冬枯れの高原鉄道

tetsu257.jpg
(α6500&E PZ18-105mm F4 G OSS 龍岡城~太田部)
ここ数日は暖かな日が続いていたので、さすがに先日の雪も心配ないと思い、佐久までバイクを走らせてみました。
海ノ口付近の峠の路面凍結が多少心配でしたが、11:00くらいの通過ということもあって問題ありませんでした。
割とすんなり到着できると思いきや、片側一斜線で右折渋滞も多く、到着時間はイマイチ読めない感じです。
白銀の世界を撮影するためには、今年の2月に行ったように、野辺山駅まで車で行って、以降は鉄道というのが堅そうです。
1~3枚目は白銀の世界で撮影したいところですが、光線状態を考えるともっと早く来なければならないのでしょうね。。。


tetsu258.jpg
(龍岡城~太田部)
離山踏切での首都圏色の遭遇率は、なんと100%です。こうなると怖いくらいです。
さすがに次回はないと思います(笑
9:00くらいまでだと側面の色も綺麗にでるのでしょうね。

tetsu259.jpg
(臼田~龍岡城)
羽黒下駅 → 青沼駅 → 臼田駅 → 龍岡城駅 → 離山踏切までは、直線区間でいたるところで浅間山バックの構図が楽しめます。
ロケハンも兼ねて機動力のあるバイクで、この区間を念入りに走ってきました。
走行距離は196kmと立派なツーリングにもなりました。

tetsu260.jpg
(松原湖~小海)
千曲川を渡るハイブリッド車両のキハE200。

tetsu261.jpg
(川上村)
夕方の光線の八ヶ岳。
時間的に浅間山と八ヶ岳をともに順光で撮り鉄するのは不可能です。
八ヶ岳バックで撮影したいシーンもありますが、それはまたのお楽しみということで^^

tetsu262.jpg
(清里~野辺山)
ここで日が陰るのは想定内でした。

tetsu263.jpg
(清里~野辺山)
ここで日が陰るのは想定外でした^^;
写真としてはかなりイマイチなんですが、せっかく撮影したのでアップしました。

以上が12月3日に撮影した、α6500のデビュー戦となる写真たちです。
当初はα6500とのバランスを考え、ついでに購入した感じのSELP18105Gでしたが、今はまったく逆になってしまっています。
α6500が機能的に素晴らしいというのは勿論ですが、目に見えて感動を与えてくれる SELP18105G はその上を行っています。
しばらくnex-5nで撮影していましたが、このままこのセットでも良いかと思えるくらいでした(笑
電池もちについてはアレですが、それを補う使い方を考えて、使っていきたいレンズになりました。

α6500も負けてませんよ。
今回の撮影は全て手持ちですが、EVFも綺麗ですし水準器でカメラの傾きの心配もいりません。
そしてなによりもタッチパッドが便利です。(EVFを見ながら液晶画面をなぞってAFポイントを動かす機能。)
ネットではモッサリしている等、ネガティブな意見が多かった機能ですが、個人的には非常に便利で気に入りました。
(たしかに動作はモッサリなので、操作がしどろもどろな現状だと問題なくても、慣れてきたら不満がでてくるかも。)
タッチパネルは三脚による撮影で、その威力を発揮すると思うのですが、手持ちのEVF撮影で威力を発揮するのは斬新です。

今日撮影してみた感じでは「地~味に凄い」という印象でしたが、はじめての撮影でそう思わせたということは、本当に凄いカメラ
なんだと思います。
まあ、私は使っているカメラがα700&nex-5nなので、最新のカメラが全てにおいて凄いというのも当然なんですが^^;
でも高いですよね。諸悪の根源の4K動画、勉強して使わなきゃ損ですよね(笑
いづれにしても使いこなし、頑張っていろいろな機能を覚えます^^

α6500で気になることがありましたら、どうぞ気軽に聞いてください。

そしてej25さん。
コメントせずにはいられませんでしたので、こちらに付け加えさせてもらいます。
NC750Xを見てサイドのパニアケースを装着した姿を想像しましたが、タンクのある位置がラゲッジスペースになるんですね。
失礼しました&驚きました。
じつは私の仲間が(大昔に) NS50 NS-1 に乗ってまして、タンクの位置のラゲッジスペースを、いつも得意気に自慢していました。
懐かしさとともに、「ホンダらしいな~」、なんて思いました^^v
せっかくなので。。。大井川鐡道の第一橋梁のシーン、かなりの爆煙だったのではないでしょうか、とても羨ましく拝見しました。
モクモク煙に黒のボディー、蒸気機関車の露出は難しいですよね。個人的には主役中心の露出が好きです^^


[ 2016/12/04 00:00 ] | TB(-) | CM(4)

こんにちは

condorさんも新たな相棒との付き合いが始まりましたね。
前回のエントリーでα6500とSELP18105Gとの組み合わせを拝見しましたが、デザイン的にもよくマッチしていて、この組み合わせが標準になってもおかしくないですね。
α6000の発売から2年以上が経過し、ようやくという感じでα6500に移行するユーザーも多いのではないでしょうか?
自分もα6000ユーザーなので、α6500にはとても興味がありますが、昨年ペンタを導入してしまったので、今しばらくα6000とお付き合いするつもりです。
それにしてもα6000には、どうして水準器が未装備なのか不思議です。

小海線のお写真、高原鉄道の雰囲気が魅力的なロケーションで、写欲が掻き立てられますね。
これから寒さが厳しくなるとバイクでの巡回は厳しいかもしれませんが、バイク乗りとしても、うらやまし環境です。
またキハ110系のお写真、日向と日陰が交錯する難しい状況で、とても自然な感じで写っていますね。
17日の中央線の国鉄色189系の撮影も待ち遠しいですね。
[ 2016/12/04 16:42 ] [ 編集 ]

こんばんは
1,2,4,6にしびれました。
素晴らしいお天気に最高の撮影地、そして最高のカメラとレンズ。
もうたまりませんね~ condorさんの高揚感が伝わってきます。

SONYさんには、4K動画の機能を省いた廉価版α6500を作ってほしいです。
そうしたらMJKはSEL1670Zとセットですぐに飛びつくと思います。(笑)
[ 2016/12/04 17:58 ] [ 編集 ]

ej25さん、コメントありがとうございます^^

こんばんは。
α6500&SELP18105Gのフォルムですが、個人的にはかなり気に入っています。
多少レンズが頑張っている感じもしますが、ソニーのミラーレスは全体的にそんな感じですよね^^
コンパクトにまとまった雰囲気より、やるぞ感があって好きかも知れません。
あとグリップが深くなって、ホールド性がかなりいいですよ。
余談ですがHAKUBAのピクスギアカメラジャケットSMがジャストサイズです。

おっしゃるとおり、α6000の水準器については謎としかいいようがないです。
私はその件で購入を躊躇してしまったので、どうにも動きが取れない状況に陥ってしまいました^^;
ある意味ここまで焦らされたので、条件反射的に買ってしまったかも知れないです(笑
まだ一日しか使用していませんが、AF、MFともにイメージしたとおりの操作性でした。
EVF&タッチパッドはかなり使いやすいですよ。

浅間山バックの小海線撮影は行こうと思うことは多いのですが、ライブカメラを見て止めることも多いです。
この日はライブカメラでクッキリと浅間山が見えたので、寒い季節ですが迷わずバイクを走らせました。
多少、日陰の問題でドジを踏みましたが、これもよくある話と思い笑ってあげてください^^;
明暗差がある6、7枚目は、キハ110のいる位置に置きピンで撮影しました。
7枚目はかなり厳しいかと思いましたが、冬枯れの中を走るキハが表現できたかと思っています^^

JR留萌線、留萌駅⇔増毛駅の営業運転終了のニュースを見ました。
増毛駅というとej25さんのブログでも御馴染みでしたよね。
寂しいニュースですが、貴重な時期に貴重な記録ができて良かったですね。
赤電といい、一生の思い出になりましたね。
私も国鉄色189系、思い出に残るようなシーンをと思っています。
[ 2016/12/04 22:48 ] [ 編集 ]

MJKさん、コメントありがとうございます^^

こんばんは。
α6500&SELP18105Gのデビューは最高の条件に恵まれました。
α700を7年、nex-5nを5年間使っての新機種なので感慨深いものがあります。
ちなみにα700引退という形なので、これでEマウント一本になりました。

1、2、4、6枚目と、たくさんに写真を評価していただき、ありがとうございます^^
今回は1本も無駄なく場所を変えて撮影できたのも大満足です。
まあ、本数が少ないからできる芸当なんですけどね^^;

ソニーさんが4K動画がない廉価版を作ってくれる訳がないじゃないですか(笑
そんな気の利いたことをするメーカーでしたら、AマウントAPS-Cユーザーも もっと幸せなはずです。
冗談はともかく、そんなカメラがあっても良いですよね^^

MJKさんのα6500&SEL1670Z、とても楽しみです!
なんて^^;
[ 2016/12/04 23:17 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する