大神宮祭 ~春を告げるお祭り~

matsuri015.jpg
①(α6500&Zeiss Touit Distagon 2.8/12)
2月3日の節分は、甲府盆地に春を告げるお祭り 「大神宮祭」 が行われます。
地元では親しみをこめて 「大神さん(だいじんさん)」 と呼ばれるこのお祭り、横近習町大神宮と柳町大神宮の節分祭であります。
神社では 「追儺式」 という豆まきが行われ、拝殿から逃げた鬼が神社周辺を走り回るというのが見せ場になります。
両神社を結ぶ道路には熊手やだるまなどの縁起物、名物の切りざんしょう、ガラガラ飴を売る露店が並びます。
お札を買うために横近習町大神宮へ行きますが、ローカルテレビ局の中継も入るので、帽子にマスクと完全防備で出掛けます(笑
今回の2月3日は土曜日でしたので、ウィークデイのローカルニュースがなく、テレビ局のカメラを気にせずお参りできました^^;


matsuri016.jpg

横近習町大神宮。
閑散とした雰囲気ですが、参道に入る人を制限していて、写真の左方向に参道に入る人たちが並んでいます。
「大神さんは」 甲府三大祭に数えられ、300年以上の歴史ある古いお祭りです。
ローカル色溢れるお祭りなので、参道では 「久しぶりじゃないかっ!」 と、参道に入る人と帰る人が話し込んだりの悪循環(笑
今回は土曜日ということもあって混雑具合が激しく、平日の3倍くらい時間が掛かったように思えました。
というか、長蛇の列になんて並ぶなんて記憶にないんですけど^^;

matsuri017.jpg

今回はお祭りの雰囲気をと思い、ちょっと多めの14枚にまとめてみました。
ちょっとでも雰囲気が伝われば嬉しいです^^

matsuri018.jpg

参道の列。
片手で撮影しているのでブレてます^^;

matsuri019.jpg

4枚目も5枚目も並ぶ人にピントが合っていますが、まあ、雰囲気ということでお許しを。
ちなみに少し手を上げた状態で撮影しています。

matsuri020.jpg

豆まきが行われるまでは、鬼が拝殿にて睨みを利かせます(笑
小さなころはこの時点で内心ドキドキです。

matsuri021.jpg

そしてこの状態になると 「ギャー!!!!」 な感じになるのです。
最近は時代に合わせてマイルドになったようですが、私が小さなころの鬼は本当に鬼でした(爆
豆まきで追われた鬼が周囲に散らばり、子供という子供を脅かしまくっていましたから。
それがトラウマになったお子さんも多かったと思います^^;
ちなみに私もこの祭りは好きではありませんでした。でも今考えてみたら、迎撃用の豆を持っていれば良かったんですね(笑

matsuri022.jpg

お参りを終え、お札も買って、露店見学のため遠回りして帰ります。
この手の写真は難しいですね。
混雑具合を表現したいのですが、あまり人が多いと、こっち向いてる人がいたりして。。。
で、人が少ないところを見計らって撮影すると、お祭りにも関わらず閑散とした雰囲気になりますし。。。

matsuri023.jpg

大きな熊手が売れたようで、手拍子がわき起こります。
個人的には 「大神さん」 というと、このシーンと鬼のイメージが強いです。

matsuri024.jpg



matsuri025.jpg



matsuri026.jpg



matsuri027.jpg

シャッターが閉まる店が多い甲府銀座もこの日は大賑わいです。
郊外型の大型ショッピングモールによる、中心商店街の閑散化は、どこの街も悩みのタネでしょうね。

matsuri028.jpg

「大神さん」 には毎年来ているのですが、ブログにアップするのははじめてです。
じつはカメラは毎年持参していて、撮影も毎年行っていました。
ただ、思ったようなシーンは撮影できずにおりました。。。
今回は過去の経験を踏まえて、(トリミングありきで)Touitの12mm単焦点レンズで撮影してみました。
格段に撮影しやすくなってアップにいたりました。(何枚かはトリミングしています)

甲府市三大祭。
正の木祭り(しょうのきさん)
大神宮祭(だいじんさん)
厄除け地蔵尊祭り(やくじぞうさん)


[ 2018/02/04 10:00 ] 気軽にスナップ | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する