スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

KLX125、上州ツーリング ~富岡製糸場編~

tomioka001.jpg
(nex-5n&E18-55mm F3.5-5.6 OSS)
上州ツーリング、最終エントリー富岡製糸場編です。
富岡製糸場にはnex-5nにレンズ4本(標準ズーム、ツアイス12mm、50mm、フィッシュアイ)と、かなり気合を入れた装備で臨みました。
力量的に場違いな場所ではありましたが、混雑に負けずにレンズ交換して撮影したので、暖かな目で見もらえればと思います^^;
ちなみにこの1枚はブログで使いたかったので、人の顔が写らないタイミングを見計らって撮っています。
何故か私をガン見している係員がおりますが、これは見えなかったことにしておきます(笑


富岡製糸場を訪れての感想は、世界遺産となった素晴らしいオーラというよりも、少しもの寂しい世界観を感じたりしました。
ここは労働環境も良かったようですが、この産業には近代化という華やかな部分に隠れた、悲しい物語もあったりします。
役目を終えた建物や機械たちを眺めていると、そこで生活しながら作業していた人たちの姿を想像してしまいます。
時より聞えてくる(有料)観光案内人の話でも、ここで亡くなり帰る場所もなく葬られた女工さんに触れていました。
日本が近代化の波に乗るという、歴史的に見ても重要な足跡なんですが、私には違った一面が強く伝わってきました。
去るときは複雑な気持ちで一杯でしたが、今は不思議と寂しさを感じたことも含めて、富岡製糸場を訪れて良かったと思っています。

tomioka002.jpg

正面入り口より東繭倉庫。

tomioka003.jpg

東繭倉庫の中に設けられた展示室。シルク製品などは撮影禁止でした。

tomioka004.jpg

東繭倉庫を左手に見て。

tomioka005.jpg

時代を感じて。

tomioka006.jpg

繰糸場を左手に見て。

tomioka007.jpg

繰糸場付近より煙突。

tomioka008.jpg



tomioka009.jpg



tomioka010.jpg



tomioka011.jpg



tomioka012.jpg



tomioka013.jpg

診療所への入り口。

tomioka014.jpg

病室。

tomioka015.jpg

トイレでしょうね。

tomioka016.jpg

ブリュナ館をバックにバラ。

tomioka017.jpg

寄宿舎とブリュナ館。

tomioka018.jpg

寂れた寄宿舎。

tomioka019.jpg

西繭倉庫。

tomioka020.jpg

観光案内を受けたわけではないので、写真の説明は簡単なものですが、こんな場所なんだと感じていただければ幸いです。
今回はコメント欄を開きたいと思います。
ダイジェスト版ではMJKさんに温かいお言葉をいただき、最後のエントリーくらいはと思っていました。
このツーリングにおける場所や写真の中で、呟きたいことがありましたら、気軽に呟いていただければと思います。

KLX125で初となるロングツーリングでのお土産写真は以上です。
細かいところで予定が変わりましたが、結果オーライというか大満足のツーリングとなりました。
125ccということで野辺山からの山間部や、下仁田&妙義山へと抜ける峠が心配されましたが、ストレスなく走ることができました。
いざというときに高速を使えないのは痛いですが、125ccでも遠くまで行けそうです。
今思いついたのですが、バイクで巡る世界遺産というのもお洒落ですね。
ちなみに2014年はバイクで富士登山へと向かったので、今回の富岡製糸場を加えて2年連続になりました(強引
来年は何処へ行くのか考えるのも楽しみです。

③、⑩、⑫(Zeiss Touit Distagon 2.8/12)
⑤(Contax/Yashica : Carl Zeiss Planer 1.4/50 T*)


[ 2015/05/31 20:05 ] 観光・旧跡・公園 | TB(-) | CM(6)

こんばんは
富岡製糸場は訪れたことがないので,(というか,群馬県自体ほとんど足を踏み入れたことがないです)
お写真を興味深く拝見しました。
工場群と言うより,ひとつの街のような雰囲気があるんですね。
>今思いついたのですが、バイクで巡る世界遺産というのもお洒落ですね。
白川郷・五箇山の合掌造り集落も候補地に入れておいてください。(^^)
[ 2015/05/31 21:06 ] [ 編集 ]

MJKさん、コメントありがとうございます^^

こんばんは。
群馬は直線距離だと近いのですが、山々を大きく迂回するので意外に時間が掛かります。
道中には魅力あるポイントが多いので、撮影行的には退屈しませんでした。
思わぬ罠にも嵌りましたが、小海線ではお目当ての列車に遭遇、上州線では良いポイントの発見、富岡
製糸場ではじっくり撮影と、内容的にも満足できました^^
ちょっと足を伸ばせば草津温泉もあるので奥さんも喜びますよ!なんて^^;
きっとMJKさんでしたら、富岡製糸場をドラマチックに撮影するのかと思います。

>白川郷・五箇山の合掌造り集落も候補地に入れておいてください。(^^)
岐阜って原付だと厳しい場所なんですよね・・・安房峠の安房トンネルが原付OKであれば便利なんですが。
1日目で高山辺りまで頑張れたら、なんとかなりそうな気もします。
調べる楽しみが増えたかも知れません^^
[ 2015/05/31 22:54 ] [ 編集 ]

ご無沙汰いたしております

こんんちは。
ロンツーお疲れ様でした。昔、臼田から龍岡城祉(五稜郭)経由(険道93)下仁田へ出た記憶が有ります。
途中地下湖へ寄る予定でしたが、駐車場が無く断念。バイクならお勧めです。

富岡製糸場も駐車場が遠い所ですよね?
当時の木造建ては学校・病院・工場などはぼ同じような造りですね。それがまた良かったりもします。
裸電球の街燈、家にも現役でまだ有ります。

一番最後の写真、アクアが浮いてますね。^^;
[ 2015/06/01 11:23 ] [ 編集 ]

あおいさん、コメントありがとうございます^^

こんばんは。
臼田から県道93号線をちょっと調べましたが面白そうなコースですね。
今回は初のロングツーリングということもあったので、人通り多いコースを選択しました。
やはりパンクとか怖かったですね^^;
ちょっとだけ経験値が上がったので、機会がありましたら臼田から県道93号も走ってみたいと思います^^

駐車場の遠さは私は気にならない範囲でしたので、むしろ近くて良かったと思っていました。
写真を確認したら10分くらい掛かっているので、遠さについては意見が分かれるかも知れませんね(笑
富岡製糸場はレンガ造りということで心惹かれるものがありました。
建物としては古きよき時代を感じるには良かったと思っています。
全体的な雰囲気はエントリーでも触れているとおり、ちょっと寂しい雰囲気を感じました。

最後の写真は車が切れるのを待ちましたが、なかなか良いタイミングがなく開き直りました。
でもレトロな街並みの中の最先端の車というのも面白い組み合わせかもしれないですよ(笑
早くブログが復活することを願ってます☆
[ 2015/06/01 20:48 ] [ 編集 ]

ツーリング記録楽しく拝見しました

バイクで行くローカル線と世界遺産巡り、中身の濃いツーリングでしたね。
富岡製糸場へは、世界遺産になる前から行きたいと思っているのですが、いまだに実現できていません。
こうして、お写真を拝見すると、世界遺産としての歴史の重みを感じます。
おっしゃるとおり、近代化の裏側には過酷な労働を強いられた人たちの存在があったことも忘れてはいけませんね。
でもやっぱり結構賑わっていますね。

前エントリーの古い駅舎とKLX125はナイスショットです。
駅にはその街の要素が凝縮されているような気がして、自分もツーリングに行くとついつい駅舎を訪ねて、
旅の思い出にと、駅舎とバイクのツーショットを撮りまくっています。
まったくもって自己満足の世界なのですが、そんな写真を気にかけていただき感激です。

もう次のツーリングの計画などお考えなのでしょうか?
山梨県からならば、東西南北いずれの方面にも魅力的な場所があって羨ましいかぎりです。
MJKさんがおっしゃっているように、飛騨方面も魅力的ですね。
KLX125の高い走破性能を持ってすれば、峠道も難なく行けそうなので、
富岡と女工哀史つながりになってしまいますが、野麦峠越えルートもいいかもです。
高速道路こそ走れませんが、下道をトコトコ行くのもバイクの楽しみですね。
[ 2015/06/02 20:29 ] [ 編集 ]

ej25さん、コメントありがとうございます^^

こんばんは。
バイク歴は長いですがほとんどが50cc時代なので、はじめての本格ツーリングになりました。
2013年にこの界隈を訪れていますが、バイクで走れたらなんて強い思いがありました。
ようやく免許&バイクを手に入れ、こうして走れたことに非常に満足しています^^
ej25さんの駅舎の写真は、素晴らしいという思いと、自分もそうしたいという思いで見てました。
2013年はCB750を想像しての1枚でしたので、上州一ノ宮駅での1枚は大きな意味がありました(笑

富岡製糸場はいろいろな意味で影響力があると思います。
おっしゃるとおり、それが世界遺産としての歴史の重みなんでしょうね。
私には違った面での印象が強く伝わりましたが、それも歴史の中では重要な部分なので、
そんなメッセージを伝えてくれたという意味でも、富岡製糸場の歴史的重要性を実感しました。
ほんとうに素晴らしい場所なので、混雑は抜きにして訪ねて欲しいと思います。
その際は富岡製糸場の写真はもちろん、上州一ノ宮駅のCB750バージョンもお願いしますね^^

次のツーリングの候補はいくつかあるのですが、MJKさんのコメントのおかげで、頭の中は白川郷
一色になっています(笑
野麦峠越えは(女工哀史つながりも含めて)ナイスアイデアです!ありがとうございます^^
スキーに嵌っていたころは、乗鞍方面の混雑を嫌って野麦峠スキー場によく行きました。
その時の思い出も蘇りそうで楽しみです。
次になるかは分かりませんが、かなり現実的になったような気がします。

マグナ50に長く乗っていたので、125ccでもスーパーマシンに感じられます(笑
高速が使えない分、寄り道が多くなるのが心配ですが、それも楽しみのうちだと思っています。
またツリーングに行って、楽しいエントリーを立ち上げたいと思っています^^
[ 2015/06/02 23:07 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。