スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

栖雲寺

DSCF8012.jpg
(F50fd)
栖雲寺、甲斐百八霊場の20番目のお寺。
織田軍に行く手を阻まれて思いもかないませんでしたが、武田勝頼公が最後に目指したお寺でもあります。
この周辺には勝頼公が眠る景徳院もあり、武田氏滅亡の地として有名です。
戦国時代の悲しさ厳しさを感じる事が出来る土地です。


DSCF8015.jpg

境内にはこんな碑がありました。
ちょっと意外でしたがそうみたいです(笑

DSCF8019.jpg

この鐘は甲斐の5鐘の1つで県の文化財に指定されているそうです。

DSCF8022.jpg

もう1枚鐘を・・・
思わず突きたくなってしまいそうです。
明暗差が激しいのでフラッシュを使用しています。

DSCF8023.jpg

この門の奥には庭園があるそうです。
看板を読んだら有料だったのでやめておきました^^;
事前にネットで見たのは石がゴロゴロしているだけだったような・・・。

DSCF8024.jpg

ほんの少しだけですが見えます・・・condorさんかなり無駄な抵抗です(笑
かなり大規模な庭園で禅僧が修行をしたとの説もあるようです。

DSCF8030.jpg

栖雲寺周辺から見える景色。
勝頼公が辿り着いていたら、こんな景色も見れた事でしょう。
再起を願って向ったのでは無く、死地として向ったところが悲しい歴史です。
天目山栖雲寺、目前で果てた勝頼公の思いが感じられます。

栖雲寺へは自然を満喫出来る竜門峡経由がお勧めです。
竜門峡から栖雲寺へ(前編)
竜門峡から栖雲寺へ(後編)


[ 2008/05/18 14:56 ] 観光・旧跡・公園 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://desertfoxblog.blog27.fc2.com/tb.php/368-71359b7b


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。