蛍の小路

hotaru013.jpg
①(α6500&E PZ18-105mm F4 G OSS)
昨年見つけた蛍スポットで今年も蛍撮影を楽しむことができました。
この場所は職場近くの田園地帯なんですが、蛍見学的なスポットではなく、観光客も見物人もまったくいません。
当然、管理されているような場所ではないので、来年も見れるという保証はまったくありません。
実際に。。。先週あたりから偵察に来ていましたが、蛍の姿が見れずに非常にハラハラしたりしました。
スッキリとした星空という訳にはいきませんでしたが、昨年に続き星空とのコラボも楽しめました^^


hotaru014.jpg
②(ISO800、30sec、F4 × 11枚、KikuchiMagickにて比較明合成)
南の空が晴れていたので、その方向にて連続撮影。
向かって左隅にさそり座。
北の空にてグルグルさせたい気持も大きいですが、構図に夏の星座が収まる方が季節感あるかも。

hotaru014-1.jpg
③(ISO800、30sec、F4 × 35枚、KikuchiMagickにて比較明合成)
構図に飛行機が横切ると撮影中止にするのですが、今回は粘って撮影を続けてみました。
30秒×35枚で星の光跡は十分なんですが、逆に蛍の光跡が目立たなくなるというか、うるさくなります。。。
蛍とのコラボの場合は星の光跡は控えめの方が良さそうです。

hotaru015.jpg
④(ISO1600、30sec、F4 × 30枚、KikuchiMagickにて比較明合成)
①~③枚目までが星が見えた6月23日の撮影。
そしてこの④枚目が昨夜の撮影。星空が期待できなかったので田んぼを入れてみました。
田んぼ方向になかなか飛んでくれず、思い通りにいきませんが、そんな部分も蛍撮影の楽しさだと思います。

いつもだとヤシコンツアイスにて撮影するところですが、今回はズームレンズのSELP18105Gで撮影しました。
ズームによる利便性や画質は問題ないですが、画像を再生していたりすると、焦点距離が18mmに戻ってしまったりと不便でした。
電動ズームゆえの問題なんでしょうが、思わぬところで弱点が見えてしまいました^^;
こういうジャンルは今までどおり、単焦点に活躍してもらった方が良さそうです。


[ 2017/06/26 19:15 ] 生き物 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する