乾徳山 (扇平~頂上直前)

kentoku31.jpg

前記事からの続きです。
いよいよ頂上を目指すべく最後の森へ進入します。
入りの感じは原生林ですが、徐々に岩が多くなりとても歩きづらく、風通しも皆無で汗だ
くになること間違い無しです(笑
さっきまで原っぱだったのに不思議な感じ・・・。
この森を越えれば目指すべき頂上が・・・という期待感が優先してか足取りは軽いです(笑
kentoku32.jpg

まさに原生林的な世界が暫く続きます。
渓谷でも良く見かける光景ですが、根に生えた苔が木々の歴史を語ってくれるような気がします。
ちょっと詩人チックに^^


kentoku33.jpg

注意してないと見逃しそうな看板(笑
風格と角度が何とも言えない良い感じだしたのでパチリ。

kentoku34.jpg

いよいよ岩が多くなってきました。
登るにしたがって岩はどんどん大きくなり、岩を巻く様にジグザグに登っていきます。
登るのに必死な区間は流石に写真は無いようです(笑

kentoku35.jpg

岩石ゾーンを暫く登っていくと徐々に視界が開けそうな雰囲気が・・・。
木々の葉が輝く姿に疲労した体が癒されます。
あと一息で森を抜けそうです。

kentoku36.jpg

視界はいきなり開けました。
ファーストインスピレーションは怖い(笑
でも足元以外は綺麗・・・雲がすぐそばに見えます。

kentoku37.jpg

覗き込む事なんて絶対出来ません(笑
結局このポイントが1番怖いポイントでした。
足がすくむとはこの事かと実感できる場所でした。

kentoku38.jpg

しかし頂上でもないのにこの展望は素晴らしい。
1番上の原っぱは大平高原、つまりあの辺りから登って来た訳です。
その下の原っぱは扇平のあたりですね。
月見岩が見えます。

kentoku39.jpg

塩山・山梨市方面の展望も見事でした。
写真でも見えますが黒い雲が目立ち、風も強くて何となくヤバそうな時間帯でした。
頂上へのルートだけでも把握しようと動きますが、足がすくんで思うように動けません^^;
ルートらしきものはあったのですが、落ちてた昔のはしごを見て引き返します(笑
(結果的にはもう少し覗き込めば、新たなはしごが掛かっていたのでした)

kentoku40.jpg

あまりの怖さにはしごを確認した場所からは後ずさりです(笑
今回は単独登山なのでここまでとして下山を決意します。
姉にはセンス悪いと言われましたが、ここまで来た証に山靴を1枚。
少し休んでから下山しようと立ち上がると、賑やかな声が下から響いて来ます。
本日の運命を変える出会いがすぐそばに迫って来ています・・・。

次記事に続きます・・・。

[ 2008/09/12 00:01 ] 山歩き・山梨百名山 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://desertfoxblog.blog27.fc2.com/tb.php/424-04ccba96