畑熊のミスミソウ

misumisou025.jpg
①(α6500&Super-Macro-Takumar1:4/50)
この場所へ撮影に来るまでに3年掛かりました^^;
分かってしまえば何てことはないのですが、正直 「いやー、なるほどね!!」 という感じで一杯でした(笑
古宿のセツブンソウの場所からも近く、時期を調整すれば両方を一度に楽しめます。というか皆さんそうしているようです。
で、肝心のミスミソウの様子ですが、里山さんぽ道よりも遥かに多いですが、群生という感じではありませんでした。
登山道を探しながら歩くのはさんぽ道と一緒ですが、花が多くコースも長いので長時間楽しめる場所です。
あと結構な急斜面なので、さんぽ道よりもしっかりとした装備の方が良さそうです。


misumisou019.jpg

今日(2月20日)は暖かかったですね。甲府では18.9℃を記録したそうです。
午前中は濃霧のため、はっきりしない天気でしたが、お昼過ぎから回復して、グングン気温が上がりました。
この場所に到着したのは14:00くらいでしたが、バイクで走るには最高の条件でした^^
ちなみに右側の山の斜面に見えるのが、芦川第二発電所の設備で、その上の斜面がミスミソウの場所です。

misumisou020.jpg

バイクを停めた場所の後にはコミュニティバスのバス停(畑熊入口)があります。
畑熊の集落へと進む橋を渡ります。ちなみにこの橋、何度渡ったことか。。。

misumisou021.jpg

民家を過ぎて左側のガードレールが切れた場所を降りていきます。(セツブンソウの場所にいた方が教えてくれました)
何度もバイクで通過していましたが、すごく気になっていた場所でもありました。
気になりながらもグングン上に登って行きました^^;

misumisou022.jpg

ガードレールが切れた場所から少し進んだ場所にある案内板。
こういう案内板は入り口とか分かりやすいところにあると思うのですが。。。
古宿のセツブンソウの場所も、畑熊のミスミソウの場所も、来て欲しいのか欲しくないのか訳が分かりません^^;
(立派な案内板があることと、知った人しか来ない当ブログということで、細かい説明をアップしてみました)

misumisou023.jpg

と、前置きが長くなりましたが、ここからはミスミソウの写真です。
里山さんぽ道と違ってたくさん咲いていたので、いつも以上に同じような写真を大量生産します^^;
登山道沿いにもたくさん咲いていますが、獣道のような奥に進む道の方がいい感じに咲いています。
急斜面を進んで撮影するので注意が必要です。(ウインターブーツで行きましたので滑って怖かったです)

misumisou024.jpg



misumisou018.jpg



misumisou026-1.jpg



misumisou027.jpg



misumisou028.jpg



misumisou029.jpg

今日は暖かかったのもありますが、さんぽ道よりも運動量が多く、汗びっしょりになりました。
滞在時間も約2時間と長く、最後の写真(2枚目)を撮影したころは、薄暗くなり肌寒くなり始めました。
そんなこともあったので、近くのセツブンソウの場所へは行かずに帰りました。
枯葉が多い里山さんぽ道では、花のみしか注目しませんでしたが、ここでは三角の葉とともに写ったものがいくつかありました。
案内版にも記載がありましたが、三角の葉こそミスミソウの名の由来。
そう考えると6、8、9枚目のような写真がミスミソウらしいのでしょうね。
いろいろと拘りがでてきそうです^^

②~⑥( PZ18-105mm F4 G OSS)
①、⑦~⑫(Super-Macro-Takumar1:4/50)


[ 2019/02/20 22:00 ] 春の妖精たち | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する