畑熊のミスミソウ

misumisou030.jpg
①(α6500&Super-Macro-Takumar1:4/50)
1月24日に偵察に来たときは1輪も咲いていませんでしたが、今回は咲いている花を楽しむことができました。
3連休の最終日でしたがやはり最盛期ということでしょうか、何人かのカメラマンが撮影に来ていました。
到着したのはお昼前くらいでしたが、蕾のように閉じている花が多くて、まさかの失敗かと思いましたが、時間の経過とともに開く
花が数多く見られ、最終的には満足できる内容になりました。
ちなみに昨年は2月20日の15:00くらいに来ており、記録的な暖冬である今年よりも多くの花を楽しめました。
このあたりは日付的なものよりも、到着時間の影響が大きいのかと思いました。


misumisou031.jpg



misumisou032.jpg



misumisou033.jpg



misumisou034.jpg



misumisou035.jpg



misumisou036.jpg

冒頭で午後からがお勧めのように記載しましたが、さすがに15:00くらいですと、太陽に照らされたシーンは撮影できません。
なので昨年は1枚目や4枚目のようなシーンは撮影できませんでした。
ミスミソウの撮影は独特の三角形の葉とともに撮影したい!
できれば太陽に照らされて輝くような花姿を撮影したい!
上記のようなことを考えると、行く時期もですが、行く時間も重要なファクターになってくるのかと実感しました。


[ 2020/02/24 17:00 ] 春の妖精たち | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する