2019年、トリッカーまとめ&1月あれこれ

touring578.jpg
①(α6500&E PZ18-105mm F4 G OSS)
毎日のように暖冬のニュースを耳にしますが、底冷えが有名な甲府盆地でも、過ごしやすい冬になっています。
普通に暮らす人には上記でも問題ありませんが、寒さをあてにしている業種の方々には、厳しい冬になっているのかと思います。
そうはいっても寒さの本番は2月なので、しっかりと辻褄を合わせてくると予想していますが^^;
写真は1月10日にパール富士を撮影に行ったときのものです。
本栖湖を過ぎたあたりで見れる景色ですが、駐車スペースもなく、車では気になりながらも通り過ぎるだけでした。
今回はバイクということで、ようやく念願のシーンを撮影することができました。


この日は路面凍結の心配ないような暖かな陽気、せっかくなのでツーリングがてらバイクで出掛けてみました。
1月10日に富士宮方面へバイクで出かけるなんて、普通の冬だったら考えもしないでしょうね。
で、肝心のツーリングの内容ですが。。。
撮影ポイントへ行く前に富士山が雲に覆われたり、帰りの朝霧高原付近で雨に降られたり悲惨な結果となりました^^;
それでも、行きの朝霧高原までは暖かく、富士山の展望もあったので、とても楽しく走ることができました。
距離は短いものの、2020年の初ツーリングとなりました。

touring579.jpg

《 2019年、トリッカーまとめ 》
  (2017年)  (2018年)    (2019年)   (    年)
総合距離  44,714km18,545km35,122km
年間走行距離12,410km15,963km16,577km
最高燃費54.1km(9月)41.2km(5月)42.7km(5月)
最低燃費35.9km(12月)29.2km(2月)29.8km(12月)
平均燃費45.4km/リットル34.7km/リットル36.7km/リットル
合計給油量273.4/リットル451/リットル444.3/リットル
燃料平均単価126.8円145.9円143.3円
年間燃料代34,578円65,732円63,589円

そして当ブログ恒例のバイクのまとめです。
2018年から高速道路が使えるトリッカーとなり、通勤においてもツーリングにおいてもかなり楽になりました。
上記を裏付けるように年間の走行距離が伸びています。
このペースだと今年の年末には走行距離が50,000kmを超える計算になります。
もう一年乗った場合だと65,000kmを超える計算なので、乗り換えも念頭においていろいろ考えたいところです。
ちなみに欲しいバイクは250ccアドベンチャー。Vストローム250やヴェルシスX250などが良いと思っています。
趣味のバイクなら上記でほぼ決まりなのでしょうが、現状の使い方だと燃費や取り回し良さも優先したいところです。
そういう意味だとKLX125もトリッカーも理想どおりの相棒でした。
まだまだ時間はあるので楽しみながら考えたいと思います^^

ちなみにトリッカーですが、年末にはタイヤ、ブレーキパッド、プラグ、エアクリーナーを交換しました。
ブレーキパッドは2019年の年明けにも交換しているので、1年に一回のペースで交換しなければならない感じです。
125ccからパワーが上がった分、大きな制動力が必要となり、その結果ブレーキの消耗が激しい(特にリヤ)ようです。
タイヤについてはロングランのGP210なので、約2年間は履けるので非常に助かりました。
最後の方はグリップにも不安がありましたし、乗り味もあまり良くなかったので、もう少し早く交換しても良かったかも知れません。
プラグとエアクリーナーについては、年末になるにつれて極度に燃費が悪化したので、試しに交換してみました。
交換後は燃費も回復したので、上記が原因だった思うことにしています。

最後にツーリング面ですが。。。
毎年のようにいってますが、やはり年2回はお泊りツーリングをしたいです。
でも昨年の下半期のように、日帰りのみでも内容が濃ければ、それはそれで良いと思っています。
とりあえず陽が長い上半期ロングツーリングでは、思い切った長距離走行も良いかも知れないです。
片道400kmは走れそうなので、その範囲で計画を立てたいと思います。
以下は1月あれこれ。

ume112.jpg

写真は1月9日に撮影した毎年恒例の早咲き梅。
記録的な暖冬という割にはあまり咲いていなかった印象でした。

ume113.jpg



suisen007.jpg

1月16日撮影の水仙。
この場所の水仙はいつもより早く咲いていました。(昨年はこの時期はまだ咲いていませんでした。)

ume114.jpg

水仙と同じ場所に咲く蝋梅。(昨年G9X2で撮影した蝋梅。)
梅と同じくこの蝋梅も昨年に比べて咲くのが遅い感じ。
水仙は早くて梅は遅い。。。森林公園金川の森ではこんな感じです^^;

niwa097.jpg

ちょっと見づらいですが。。。1月16日撮影の庭の福寿草。
植替え初年度の昨年に比べて圧倒的に芽が大きく、どんな花を咲かせるのか楽しみです♪

mawari108.jpg

1月16日撮影の白州(笑
しばらく店頭で見かけることはありませんでしたが、年明けからコンビニで見かけるようになりました。
すぐなくなってしまいそうなので4本ほど確保しました。
何種類かのウイスキーをローテーションで飲んでいるので、しばらくは安心して楽しめそうです^^
さて、今夜(1月17日)から明日にかけて、山梨県では雪の予報がでています。
大雪になる可能性もあるとのことですが、少ない積雪で終わって欲しいところです。


[ 2020/01/17 22:18 ] 身の回り | TB(-) | CM(2)

こんにちは

いろいろ近況を大変興味深く拝読させていただきました。
確かにこの時期の富士五湖方面はツーリングコースにはならないはずですが、暖冬のお陰なんでしょうね。
神奈川県から道志川沿いの国道413号線は、標高1,000m超えの山伏峠が鬼門になりそうですが、このままの気候なら行けそうな気がします。
それとトリッカーの活躍ぶりはにも驚きました。1年で15,000km以上と、自分のNC750Xの3年分に相当する距離を走られて何とも羨ましい限りです。
トリッカーは燃費も取り回しも良く、普段使いには最高のバイクですが、Vストロームもヴェルシスも旅バイクとして評価が高いので、condorさんのこれからのバイクライフに興味津々でもあります。
世の中のウィスキー不足は心配ですね。
北海道にいた頃、ニッカウィスキーの12年ものとか普通に買えたのですが、ブームになってからは品薄ですっかり姿を消してしまいました。
かく申す自分も最近はハイボール党に徹していますからウィスキー不足の原因者の一人です。
[ 2020/01/21 19:47 ] [ 編集 ]

ej25さん、コメントありがとうございます^^

こんばんは。
1月の富士五湖方面へのツーリングは、この暖冬を象徴するようなイベントになりました。
これからの季節、山中湖畔からの日暮れダイヤもあります。
来週の雪の予報が心配ですが、このままの気候でしたら、バイクで狙ってみようかと思っています。
降ってしまったら近場のセツブンソウやミスミソウのポイントを廻りたいと思います。

バイクの走行距離については、いろいろと考えるところがあります。
変に次の下取りを考えて、色気を出すと収拾がつかなくなりそうです^^;
いづれにしても年間15,000kmは走りますので、燃費、整備性、取り回しの良さは重要な部分になります。
Vストロームとヴェルシスにつきましては、通勤には厳しいような気もしますが、乗りたいバイクであることは間違いないです。
とりあえず2020年はトリッカーと過ごしながら、いろいろ考えたいと思います!

お酒の話ですが、今は転売屋なども多いので、純粋に品薄かどうか分からないような気もします。
欲しい人が欲しい分だけ買っていれば、普通に流通しているなんてオチだったら笑えますよね。
ハイボールはブームではなく定着しているようなので、各社とも数年後を目標に増産していると信じたいです。
ミニボトルながら年末年始に白州や山崎が流通したのは、ちょっとだけメーカーの良心を感じました。
ニッカの12年もの、普通に楽しめる日が来ると良いですね^^

しかし1年が早い&暖冬ですね。
庭の福寿草も撮影日から1週間ほど経ち、顔を覗かせる芽が5~6個に増えてきました。
このように日々の変化を楽しみにしていると、あっという間に春になってしまいそうです。
今日のローカルニュースでは、ブログでも何度かアップした竹林の福寿草を取り上げていました。
例年より1ヶ月くらい早いペースで見ごろとなっているようです。
このままですと桜の開花も早いかも知れないですね。
[ 2020/01/22 18:30 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する