白川郷ツーリング(後編)

touring206.jpg
(nex-5n&E18-55mm F3.5-5.6 OSS)
白川郷ツーリングの後編です。
最高の天候だった初日に比べてモヤっとした空模様でしたが、とりあえず2日とも晴れという良いツーリングになりました。
壮大なルートとなった往路とは対照的に、国道361号線をひた走る復路は気持ち的にも楽でした。
ナビの示すルートどおりに走れば200kmちょっとで、(休憩なしで)4時間30分くらいで甲府に到着できるというお気軽な内容です。
KLX125は無給油で240kmは走るので、自宅まで無給油で走れるかワクワクしながらの出発となりました。
ワンコインで高山市から甲府市まで。。。なんてサブタイトルも面白いと思いました^^


touring207.jpg
(8:30)
宿のチェックアウトを済ませて、高山駅前のお土産屋にてお買い物。
昨夜はマグロの回遊の如くこの界隈をウロウロしたので、お店の人にも 「よく来てくれましたね!」 なんて感じでした(笑
高山はいい街でしたが食事する場所にはとても不自由しました。。。18日は定休日だったお店も多くて難儀しました。
日本人の私が難儀するわけですから、たくさん訪れていた外人さんもたぶん困っていたでしょう。
結局、私の夕食はいつものようにつまみと、チューハイやハイボールを買い込んで1人宴会。
またもやグダグダな夜を過ごしてしまいました^^;

touring208.jpg
(9:05)
情緒ある高山の街並みもこれで見納めです。

touring209.jpg
(9:38)
国道361号線沿いに広がる田園地帯は昨日も走ったので、撮影ポイントは昨日のうちにイメージしていました。
モヤっとしたような感じではありますが、まあイメージどおりということで。。。

touring209-1.jpg
(10:00)
そして1枚目と同じポイントへと移動。
初日と同じような天候だったら、もう少し長く撮影するところでしたが、ブログネタ的な撮影で先に進みます。

touring210.jpg
(10:31)
青氷の滝入り口。

touring211.jpg
(11:01)
往路では乗鞍岳、復路では御嶽山と3,000m級の山々を見ながらのツーリング。
立ち上る噴煙を見て山の厳しい一面を感じます。

touring212.jpg
(11:19)
お土産エントリーの使いまわしの1枚。
天候がこんな感じでしたので写真は少ないですが、開田高原付近は素晴らしい眺めで走るのが楽しい区間でした。

touring213.jpg
(14:04)
開田高原からは高速道路みたいな道路を走って、木曽から伊那へと抜けて高遠を目指します。
伊那でご贔屓のラーメン屋にて昼食を食べて、高遠に到着したのは14:00くらいでした。
国道152号線。昨年の9月は逆方向へと走り浜松を目指しました。
この案山子?には昨年はビックリさせられたので、文句を言おうと近付いてみました(笑
これからの帰り道ですが、ナビで示すのは国道152号線にて杖突峠を目指すルートでした。
昨年の9月も同じコースを走っているので、急遽、林道にて入笠山経由で帰るコースに変更します。

touring214.jpg
(14:27)
入笠山から林道にて高遠方面へと抜けられるのは、ずいぶん前から知っていましたが、実際に走るのは今回がはじめてです。
林道にはいい感じの景色が広がりますが、 「芝平分校跡」 という発見もありました。
今でこそ住む人も少なくなったようですが、昔はこの界隈もずいぶん人が多かったのでしょう。
かなりくたびれていますが木造校舎は良いですね♪
ちなみにこの私、小中学校と木造校舎だったので、こういう風合いはとても懐かしいです^^

touring215.jpg



touring216.jpg



touring217.jpg

分校跡周辺には廃屋も数多くあって、じっくり撮影したくなるような場所でした。
撮影を終え、林道を進み入笠山を目指します。

touring218.jpg
(15:17 貴婦人の丘)
入笠山までの林道ですが最後の区間は凄まじかった。。。1速でしか走れないような急勾配と車では腹を着きそうな轍。
まさに悪路という感じで、2度と走ろうとは思わないような激しいコースでした。
もう少し楽なアプローチもありますが、そのコース(林道)は閉鎖されていました。
次回はそのコースを走ってみたいと思います。

touring219.jpg
(15:27)
林道入笠線の八ヶ岳ビューポイント。
この1枚にて今回のツーリングでの撮影は終了、あとは慣れた道を自宅まで走るはずでした。。。

touring220.jpg
(16:09)
入笠山より下って国道20号線に進入。
国道20号線に入ってすぐに富士見駅が見えるポイントがありますが、そこで見慣れない縦のLEDの(停車中の)電車を見かけます。
すぐに新型(E353)と分かったので、撮影できるポイントにてスタンバイします。
今は試運転中なので撮りたいと思ってもなかなか撮れないE353、このツーリングの最後のイベントに相応しい被写体です^^
でも、待っていてもなかなか走ってきてくれません。。。試運転なので特急待とはちょっと違いそうです。
(移動中に発車しないかとハラハラしましたが)仕方ないので駅の近くまで移動します。

touring221.jpg

最近の中央東線では新型が歓迎されない流れとなっていますが、個人的にはスーパーあずさの新型は楽しみにしていました。
その新型電車を間近で眺められるなんて、なんとなく運命めいたものを感じてしまいます。
営業運転の姿を撮影したい気持ちを胸に富士見駅を後にします。

そして17:35に自宅に到着、白川郷ツーリングの全行程が終了となりました。
走行距離は往路393.9km、復路219.6km(無給油)、2日間の合計で616.3km。
燃料代、12.2リットルで1,432円、燃費は50.2kmでした。

sirakawagou.jpg

ツーリングマップ。基点&終点は甲府駅になっています。
マイマップにリンクしてあるので、興味のある方はクリックしてみてください。
2016年の前半戦のロングツーリングは、大きな目標である白川郷へと行くことができました。
後半戦となる秋のロングツーリングの目標は今のところありません。
これからじっくりと考えたいと思います^^


[ 2016/05/31 00:18 ] ツーリング | TB(-) | CM(6)

こんばんは
今回は8枚目にびびびです。
開田高原から見る雄大な御嶽山。素晴らしいですね。
小さく写った添景人物も効いています。
ロードマップも拝見しましたよ。
アルプス越えのロングツーリングだったことが実感できました。
昨年は駿河国,今回は飛騨国,次回のロングツーリングは越後国あたりでどうでしょう。(^^)
[ 2016/05/31 21:30 ] [ 編集 ]

MJKさん、コメントありがとうございます^^

こんばんは。
復路はとんぼ返りのような行程となりました。
もう少し天気が良ければゆっくりと撮影したいところでしたが、往路でかなり頑張ったのでよしとします。
道中ではたくさんの素晴らしい景色がありましたが、バイクを停めて撮影というのが面倒で通過した場所も
あったりしました^^;
8枚目、ありがとうございます。開田高原は風景撮影をするのに絶好の場所ですね。
ここまででしたらなんとか撮影に来れる範囲だと思います。
機会があったらもう少し天候面を追求して撮影に来たいと思います^^

なにげにロードマップは大変でしたので、見ていただけて嬉しいです。(若干の違いはありますが)
越後国ですか。。。昨年もここで話が広がって白川郷になったんですよね(笑
佐久より志賀高原を経由して柏崎、寺泊なんて面白そうですね。検討します^^
[ 2016/05/31 23:25 ] [ 編集 ]

白川郷ツーリング、前編、後編、拝見しました。
自分でも訪れたことがある場所など思い出しながら、とても懐かしく楽しませていただきました。
たしかに1日目は盛りだくさんで、距離的にも相当ハードですが、お天気にも恵まれ、爽快感が伝わってきます。
復路も入笠山経由で、さらにプチ鉄ありと、何とも贅沢なツーリングでした。
オマワリサンとのツーショットは、どっきりしました。
でも本物だったら、写真撮ってる余裕などないですね。
あとツーリング中は、自分もコーヒーは控えるようにしています・・・確実に近くなりますので。
横須賀に来てから、こちらの混雑する道路に馴染めず、なかなかツーリング欲が湧かないのですが、
今回のcondorさんのツーリング記を拝見し、意欲が出てまいりました。
ぼちぼちツーリング活動を再開したいと思います。
[ 2016/06/01 22:13 ] [ 編集 ]

ej25さん、コメントありがとうございます^^

こんばんは。
往路では伊那より野麦峠へと進むか悩みましたが、なるべく同じ道を走らないように松本経由にしました。
上記がハードになった大きな要因でしたが、松本郊外から野麦峠まで素晴らしいコース&景色でした^^
なかでも野麦峠からの景色は、このツーリングでの一番の見せ場となりました。
アドバイスいただきまして、本当に良かったと思っています。ありがとうございました^^v

復路のオマワリサンですが、この直前にパイプ椅子に座った、計測オマワリサンもいたりします(笑
直線でスピードが出る区間なので、浜松ツーリングのときはビックリさせられました。
本物でしたら間違いなくサイン大会に参加していました^^;
コーヒーはやっぱりダメですよね。。。予想はできたのですが、今回の件で懲りました(笑

ej25さんもいよいよ始動ですね!
横須賀からですと内陸方面はもちろん、海沿いに北に進んでも、南に進んでも素晴らしい景色が見れそうです^^
どんなコースを走るのか楽しみにしています☆
最後にE353系の出会いは感動的でした。
新型の登場によって189系はもちろん、E351系にも影響あるかと思いますが、早く営業運転の姿を撮影したいです。
個人的には久々に心がときめきました(笑
[ 2016/06/02 00:38 ] [ 編集 ]

こんばんは。
白川郷ツーお疲れ様でした。強行でした?ね。
同じ頃当方、安曇野、大町、白馬、小谷、長野市内を車内泊^^;で巡ってました。

白川郷には平成の初めの頃行き、民宿に泊まりました。
前編の1枚目は定番の撮影位置ですね。
世界遺産になってからは観光客も増え、写真撮影もし難くなった事でしょうね。
白川郷からの帰りは勿論野麦峠越えで、帰宅後には『あゝ野麦峠』を読んでいたと言う有様でした。

次期ツーも楽しみですね。


[ 2016/06/03 17:55 ] [ 編集 ]

あおいさん、コメントありがとうございます^^

こんばんは。
強行のつもりはなかったのですが、結果的にかなり強行になってしまいました^^;
松本城や野麦峠スキー場に行かなければ、もう少し余裕があったかも知れません。
でも、その2つのポイントも含めて楽しめたので、思い出深いツーリングとなりました。

白川郷の混雑は想像以上で驚きました。
はっきりいって撮影どころではなかったですが、せっかく来たので頑張って撮影した感じです(笑
まあ、町を上げての観光なので、人が多くなければまた問題なんでしょうね。
前編の1枚目は記念撮影ポイントでもあるのでタイミングが難しかったですよ^^;

野麦峠スキー場には良く行きましたが、野麦峠にははじめて訪れました。
有名な場所なのでもっと広い道路かと想像していましたが、林道風の大自然系のコースにご機嫌でした。
天候も最高だったので、岐阜県への進入は感動的でした^^
悲しい物語があった場所なんて思えない素晴らしいロケーションでした。
私も『あゝ野麦峠』読んでみようかな^^
[ 2016/06/04 00:02 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する