スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

E PZ18-105mm F4 G OSS Part6

snap262.jpg
(nex-5n&E PZ18-105mm F4 G OSS)
11月24日は予報どおり、朝起きると雪景色でした。(写真と記事の内容は全く関係ありません。)
甲府市ではちょっと彩を添えるレベルでしたが、河口湖町の積雪20cmは予想を大きく上回り驚きました。
これで暫くはあちら方面にバイクで行くことはできなくなりました。
それを予想してというわけではありませんが、今シーズンは車にスタッドレスを履いています。
夏タイヤの減りが激しかったのですが、この時期に夏タイヤの交換というのもアレでしたので、思い切って購入することにしました。


写真は11月20日の通勤路からの景色。
甲府を出発するときは雨でしたが、韮崎市を過ぎたころには雲を抜け、北杜市に入ると雲の中の甲府方面の様子が伺えました。
写真のできは別として。。。距離の長い通勤では、時として感動的な場面を見ることができます。

snap263.jpg

急速に回復する北杜市の天候。

snap264.jpg

太陽に照らされ、あちこちで水蒸気が沸きます。

snap265.jpg

水滴が綺麗でした。

snap266.jpg

4駆にスタッドレスということで、この冬はアグレッシブに活動できそうに思うかも知れませんが。。。
なにげに、カメラ、レンズ、スタッドレスの3連コンボは、私にとってはちょっと強烈だったりします^^;
そうはいっても、せっかく手に入れた装備なので活かしたいと思います。

ここからはカメラの話。。。
今までは欲しいカメラがあっても、底値になってからという考えでいました。
それは今回の α6300 → α6500 の流れにも似ているのですが、まあ、嫌な思いをしたからというのが大きな原因でした。
私の場合は DiMAGE A1 → DiMAGE A2 でしたが、あの時の悔しさ&寂しさは今でも覚えています。
しかも DiMAGE の場合は(前モデルの)全否定型という感じでしたので、ダメージとしてはかなり大きなものがありました。
そんなこともあって、少し古いモデルを底値で買うようになりました。

α6300の場合も。。。α6000から2年間たっての登場ですから、満を持して購入した方々は可哀相だと思います。
ちなみに私はα6300の登場により、nex-7もしくはnex-6の中古を買って、欲しい機種の登場まで待つつもりでいました。
もう少しα6500の発表が遅ければ、悲劇の中古購入になるところでした(笑
大柳川渓谷の撮影もそうですが、私の場合は三脚を使用した撮影が結構あります。
最近は自由雲台を使う機会が多く、カメラに水準器が付いていていればという思いが強くなっていました。
そんなことでα6000でなくnexを選択する結果なりました。

α6500は今までの方針とは違って、先行予約での購入となりますが。。。
保証の厚いソニーストアで購入する場合は、安売り店との価格差が少ない発売時が良いとの判断でした。
私が欲しいと思っていた機能が全て揃っているので、その後すぐに新機種がでても気にならないと思います。
一抹の不安としては、レンズキットがないということでしょうか。
暫くして、新レンズSEL16105とのセットの登場!!。。。なんてことになったら、ちょっとショックを受けるかも知れません。
本当にありそうで怖いです^^;

予約手続きを行ったのはそれほど早い時期ではありませんが、お届け予定日は発売日と同じ12月2日になっています。
12月17日のあずさ絵幕のM51編成は、α6500&SELP18105Gで撮影できそうです^^


[ 2016/11/25 00:00 ] 気軽にスナップ | TB(-) | CM(2)

こんばんは
今回は1枚目と3枚目にしびれました。
これが通勤路の風景とはずるいです。(笑)

ところで、α6500の話ですが、本当に魅力的なカメラですね。
AマウントからEマウントに乗り換えようかと考えてしまいそうです。
[ 2016/11/25 22:16 ] [ 編集 ]

MJKさん、コメントありがとうございます^^

こんばんは。
今回のエントリーはコメントが入らないと思っていました。
ですからMJKさんの「ずるい」はノーマークでした。迂闊でした(笑

冗談はさておき。
1、3枚目、ありがとうございます^^
雲海の中の甲府盆地を見る機会は少ないですが、こうして見ると出発時に雨だったことが理解できます。
SELP18105Gの精力的使用期間中だったので撮影しましたが、そうでなかったら「おっ!」とは思いつつ
撮影はしなかったと思います^^;

Touit2.8/12 を購入するときは、フジに移行するか真剣に悩みました。
α6300の登場までは、ほんとうにどうなるかと思いました(笑
そして、α6500の発表はその時の決断を安心した瞬間でもありました。
AマウントのAPS-C機の今後については、今のところは不安ですね。
おそらくα77シリーズもα99シリーズと同じような路線で行くのかと思いますが。。。

私はAマウントのレンズ資産も僅かなので、両マウントよりEマウントのみを選択しました。
でも理想は撮り鉄や望遠系は、Aマウントで行きたい気持ちが大きかったんですよ。
実際に α58&SAL18135 の中古を検討している時期もありました。
MJKさんの撮影装備でEマウント機の導入は、私の理想の形そのものだと思います。
移行ではなく、サブ機的で良いのかと思います。

α6500&LA-EA4というのも面白いかも知れないですね。
[ 2016/11/26 00:30 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。