スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

さかな公園(前編)

DSCF8865.jpg

土曜日に忍野村のさかな公園へ行ってきました。
本当は道の駅富士吉田へ水を汲みに行って、帰りに河口湖の大石公園で富士山をというプランでしたが・・・。
道の駅は何やらイベントが有ったらしくて駐車場が大渋滞で富士山も雲の中(笑
悲惨な状況の中、せっかくと言う事で来てみました。
泣きっ面に蜂状態にならない事を祈って^^
DSCF8867.jpg

さかな公園には富士湧水の里水族館という淡水の水族館があります。
来てみたいと思っていながら現在に至ってましたので、ワクワクした気分で今までの悪い流れは頭に有りません(笑
ちなみにこの水族館は有料で大人は400円です。

DSCF8789.jpg

入り口にあった照明。
グルグルと周っています、なかなか粋な演出です。
撮影はノーフラッシュに限ってOKでした。
どこの水族館もそうなのかな?

DSCF8793.jpg

入ってすぐの水槽。
2枚目の写真の左側にある池の中を側面から見ている状態です。
黄色いのはソウギョのアルビノでしょうか、他にもチョウザメ、鯉、マスなどが優雅に泳いでいました。
この組み合わせ・・・流石は水族館です(笑

DSCF8798.jpg

チョウザメがアピールに来たところをパチリ。
なんだかひょうきんな顔です(笑

DSCF8801.jpg

更に中へ入ると流域毎の水槽が、これは最上流の岩魚(イワナ)。
綺麗ですね、美味しそうですね(笑

DSCF8804.jpg

ちょっと下って山女魚(ヤマメ)たち。
山女魚は上流部に生息している印象がありますが、更に上流部に生息してるのが岩魚と言う訳です。
ちなみにヤマメは山女と書いたり、山女魚と書いたりします。
正しいのはどっち!?

DSCF8816.jpg

こちらは中流部だと思います^^;

DSCF8806.jpg

流域毎の水槽の後ろにはこの水族館にメインの二重回遊水槽があります。
大きなニジマスが悠々と泳いでいます、黄色いのはニジマスのアルビノかと思います。
この黄色にWBがちょっと混乱気味です^^

DSCF8818.jpg

大きさが印象的だったイトウ。
この水槽の中では怪物級でした(笑
ちなみにこの水槽はその名のとおり二重になっていて、内側に小さい魚そして外側に大きな魚が入っています。
小さな魚が大きな魚に食べれられる心配は有りません。

DSCF8815.jpg

全体的にはこんな感じ。
向って左が流域毎の水槽で右が二重回遊水槽。
ちなみにこの後の通路では二重回遊水槽の内側と上部から見れるようになっています。

DSCF8825.jpg
(F50fd)
最後はパソコンで魚図鑑を見たりとか出来る学習フロア。
水槽内のカメラを自分で操作して観察できる面白いコーナーもありなかなか充実してました。
しかし山梨水族館での撮影が出来るとは有り難い施設です。
400円は絶対に安いです!

後編へ続きます。

[ 2008/06/08 15:35 ] 観光・旧跡・公園 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://desertfoxblog.blog27.fc2.com/tb.php/382-2eb3ca54


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。