スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

失意のツーリング

snap250.jpg
(nex-5n&E18-55mm F3.5-5.6 OSS)
中型自動二輪の免許を取って3年目となりますが、ついにほろ苦いツーリングを体験してしまいました。
紅葉はじめの林道を進む計画でしたが、走りはじめて70kmくらいの場所でハンドルに違和感を感じます。。。
前輪のパンクなんて想定外なんですが^^;
とりあえずロードサービスに電話をして、修理をしてくれるバイク屋さんまで搬送してもらいました。
搬送&修理が完了するまでに、そこそこ待たされることにはなりましたが、なんとか自走して自宅に帰ることができました。
1人だったら良かったのですが、こんなときに限ってツレがいたりするんですよね。。。


で、パンクの原因なんですが、チューブの磨耗による亀裂的なもので、なにかを踏んだというものではありませんでした。
空気圧のチェックをおろそかにして、低めの空気圧で走ってしまった期間がありました。
タイヤ裏には滑り止めのようなギザギザが付いて、長い期間を低めの空気圧で走ると、そのギザギザとの摩擦でチューブが磨耗
してしまい、最悪穴が開いてしまう。。。それがバイク屋さんの見解でした。
「避けられたパンクだったね♪」と、ニコニコしながら話すバイク屋さんの言葉に、大反省のcondorさんでした。
外出中ということでちょっと待たされはしましたが、快く修理を受け付けていただき、いろいろな経験談を聞かせてくれたバイク屋
さん、本当にありがとうございました^^

と、失意のツーリングにはなりましたが、ロードサービスの経験など収穫もありました。
オフロードバイクはチューブタイヤになるので、パンクした場合はチューブの修理となり、自分でするかバイク屋さんまで行かなけ
ればなりません。
ツーリングの際には常に頭をよぎるパンクの恐怖。。。
安心を買う意味でロードサービスに加入していましたが、実際に使ってみないと分からないという意味で不安もありました。
実際にお世話になることになりましたが、巷でいわれるとおり素晴らしい対応でした。助けていただき、ありがとうございました。
バイクの搬送という、高額の費用が発生する場面で、ほとんどお金が掛からなかったのは幸運でした。

snap251.jpg



snap252.jpg

話はガラッと変わりますが、ようやくタッチパネルを搭載したEマウントのAPS-C機が発表されました。
タイミングはまだ分かりませんが、恐らく購入することになるかと思います。
ツーリング時は単焦点レンズをいくつか持参していたので、ちょっと良いキットレンズの選択もできればなんて考えています。
上記があればツーリング時の撮影機材を減らすことができそうです。
しかし、α6000の発売から2年を経て発売されたα6300、その半年後に全部入りのα6500の発売とは、ソニーのカメラの購入時期は
本当に難しい感じになっています(苦笑
タッチパネル&ボディー内手振れ補正ということで、ヤシコンツアイスでの撮影にも幅が広がりそうです。


[ 2016/10/30 18:00 ] ツーリング | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。