白州 ~森香るハイボール~

mawari096-1.jpg
①(nex-5n&Contax/Yashica : Carl Zeiss Planar 1.4/50 T*)
お酒は弱い方だと思いますが、ほぼ毎晩のようにお酒を飲んでいます。
いつも飲んでいるのは、今回の写真で背景ボケとなっている、サントリーの白角であります。
白角はノーマル角(角瓶)よりも手が掛かっており、同じ値段で販売できないくらいだと、サントリーの人に聞いた覚えがあります。
そんな話を聞くと、なんだか得した気分となり、最近は白角のハイボールを楽しんでいます。
そして白州。白角の3倍を超えるお値段のウイスキーは、私にとっては高級品の部類となります。
ここ数ヶ月は品切れ状態で、ネットで法外な価格で販売されているものの、店頭ではまったく見かけない存在となっていました。


そして先日。。。お弁当を買いにスーパーに出掛け、ふとお酒のコーナーに寄ってみると、なんと白州の在庫があるではないですか!
普通に店頭で販売されているわけですから、潤沢に流通しはじめる感じだと思いますが、珍しい思いもあって購入することにしました。
ついでにレモン入りでないノーマルの炭酸水と、「白州にはミントでしょう♪」ということでミントも購入しました。
1,000円にも満たないお弁当購入のはずが、(お弁当も含め)6,000円を超える買い物となってしまいました^^;
しばらくはちょっとリッチな白州のハイボールを楽しみたいと思います。


[ 2018/09/29 00:16 ] 身の回り | TB(-) | CM(4)

こんにちは

ウイスキーの話題とは意外でした。
ハイボールの人気上昇で、ウイスキーが品薄気味らしいですね。
自分も飲み会では、もっぱらハイボールです。
北海道在住中は、余市町のニッカの工場見学に行き、ニッカウイスキーを試飲させてもらっていました。
国営放送の朝ドラで余市のニッカの知名度が上がり、見学者が増えたため、試飲できるウイスキーの質が落ちてしまったのは残念でした。
小樽市内にもニッカバーがあって、仕事帰りに時々立ち寄って、プレミアムなウイスキーをチビチビやっていました。
さて、前回の記事ですが、彼岸花の撮影がリニアに変わってしまったギャップがおかしかったです。
彼岸花はピークが短いので、ついつい撮り逃がしてしまいますね。
自分も、今年はどこに行こうかと悩んでいましたが、結局、無難に昨年と同じ場所になってしまいました。
それとパナのTX1ですが、とても多機能で、まだ使いこなせていませんが、高倍率レンズと電子ファインダーがとても便利です。
一方、画質は、前から所有しているRX-100M2の方が優れている感じで、特に望遠端はF値も暗く、解像度もいまいちです。
コンパクト化すれば、どこかに無理がくるので、ある程度妥協せざるを得ないですね。
condorさんもサブ機選びに悩んでいらっしゃるようで、今後の展開が楽しみです。
[ 2018/09/29 17:14 ] [ 編集 ]

ej25さん、コメントありがとうございます^^

こんばんは。
お酒は付き合い程度ですが、美味しいお酒を飲むのは好きなんです(笑
さっそく白州を飲みましたが、白角とは違った気品といいますか、さすが高いことはあって美味しいです^^
これからしばらくは飲み比べができるわけですが、秋の夜長の楽しみとなりました♪
ej25さんはブログでも何度か酒どころの紹介がありましたよね。
北海道ではニッカを楽しんだようですが、来年はわに塚桜と同時にサントリーや七賢ですね^^
でも試飲したら帰れなくなってしまいますね(笑

彼岸花からリニアの流れは、アップする写真が無かったので、ネタ的に行ってしまいました^^;
8月はまったく写真は撮りませんでしたし、9月に入ってから休みはほとんど雨でしたし(笑
テスト走行が行われていないことも予想しましたが、さすがにそこまで悪い流れではありませんでした。
撮影場所は毎年同じような場所を巡ってしまいますよね。
新たな場所の開拓も楽しいですが、何度も同じ場所に通って違う切り口を探すのも楽しいですよね^^
彼岸花はまた来年の楽しみになりました。

サブ機の選択はいよいよ混乱を極めてきました(笑
当初はコンパクトさを追及したい気持もありましたが、いろいろ考えるといろいろと難しくなります。。。
コンパクトさには欠けるのと、レンズの描写が心配ではありますが、nex-5n&SELP1650で様子見が良さそうな気がしています。
どうしましょうかね(笑
でも悩んでいるときが楽しいですよね。

大弛峠ツーリングのトリは、焼山峠経由でのフルーツ公園だったのですね。
焼山峠経由というのがニクイですね^^
ご存知かも知れませんが、乙女高原を経由してクリスタルラインというのも、人気のツーリングコースです。
(牧丘から大弛峠までもクリスタルラインです。)
カラマツが紅葉する季節、乙女高原のススキとともになかなか楽しめますよ。
[ 2018/09/30 00:08 ] [ 編集 ]

まさかの酒記事!
私も白州が好きです。
知多はハイボール専用と感じますが、ボトルの外見も含めて白州の洗練された感じが特にいいですね。
[ 2018/10/04 12:30 ] [ 編集 ]

Argonさん、コメントありがとうございます^^

こんばんは。
白州、運よく手に入れましたが、まだまだ品薄状態のようですね。
白角を飲みなれていたので、たいした刺激もないかと予想していましたが、大きな刺激を受けてしまいました。
やはり美味しいです^^
知多は飲んだことはありませんが、最近良く見かけるようになりましたね。
一度試してみようかと思います。

Argonさんのところでのコメントの補足です。
オフロードバイクの方が広河原といったのは、恐らく川を遡行したらという意味だと思います。
今現在も作業道(林道)は赤薙の滝までと聞いていますので、当時も変わりないと思います。
言葉足らずでスミマセン^^;
今はゲートがあって車やバイクでは行けませんが当時は良い時代でした。
紅葉の季節の沢登り、楽しみにしてますね!
[ 2018/10/05 01:11 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する