金峰山 (賽の河原~頂上)

PICT39588.jpg

前記事からの続きです。
いよいよ山頂を目指し賽の河原からの移動を開始します。
写真は山頂を目指す途中で前記事の最後のポイントを振り返った場面です。
稜線を歩けるような山に登ったのは初めてなので、この雰囲気に酔いしれてしまっています(笑
自然とこの場所での撮影枚数が増えていきます^^
舞い上がっているので、つまらない写真の連発だった事は言うまでもありません^^;
PICT39589.jpg

山頂を見て右手に見える景色。
右の岩山が瑞牆山(みずがきやま)、そして1番背後が八ヶ岳です。
来年登るであろう瑞牆山に上から目線で挨拶しておきました(笑

PICT39595.jpg

正面の景色。
山の稜線を歩いています。

PICT39607.jpg

左側の富士山をケルンと一緒に。
空に浮いているような感じで幻想的な富士山でした。
こういう写真が憧れでした・・・やはりこのクラスの山でないとこういう写真は撮れないですね。

PICT39642.jpg

で、いきなり頂上です(笑
日本百名山の案内をパチリ。
この案内の標高は2,598mなのですが、後ろに見える柱には2,599mと書かれていました(笑
標高を測る精度が向上する関係で変わったんでしょうね。
正しいのは2,599mだそうです。

PICT39658.jpg

山頂から見た五丈岩。
富士山を崇めているようなその姿に自然以上の力を感じてしまいました。
ちょっと神々しい場所でした。

PICT39666.jpg

山々が瑞牆山に向けて連なっています。
今回はイマイチですが、こういう写真をもっと上手に撮りたいです。
もっと果敢な構図でも撮っておくんだった・・・。

PICT39673.jpg

アップで。
1番左の山の上に甲斐駒という自己満足(笑
自己満足とは裏腹に全体的な構図は中途半端に・・・。
思いつくポイントが間違っているとどうにもなりません^^;
マイナスの法則を強く意識していないと、どうしても欲張ってしまいます(笑

PICT39676.jpg

瑞牆山をアップで。
この山の登山はハードなものになりそうな予感します^^
そして怖そう・・・(笑

PICT39687.jpg

山梨百名山の証を富士山とともに。
きっと、考えてこの位置にしたんだろうな~。

PICT39809.jpg

五丈岩のアップ。
いろいろな角度から撮りましたが記事へのアップは2枚のみ。
逆側には祠が有り、こちら側には鳥居が・・・。
大昔の人々が積み上げて信仰の山に・・・なんて考えると余計神秘的な雰囲気を感じたりします。
中腹に人がいますが、ちょっと前までこの岩の上に登ってました・・・。
私には無理な芸当で挑戦する気にもなりませんでした^^

PICT39820.jpg

五丈岩の辺りから山頂を見ています。
なだらかなのであまり山頂ってイメージではないです(笑
食事やら撮影やらで2時間近く山頂に留まっていましたが、14:00をちょっと過ぎた辺りで下山を開始します。
夢の庭園へも行きたいし・・・。

PICT39835.jpg

賽の河原は帰りの方が撮りやすいかも。
またここでたくさんの写真を撮ってしまいました(笑
空をもう少し削った方が良かったかな・・・。

PICT39854.jpg

やはりこの場所の雰囲気は別格でした。
別れを惜しむように撮っています(笑

PICT39859.jpg

帰りの賽の河原の最後のショット。
鮮やかな青空をバックにケルンを・・・。
見上げた時の青空の色は目も覚めるような鮮やかさでした。

PICT39934.jpg

最後の写真は夢の庭園からの景色。
金峰山の絶景を見た後でしたので特に感動はありませんでした。
展望を楽しむと言うより、空の近さを楽しむように感じました。
私の場合は金峰山との別れをする場所になりました(笑

金峰山、標高2,599m、日本百名山・山梨百名山の1つ。
そして自分の撮影技術の未熟さを感じた山(笑
この苦い思いが2日後の日向山の撮影に(若干)生かされました^^

さて、少し前の記事でも書いたとおり暫く更新が滞ると思います。
安易な気持ちではじめたブログでしたが、自分の中で大きな影響力を持つものに変化してきました。
その中でいろいろと考えたい部分も出てきたりしています。
大きな部分では、このまま続けるかリニューアルするかと言う点です。
少し時間をおいて考えて記事にて報告したいと思います。
ブログ自体を終了してしまうと言う事ではないので心配しないで下さい。


[ 2008/09/29 00:01 ] 山歩き・山梨百名山 | TB(0) | CM(2)

ブログ自体をやめてしまうって事ではないのですね。
安心しましたー。
撮影スタイルが変わってくると、ブログを変えたいっていうの分かります。
じっくり考えて、納得行く形で始めてくださいね!
どんな形で再スタートを切るか、楽しみにしてます。

別ブログを立ち上げる場合、ここは残されるんですか?
いろいろと参考にさせてもらいたい過去記事があるので
残してもらえると一読者として嬉しいです。
[ 2008/09/29 20:46 ] [ 編集 ]

かずーさん、こんばんは!

自分の好みのフィールドが固まりつつあるので、思い切って新しく作り変える
気持ちが強いです。
登山シーズンは山・渓谷・湖を中心で、冬は富士山五胡方面や野辺山・清里や諏
訪湖と言う感じで・・・。
桜や紅葉なんかは合い間に撮れればという感じになるかと思います。

いろいろな山に登って体力的にも装備的にも自信がつきました。
来年にはコンパクトな一眼も出そうなので、山や渓谷等の難所が伴う撮影も
楽になるのも追い風です。
いや~、すっかり山に魅了されてしまいました(笑
大型ザックも購入しているの中でなので、ある意味自然な流れなんですがね^^

苦労して登った者でないと撮れない景色と言うのが素敵です。
同時にどう撮るかが問われるますが、それを含めて面白いと思うのです。
金峰山にはあしられ加減でしたが、徐々に精度を上げて行くのが目標です^^;
私にとって山は憧れの場所でもあり、撮影の問題集でもあるのです(笑
腕を磨いて見た人が登りたくなるような山の写真を撮るのが中心テーマです。

野辺山・清里が雪景色になるまでまだまだ時間があるのでゆっくり考えます。
新たにブログを立ち上げた場合のここの扱いは考えていません。
それも踏まえて考えたいと思います。
新ブログ立ち上げの際には、また宜しくお願いします!
[ 2008/09/30 01:11 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://desertfoxblog.blog27.fc2.com/tb.php/440-b4488aca