.jpg
(11:50)
このブログでもお馴染みの鳳凰三山ですが、日帰り可能なコースは御座石、ドンドコ沢、中道、そして夜叉神峠の4つです。
ドンドコ沢と中道コースは青木鉱泉が基点となりますが、駐車場代の支払いやらが面倒です。
レギュラーコースとして定着した御座石コースは、駐車場は無料でいいのですが、メイン撮影地の観音岳までがタフすぎます。
鳳凰小屋までは良いのですが、そこから観音岳までが非常にキツク、仮に鳳凰小屋で幕営するとしても悩みの種となります。
そんな中で手付かずだった夜叉神峠コースを歩いてみることにしました。
(今回は登山記のみで、夜間撮影は別エントリーを予定しています。)

houou056.jpg
(12:48)
夜叉神峠コースは何度も歩こうかと思い、過去にもいろいろなサイトで下調べを行いました。
そんな中で見つけたのが 「ej25さん」 のブログでした。懐かしいです^^
今回は南御室小屋で幕営という計画でした。
小屋までは5時間あれば行けそうでしたので、ゆっくりとした出発でしたが、この時期は日暮
れも早いので、あと一時間早ければ良かったところです。
写真は夜叉神峠小屋の直前。

houou057.jpg
(12:56)
夜叉神峠小屋に到着。
お食事中の方々が多くて、アングルがイマイチですが、白峰三山が綺麗に見渡せました。
冬季の登山では汗をかかないペースが基本なのですが、夜叉神峠小屋までに汗びっしょりになってしまいました。
でも、速乾シャツは素晴らしいですね、ちょっとの休憩の間に全て乾いてしまいました。湯気ボウボウで私は注目の的でした(笑

houou058.jpg
(12:57)
夜叉神峠小屋のテント場の紅葉。
テント場は非常に良い感じで、気軽に来れるテント場と期待しましたが、厳冬期の営業は無いようです。残念。

houou059.jpg
(13:19)
夜叉神峠小屋を通過すると、次に目指すのは杖立峠(つえたてとうげ)。
登山道では数々の美しい紅葉が迎えてくれました。

houou060.jpg
(14:30)
杖立峠に到着。
夜叉神峠小屋から杖立峠までは、だらだらとした登りが延々と続きますが、その長さに心が折れそうになりました。
肉体的な大変ということではなく、精神的に大変ということが、ある意味新鮮だったりします。

houou061.jpg
(15:02)
標高が高くなると葉をつけた広葉樹が少なくなります。
紅葉も終わりとあってか、夜叉神峠からさらに登ってくる人はありませんでした。登山口の駐車場も驚くほど空いていました。

houou062.jpg
(15:19)
焼け跡。
白峰三山が綺麗に見渡せるポイントでしたが、傾きかけた太陽を見ると撮影を楽しむ気にもなれませんでした。
コースタイム的には山小屋まで1時間のポイントなのですが、歩いた経験がないため不安になります。
この時点では(翌日の)下山時の天候も約束されていたので、帰りに撮影という考えもありました。

houou063.jpg
(16:05)
苺平。南御室小屋まで30分の地点。

houou064.jpg
(16:29)
ネットでよく見る変な案内板。
実物を見ずして見慣れた案内板なのですが、やはり撮りたくなるのが人情というものです(笑

houou065.jpg
(16:32)
小屋番さんの粋な計らいでしょうか、金峰山、瑞牆山が見渡せるポイントに癒されます。

houou066.jpg
(16:35)
南御室小屋に到着。
写真でも分かるかと思いますが地面が凍っています。小屋の標高は2,440mだそうですが、もう季節は冬なんですね。
幕営受付をしてテントを設営します。今日のテント場は私を含めて4張りでした。
受付では星空撮影で夜半に出発する件と、翌日の撤収時間の確認を行いますが、気さくで良い感じの小屋番さんでした^^
テントの設営が終わるころには暗くなり、無数の星たちが輝きはじめます。
夕食は楽しみにしていた鍋焼きうどん&半ライス、暗くて撮影できず、皆さまにお見せできなかったのが残念です。
今回は 「ザ・カップラーメンに頼らない幕営」 というサブテーマもあったりしました(笑

別エントリーの 星空&日の出 編でも記載しますが、28日の夕方に翌日(29日)の午後より雨の予報となりました。
私がこの情報を聞いたのが日の出撮影を終えて、南御室小屋へと下山する途中の薬師小屋でした。
大急ぎで山小屋まで下り、テントの撤収を行いながら食事の準備をします。(ちなみに朝食はハンバーグライス)
食事後に仮眠をして下山の予定でしたが、小屋番さんにも変更のお話をして、8:30には下山を開始しました。
気が重くなるような登り返しも無かったので、3時間もあれば登山口まで行ける計算を立てました。

12:00前に下山を完了して、ギリセーフという目論見でしたが。。。下山開始から10分くらいで急変してしまいます。
しかも雨といっていたのに、明らかに雨ではない白いものが空から降ってきます。
その降りは次第に強くなり、猛烈な降雪へと成長していきます。
標高が下がるにつれて雨に変わるでしょうから、撮影機材をジップロックでガードして、ザックにもレインカバーを装着します。
案の定、杖立峠を過ぎた辺りから雪は雨へと姿を変えますが、上記の装備で全く問題なく下山できました。

結局、登山口へと到着したのが11:35と、ほぼ目標どおりに歩けました。
登山口の売店にはソフトクリームが売っているのですが、それを楽しみに頑張りました(笑
普通では寒いと思われる6℃くらいでしたが、冷たいソフトクリームが美味さは格別でした^^
で、夜叉神峠コースの印象ですが、他のコースに比べて変化が少ないですが、歩きやすいと思いました。
危険と思う場所もほとんど無いところも好印象でした。これからの鳳凰三山は、このコースが中心になるかと思います。

星空&日の出 編へと続きます。

nex-5n
①(E16mm F2.8&VCL-ECF1)
②~⑬(E18-55mm F3.5-5.6 OSS)


[ 2013/10/30 21:30 ] 山歩き・山梨百名山 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://desertfoxblog.blog27.fc2.com/tb.php/1034-de52fb62