スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2014年、山納め

shindou021.jpg
(nex-5n & E18-55mm F3.5-5.6 OSS)
今年もよろしくお願いします。2015年の初エントリーは、年末に行った新道峠のスノーハイクです。
2014年の本格的な登山は富士山のみでしたが。。。それでも山納めはしっかりと!ということで新道峠に行ってきました。
昨年も新道峠で山収めをしていますが、12月29日に対して30日と1日遅いことと、連れが1人いたという違いがありました。
この連れというのが体育会系の女子大生だったので、山納めとともに自分の体力の衰え具合も判明する危険性もありました(笑
体育会系&倍以上違う年齢差があるということで、年末に来て凹まないように睡眠バッチリで臨んだのは内緒です^^;


この日の甲府盆地は明け方から濃霧となり、11時過ぎまで霧の中という珍しい1日でした。1枚目は水ヶ沢林道からのものですが、
南アルプス方面は雲が立ち込め、甲府盆地の西部には11時30現在でも霧が掛かっています。富士山の展望も心配されます。。。

29日未明は山沿いには雪が降ったようなので、日の出を待って出発したかったのですが、濃霧がそれを許してくれませんでした。
気温も暖かかったことで芦川までの峠道の凍結もなく、チェーンの装着予定だった芦川大橋過ぎの炭焼き小屋に無事に到着。
4駆クロカンではありますが夏タイヤなので、林道ではチェーンを装着します。(非金属チェーン)
スタッドレスを履けばその手間も必要なのですが、多少の雪では4駆で問題ないですし、チェーンの巻く手間も気にならないので、
長年このスタイルになっています。ただしチェーンを巻くタイミングには細心の注意を払っています。
余談ではありますが昨年の大雪を教訓にして、チェーンをもう1セット購入しました。これで4駆&4輪チェーンが可能になりました。

shindou022.jpg

すずらんの森大駐車場に到着して準備をはじめ、林道を歩き始めたのは10:30くらいでした。
駐車場までの道中はドライ路面が多かったですが、ときよりカチンコチンに凍ったところがありました。
この区間は真っ白で新雪のように見えても、その下には氷の部分が隠れていたりするので、スタッドレス装備でもチェーンが必要
になる場合もあります。この写真がその状況で、雪の下にはスケートリンクが隠れています。
県外ナンバーの方々がスタッドレスタイヤに過信して、ガンガン登っていきますが、怖くて見ていられないときもあります。
普段夏タイヤのクセに!といわれれば返す言葉はありませんが。。。^^;

shindou023.jpg

水ヶ沢林道に入ると流石に雪が深くなりました。深いところでは30cmくらいはあったでしょう。
先行する足跡は意外に少なく2人分。フカフカの雪をご機嫌で歩いていきます。
ちなみにアイゼンは連れの女子大生(以降はA)にアマゾンで購入した10本爪の軽アイゼン、そして私は4本爪を装備しました。
Aとは大雪直後の甲府市近郊の里山にも一緒に登っており、そのときも同じ装備で歩いています。

shindou024.jpg

水ヶ沢林道を2/3くらい進んだところで先行者の足跡が引き返しています。ここから先は我々が一番乗りです^^
足跡は獣のみ。

shindou025.jpg

11:44、水ヶ沢林道の終点(駐車場)に到着。無雪期には車で数分で来られますが1時間以上掛かっています。
心配された私の体力面ですが特に問題ありませんでした(笑
Aの様子をみながら私がペースを作るわけですが、早すぎずゆっくり過ぎず、ちょうどいいペースで歩けました。
私もそこそこタフだと思うので、これが普通といえば普通なのですが、自分の年齢的にちょっと心配でした^^;
ちなみにAはご近所さんで、MJKさんが想像するような不適切な関係ではありません(笑
(MJKさんストーリー上の演出なのでお許しください^^;)

ここから5分ほどで尾根へと上げれますが、この時点では富士山の姿が見れるか不安でした。
(出発前に三つ峠のライブカメラを確認していましたが、道中の水ヶ沢林道で流れる雲の多さから不安でした。)

shindou026.jpg

12:18、新道峠の第2展望台に到着。最高の条件とはいえませんが、富士山もバッチリ見えました^^
Aとは2013年に(すずさんを加えた3人チームで)富士山に登る予定でした。
結局その年は、Aは部活の合宿で、私は仕事が調整つかず、すずさん単独で富士山に登っています。
2013年時点では山の経験は皆無だったAでしたが、いくつかの山を登って再度富士山に挑戦するのも良いでしょう。

shindou027.jpg

展望台でお湯を沸かし、カップラーメンを食して帰りの準備をはじめます。
帰りはペースも上げ、ノンストップで歩き1時間で駐車場に到着。
さすがに体育会系、もしかして余裕?とも思える軽やかな動きでした。
途中の食堂で(本番の昼食の)ミソラーメンを食して帰宅。この日の行程を終了します。

歩きなれたコースとはいえ冬という季節なので、無事に連れて帰るという重い責任は
発生しますが、たまにはこういうのも良いものだと思いました。
防寒着で歩くと汗ばむような暖かな日というのも幸運でした。
昨年とは違いAが加わった新道峠スノーハイク。いい形で2014年の山納めができました。

⑦のみ(Zeiss Touit Distagon 2.8/12)


[ 2015/01/04 12:30 ] イベント | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。