大柳川渓谷 ~観音滝~

ooyanagi001.jpg
(nex-5n&E PZ18-105mm F4 G OSS ND16)
SELP18105Gを購入してはじめての大自然系フィールドでの撮影は大柳川渓谷。
渓谷撮影では広角&ズームレンジの広さと、レンズに求められるものは意外に大きかったりします。
そういう意味ではSAL16105は最高のレンズでしたが、SELP18105GにもGレンズの表現力という武器があります。
紅葉の渓谷撮影でどうのようなシーンが撮れるのか、心躍らせながら撮影ポイントへとバイクを走らせました。
渓谷部の紅葉が終わってしまった西沢渓谷の代わりという感じでしたが、最深部の観音滝周辺の紅葉はまさにピークでした。


ooyanagi002.jpg



ooyanagi003.jpg



ooyanagi004.jpg



ooyanagi005.jpg



ooyanagi006.jpg

表現力については主観の問題もありますが、個人的には大満足の結果になりました。
うまく表現できませんが。。。
同じ設定でSAL16105で撮影しても、同じような雰囲気では撮れないと思います。
この違いがGたる所以だと思います。

今回は観音滝のみですが、次のエントリーにて残りの写真をアップします。


[ 2016/11/17 18:30 ] 滝・渓谷・渓流 | TB(-) | CM(2)

こんばんは
初めてのGレンズが大活躍していますね。
GやZAは,やはり違いますよね。
私もそれぞれ1本ずつしか持っていませんが,描写力はやはり優秀だと思います。
今回は2,4,5枚目にやられました。
滝と紅葉,たまりませんね。
[ 2016/11/17 21:01 ] [ 編集 ]

MJKさん、コメントありがとうございます^^

こんばんは。
SAL16105をアダプター経由で使うという選択肢もあったので、描写の違いを体感できたのは良かったです^^
なにかと評価が厳しいレンズでしたので、自分の目で確認するまではほんとうに不安でした(笑
今回の渓谷撮影はいろいろな意味で思い出深いものになりました。

2、4、5枚目、ありがとうございます。
意外にも2016年初の渓谷撮影となりましたが、ひさびさに撮影意欲が沸く滝に出会いました。
紅葉のピークに合わせるのは、狙っていても難しいので、そういう部分でも恵まれたと思います。
私の好きな4枚目が含まれていて嬉しい気持ちです^^

年内中にもう1滝くらい撮りに行きたい気分です♪
[ 2016/11/18 00:50 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する