偵察、セツブンソウ&ミスミソウ

setsubunsou026.jpg
①(α6500&Super-Macro-Takumar1:4/50)
少し早いですが暖冬ということもあって、セツブンソウ&ミスミソウの様子を見にいってきました。
時期的にミスミソウは厳しそうですが、2月も近いのでセツブンソウは期待できそうです。
最初に向かったのは毎年恒例となっている古宿のセツブンソウ。
咲いている株は僅かでしたが、精一杯太陽の光を浴びる姿を撮影することができました。
次に行ったのは昨年ようやくたどり着いた畑熊のミスミソウ。
こちらは予想どおり咲いている花を見つけることはできませんでした。


setsubunsou027.jpg

撮影は1月24日。
咲いている花こそ数輪でしたが、予備軍はかなり多く見られました。
今週末くらいには多くの花を楽しむことができそうです。

setsubunsou028.jpg



setsubunsou029.jpg



setsubunsou030.jpg

今夜から明日にかけて積雪がありそうですが、雪の中から顔を出す姿も面白いと思います。
レンズはこのジャンルではお馴染みのマクロタクマー50mmです。
マニュアルフォーカスのみですが、α6500との相性もよく使いやすいです^^

setsubunsou031.jpg

畑熊のポイントはちょっとした山歩きを強いられるので、できれば1輪でも咲いていて欲しかったです。
昨年の台風の影響でしょうか、遊歩道は荒れに荒れており、倒木で塞がれている場所もありました。
それらの場所を突破して、昨年咲いている場所を探しましたが、残念ながら花は見つけられませんでした。
今回は葉のみ撮影^^;

setsubunsou032.jpg

おまけの鹿の角。
さらにおまけの↓1枚。(クリックすると拡大します)
コミュニティバスのバス停(畑熊入口)の裏にある建物の風除けがなかなかシュールな光景でした(笑

setsubunsou033.jpg

さて、今回の撮影行もバイクで出掛けてみました。
日の当たる時間が少ない谷間のような地形なので、道路にはたくさんの塩カルが撒かれています。
そのおかげで路面凍結の心配がないわけですが、走っていてあまり気持ちの良いものではありません。
いま甲府ではみぞれのような感じになっています。
積雪が多いと塩カルだらけどころではなく、バイクに乗ること自体が制限されてしまいます。
あまり積りませんように。

さて、ej25さんのブログでは目の覚めるような鮮やかな海の景色の写真がアップされました。
神奈川からですと冬のツーリングコース、伊豆や千葉方面へも足を伸ばしやすいですよね。
今回の雪は甲府盆地ではそれほどの積雪にはならないと思いますが、山沿いではまとまった雪になりそうな雰囲気です。
残念ながら、しばらくはバイクでの峠越えは厳しくなりました。
それにしても青い海と雪を纏った富士山とのシーンはとても刺激的でした。
この時期の海沿いを走るのも爽快でしょうね^^


[ 2020/01/27 23:00 ] 春の妖精たち | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する