乾徳山 (頂上直前)

kentoku41.jpg

前記事からの続きです。
下山を決めて下り始めた時に下から聞こえた登山者の声・・・。
この山で初めて聞いた人の声です。
登ってきたのは千葉のハイキングクラブの女性3人組でした。
事情を話すとすぐにルートを確認、私が見落としたはしごを発見して頂上へと向います。
私が怖がっていた岩場では流石に騒ぎでしたが、どんどん進んで行くその雄姿・・・。
あっけにとられて見ていると、最後の方が「ご一緒しませんか?」の一言。
下る決意をした後でしたが、お言葉に甘えて一緒に頂上を目指す事にしました。
写真はその後にあった最初の鎖場を上から見下ろしています。
kentoku42.jpg

順調に最初の鎖場をクリアするとすぐに2番目の鎖場が迫ります。
おふざけはいけませんが、遊び感覚でクリアできる2ヵ所の鎖場でした。

kentoku43.jpg

鎖場をクリアすると暫くは緩やかな登りが続きます。
目に入る景色は何れも厳しい景色ですが、展望を楽しむ余裕も生まれて来ました。
撮影しながらなので先行した3人とは少し距離が離れます。

kentoku44.jpg

相変わらず緩やか登りが続きますが、岩沿いに出たり森に入ったりの繰り返しです。
でも着実に頂上に近づいているのが直感的に解ります。
森には既に紅葉しはじめている木もあって、見る楽しみと撮る楽しみを与えてくれます。

kentoku45.jpg

先ほどの木の真下に来ました。
風景や植物を撮影しながらのゆっくり登山も良いものですね。
綺麗だと思ったものを記録しながら進む・・・2,000mの山での素敵な時間の流れに大満足。

kentoku46.jpg

怖いと思う景色もまた何時来れるか解らないので楽しむ事に・・・。
しかしダイナミックな景色です(笑
山男にはなりきれそうにないcondorさんです^^

kentoku47.jpg

ドラマとかのワンシーンで出てきそうな景色(笑
立ち込めたガスが雰囲気を盛り上げています。
まるで雲の上に居るみたいです。

kentoku48.jpg

ふと見ると頂上が目前に迫ってました。
ガスに包まれる山頂にcondorさん本日1番の興奮を覚えます。
「待ってろよ!」って感じでしょうか(笑

kentoku49.jpg

先ほどの木よりも更に赤く紅葉している木を撮っていると、先行した3人組みの歓声が盛んに聞こえ始めます(笑
1枚岩とか鎖場とか聞こえてきます。
きっと最後の鎖場の直下に居るのでしょう。
それにしても凄い盛り上がりです(笑

kentoku50.jpg

早く進みたい気持ちをよそに撮影をしています(笑
ヤブデマリでしょうか、赤い実が「撮っていきなよ!」とでも言っているかのようです。

kentoku51.jpg

綺麗な赤い実ですが、多分珍しくないと思います(笑
もっと低い山でも見た気がします^^
しかし標高2,000の記念なので迷わずにパチリ。

kentoku52.jpg

赤い実の撮影が終わり振り向くと、いよいよ頂上が手の届く位置に・・・。
写真の位置から進み、最後の鎖場の直下に到着します。
鎖場には3人組の最後の1人が登っている最中でした。
見上げている自分の首の角度に気付いて驚きます。
この鎖場は笑えない・・・。

次回は最終回、いよいよ頂上制覇です!


[ 2008/09/13 00:01 ] 山歩き・山梨百名山 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://desertfoxblog.blog27.fc2.com/tb.php/425-b7889a9a