秋の西沢渓谷

nishizawa01.jpg

当ブログの流れでこの渓谷の紅葉をアップしないのは反則に近いかと思います^^;
去年の秋から四季を通して通った唯一の場所です。
思えば昨年の秋は・・・体力的にも装備的にも撮影技術的にも完敗だったような・・・^^
しかも食料を持たなく空腹に喘いだような・・・(笑
ロケーションに助けられて写真がまあまあだったのが唯一の救いでした(笑
あれから1年・・・全てはこの日の為にあったのです。
って感じに行けば良いのですが、そうは行かないのが大自然を相手にする楽しさでもあります(笑

昨年の秋は遅いながらも全体的な紅葉は見頃でした。
紅葉のみを撮る場合だったら昨年と同様に11月に入ってからで良いと思います。
しかしその時期だと渓谷を覆う紅葉は落葉してしまっているのです。
この渓谷については滝を追いかけてきたので、黄色や赤に染まった葉と一緒に滝を撮りたいところです。
撮影に出かける時期が難しいのです・・・。
メインの七つ釜五段の滝は渓谷の最深部にあり、入り口より標高も高く気温も低いので更に難しくさせてます。

欲張らずに全体的な紅葉は捨てて、七つ釜五段の滝のみに照準を定めた方が良いような気がしました。
「早すぎないか!?」という思いを胸に10月19日、西沢渓谷に向けて車を走らせます。
駐車場に着いて見える景色は(1枚目)・・・軽く絶望が入りながらも最深部の七つ釜五段の滝を目指して進みます。
時期が早いのか観光客は意外にも少なくてビックリしました。
いつもの如く重役出勤なのでザック・靴・スパッツと手際良く支度します^^
飲み物とお弁当、そして熊鈴も抜かり無く(笑
いざ、しゅっぱーつ!!


nishizawa02.jpg

渓谷入り口の吊り橋。
木々の紅葉を見て更に不安になります(笑
この後の大久保の滝と三段の滝は紅葉には程遠くアップには至りませんでした。

nishizawa03.jpg

それでも場所によっては良い感じに紅葉していたりして読めません(笑
良く見ると散り始めている木もあるようです。
不安は深まるばかり・・・。

nishizawa04.jpg

色合い的に若干早い気もしますが、気持ちを切り替えて撮っています(笑
見える景色はどれも素晴らしく流石は西沢渓谷という感じです。

nishizawa05.jpg

3枚目と同じ場所を別角度から・・・。
結構散っている木もあります。
まさか遅かったのか!?

nishizawa06.jpg

竜神の滝の周りの木はもう散る寸前・・・。
ギリギリセーフ的な1枚となりました(笑
最深部の七つ釜五段の滝はどうなのか!?

nishizawa07.jpg

竜神の滝の先に見えた紅葉全開の木を見て一安心(笑
まるで猫の目のように安心したり不安になったりって感じです。
ただ不安の内容が「早かった」から「遅かったかも」に変わったところは笑えます^^;

nishizawa08.jpg

貞泉の滝の滝の周りの木は・・・殆ど丸裸状態だったりして^^
もう運を天に任せるしかないです(笑

nishizawa09.jpg

良く撮る好きな流れ。
葉の黄色が良い感じでようやく秋の渓谷らしい絵になりました。

nishizawa10.jpg

横で。

nishizawa11.jpg

この区間の紅葉は色も葉の数も安定している気がします。
この緑ももうすぐ黄色へと変わるんでしょうね。

nishizawa12.jpg

今回初登場の母胎淵。
暗くて見づらいですが、大きく口を開けた岩(左上)のスケールに感動。

nishizawa14.jpg

もうすぐ七つ釜五段の滝ですが期待できそうな状況に・・・。

nishizawa13.jpg

坂を登った先に七つ釜五段の滝が待ってます。
風景写真の難しさを痛感するのか、それとも感動の場面が待っているのか!?

nishizawa15.jpg

色々な不安がありましたが、最高の姿で迎えてくれた七つ釜五段の滝。
多少葉が散ってましたがイメージどおりの姿に感動です。
もう少し早く到着していれば陽射しが有ったというオチもありましたが・・・(笑
逆に人が少なくじっくりと撮影する事が出来ました。
この場所は木で出来た橋みたいになっていて人が歩くと揺れるんです。
全ての不安点をクリアした1枚です。
せっかくなので何枚か七つ釜五段の滝の雄姿をアップします。
この1枚は下部の2段。

nishizawa16.jpg

上部4段。

nishizawa17.jpg

上部3段(横)。

nishizawa18.jpg

上部3段(縦)。
縦長の滝なので縦で撮った方がスマートみたいです。
この記事でのベストショット。

nishizawa19.jpg

七つ釜五段の滝のすぐ先の大きなモミジ。
誰もが撮りたくなる程に見事な木です。
これはこれで綺麗かも。

nishizawa20.jpg

最後は上から見た七つ釜五段の滝。
下山道から見える景色です。
しかし紅葉情報が無い山奥での撮影は難しいです(笑
行ってみないと解らない的で、地元でないとベストの状態の撮影は無理だと思います。
自宅から七つ釜五段の滝までは車で1時間、そして徒歩で2時間(ちょっと多めで)と合計で3時間掛かります。
出直すのはちょっとキツイ場所なので、見事に当たりを引けてラッキーでした。
全体の紅葉がまだで人出が少なかったのも幸運でした。

満足できる写真が撮れたので西沢渓谷の完結版とします。
せっかくなので今までの足跡を・・・。

2007年 ~秋~
西沢渓谷(前編)
西沢渓谷(後編)
西沢渓谷(番外編)

2008年 ~冬~
冬の渓谷
激闘!?西沢渓谷

2008年 ~春~
春の渓谷
春の渓谷 ~ 植物編 ~

2008年 ~夏~
初夏の渓谷(前編)
初夏の渓谷(後編)

生意気のようですが・・・昔の写真を見ると少しだけ進化した自分を感じる事が出来ます^^;
場所に慣れた事も多きいですが、ちょっとだけ上手にもなっているかも!?

この記事にて「のんびり行こう!」の区切りにしようかと思います。
はっきりしない状況が続きましたが、長期休養に入りたいと思います。
新しいブログは立ち上げるつもりは今のところありません。
写真撮影はこれまで同様に続けるつもりです。

この記事はごく一部の方だけが見れています。
今までの感謝の意味も込めて、精一杯の写真を撮ったつもりです。
って、お別れみたいですが・・・皆様のブログには遊びに行くつもりでいます。
もちろんコメントもしますので、今後とも宜しくお願いいたします!
ブログに関して、また再開する日まで・・・と言う事で^^;


[ 2008/10/23 23:16 ] 滝・渓谷・渓流 | TB(0) | CM(9)

すっかり渓谷の撮影が板についているというか…素晴らしいです。
1枚1枚、じっくりと撮られているのが伝わってきます。
私も滝はいくつか見ましたが、難しくて、撮影はさっぱりでしたよ…。

それにしても、一番の見所が紅葉していてよかったですね~!
辿り着くのに大変な場所ほど、不安になりますよね。
今年はやっぱり去年よりちょっと早い感じなんですかね?
っていうか、渓谷全体でこんなに紅葉の時期にタイムラグがあるとは
参考になりました…いつか行く機会があれば参考にしたいです。

長期休養に入られるんですね。
新ブログの立ち上げ予定もないのですかー。残念です。
またいつの日か復活されることを願っています。
[ 2008/10/24 01:01 ] [ 編集 ]

お久しぶりのコメントですが(^^ゞ
時折、楽しみに拝見させて頂いてましたよ。
紅葉や滝、素敵な所ですね~。
七つ釜五段の滝ですか、色も水の感じも周りの
雰囲気も素晴らしい!写真たくさんです。(*‥*)

お休みされるとのことですが・・・
またcondorさんのお写真に癒やされに
来ます(^^)

昨日まで夏日だった福岡も今日は涼しく
やっと秋かなぁ・・・
どうぞお元気に過ごされますように☆
[ 2008/10/24 14:26 ] [ 編集 ]

かずーさん、こんばんは!

ありがとうございます!
自分的にここまでは頑張ろうと思っていたので、この景色を見せる事が出来て
安心しました。
おっしゃるとおり渓谷撮影は1枚1枚、じっくり撮るとこが楽しみでもあります。
スローシャッターで撮る流れは、自分で撮ったとは思えないような写真に驚く
事もあります(笑
是非挑戦してみて下さい!
こつさえ掴めばすぐ撮れますよ。

タイムラグに驚いたのは私も一緒です(笑
現地に行くまでは考えてもみませんでした・・・じつは^^;
結果的に良い状況だったのでラッキーでした。
七つ釜の上部3段は葉が残っていれば今週末の方が良かったかも知れないですね。
でもそうすると下2段の方は葉が散ってしまうんですよね・・・(笑
今回が1番だと思うことにします。

素晴らしい渓谷なので来ても損はないと思いますよ。
全体の紅葉は今からなのでいかがですか?
かずーさんがどんなレポを書くのか楽しみな気もします(笑
機会があったら是非挑戦してみて下さいね。
ちなみに最深部(七つ釜五段の滝の上)にもトイレはあります。

休養に関しては申し訳ないです。
パスワード括りにしたので気兼ねなく公開出来る環境でも有るんですよね(笑
くだらない記事を書くかもしれないです。
たまには覗いて見てください(笑

参考にしたいと言ってましたので過去記事を復活させときましたが、ここまで
で大丈夫でしょうか?
もし足りなかったら言って下さいね。
[ 2008/10/25 01:34 ] [ 編集 ]

イグぴょんさん、こんばんは!

ありがとうございます!
この渓谷は規模・雰囲気・水の綺麗さと全てにおいて素晴らしいです。
その中でも七つ釜五段の滝は別格でとても美しい滝なんですよ。
ただ歩く時間が長いのでお気楽ではありません^^
でもマイナスイオンたっぷりで癒し効果は抜群です(笑

今年の課題だったカワセミは無理そうです・・・。
先日も見かけたのですが、撮る事は出来ませんでした(涙
まだまだイグぴょんさんの域には行けないようです。
接近し方を勉強しないといけないですね^^
また頑張ります!

私もイグぴょんさんの写真に癒されてますよ。
特に動物に対する愛情が感じられる写真。
楽しく撮っているのが伝わってきます。
写真って楽しく撮るから面白いんですよね!
今後も遊びに行きますので、自然体で楽しく撮って下さいね。

山梨と福岡だとかなり気候も違うんでしょうね。
こちらは朝晩は涼しいと言うか、寒いくらいになってきました。
だんだんと冬の訪れを感じる季節になりつつあります。
そちらではこういう紅葉はまだまだなんでしょうね。
楽しんでもらえれば幸いです^^

ブログはこのまま残しますので、遊びに来て下さいね!
もしかしたらくだらない記事の更新もあるかも知れないです(笑
[ 2008/10/25 02:01 ] [ 編集 ]

過去記事、これで大丈夫です。
もしも西沢渓谷に行くことがあったら、
condorさんの記事を参考にしたい、って思っていたのですよ。
今年は無理そうですが、
行きたいっていう気持ちがあればいつか機会って来るものだし
きっといつか行けるんじゃないかなと思っているので。
できることなら、地元の渓谷で場数踏んでから挑戦してみたいですね。

それにしても、過去記事読ませてもらって思ったんですが、
私ごときが言うのもおこがましいですが、
渓谷撮り、めちゃくちゃ上達されてますね。
特に初夏編から急激に上達されているような気がします。
日々更新されるのを見ていたので気づきませんでしたが、
改めて過去記事見ると、こういう発見もあるのだなと驚きました。
私も自分の過去の写真を見てそう思えるように日々、頑張りたいです。

くだらない記事(笑)の更新、楽しみですー。
時々覗きに来ますね!
[ 2008/10/25 12:02 ] [ 編集 ]

立て続けにすみません。
冬の野辺山の写真も見たいのですが、あれって、何月でしたっけ?
野辺山も、condorさんの写真を見て、いつか行きたいなと思うようになった場所ですね…。
[ 2008/10/25 12:08 ] [ 編集 ]

かずーさん、こんにちは!

たいした記事では無いのでほどほどに参考してもらえれば^^;
写真も先入観が入らない程度が宜しいかと思います。
選択時にしくじりますから・・・私・・・(笑
あえてアップしない写真もありますからね。
実際に行ってみて感じるままにが良いと思いますよ。

渓谷撮りに関しては好きなんでしょうね・・・お褒め頂きありがとうございます!
天候にも左右されないですし、静ですし気に入るまでじっくりと撮れますから。
西沢渓谷に関しては、場所を譲ったり待ったりと気を使いますがね^^
この渓谷を美しく撮りたい気持ちが上達に繋がったかも知れないです(笑

写真って自分のパターンを作る事だと思うんですよね。
花だったら右に置くか左に置くかとか・・・。
好きなカテゴリーはそのパターンが自然に出来ると思うんです。
ちなみに私はPモードがスタンダードなんですよ。
太陽を撮る時、ボケが欲しい時、渓流を撮る時などはそれぞれ設定を変えます。

Pモードって初心者的なんですが、カメラの選択する設定(特に絞り)が自分の
意図と大きく外れなければ問題ないと思います。
日中の風景なんて殆ど絞るんですからPモードにして、構図や全体的な露出に集
中した方がいい結果を生む気がします。
ってのも自分のパターンです(笑

着地点は個人によって違いますから何とも言えませんが・・・。
かずーさんが写真のスキルを求めるのでしたら、割と近場のホームを作って
通い倒す事も方法かと思います。
仮想敵国みたいな(笑
私もそんなスタンスではじめたのがこのブログでした^^
ちょっと脱線しちゃいましたね^^;

野辺山の雪景色は2008年の3月です。
それ以外にもカテゴリー「野辺山・清里」からも見れますよ。
この冬はこれらの写真をコンテストに出してみようかと思ってます。
身の程知らずですが^^

野辺山は良いですよ!今シーズンも通うと思います。
ただ撮影ポイントは大通りよりも奥地になるので、ジープ系の車が安全だと思
いますよ。
そう言えば私が撮りに行くポイントではカメラマンは見かけませんね^^;
山梨の木の辺りも除雪されて無い事が殆どですから・・・(笑
[ 2008/10/26 11:28 ] [ 編集 ]

野辺山の記事、そのとおりでした、カテゴリーから行けばよかったんですね。
お騒がせしました。ありがとうございます。
ジープ系でなければきびしそうとは…なかなかハードル高そうですが、
いつかきっと…。

渓谷の写真の技術向上に関しては、現在の自分が撮ったものが
全く見られるレベルじゃないので、見られる程度にうまくなりたい、
と思っている程度…という状況なのですがとにかく練習して少しは向上させたいです。

大抵の風景は一眼構えてシャッター押すだけでそこそこきれいに撮れてしまいますが、
渓谷だけはそれではダメなので、とりあえずせっかく見た風景をきれいに残せるように
っていうレベルだけはクリアしたいな、って。


私の場合は、まだまだcondorさんのようにテーマが絞りきれていないので、
当分はなんでもガシガシ撮るってパターンが続きそうです。
いい写真を撮りたい、というのと同時に、いろんな場所のいろんな美しい風景が見たい
っていう欲求も同じぐらい強く、
せっかくの風景を少しでも納得行く形で残したいために一眼導入したようなものなので
なんとかそういう方向でいいスタンスが見つかれば、と思います。
旅と写真がセットっていうか。(もちろん旅は近くの日帰り旅でも全然OKなんですけど。)

一応、その中でも特に心が動くのは、紅葉と流氷の風景なんですが、
どっちも季節限定すぎるので、通年で追いかけるテーマも欲しいところですね…。


コンテストに出されるんですか!
いい結果がでるとよいですね!
私は全く考えたことがないのですが、そういう目標があると1枚1枚の写真の撮り方が
変わってくるんだろうなあ…と思います。

それでは、何度も長々と失礼しました。
[ 2008/10/26 23:09 ] [ 編集 ]

かずーさん、こんばんは!

ジープ系でないと駄目って事はないですが、せっかく行って撮るならば奥地で
手付かずの自然を撮って欲しいですね。
レンタカーでそういう車があれば良いと思います。
奥地を走りながら好みの風景を探すのも素敵ですよ。
何よりも個性的な写真を撮る事ができますから。

渓谷の写真は手持でも良いですが、スローシャッターの写真を見ちゃうと撮りたくなり
ますよね(笑
結構簡単なのでとりあえず挑戦してみましょうよ。
自分で撮ったとは思えないような写真にビックリしますよ(笑
そんな写真が1枚入ると記事も引き立ちますからね。

テーマは難しいですよね。
でも良いんじゃないですか、数々の絶景を撮る中で間違いなくスキルアップも
していると思いますよ!
何よりも自分が楽しければ良いと思いますよ。
そうしている中でテーマが見えてくるのも素敵な事ですよね。

コンテストにはいつかは出品したいと思っていました。
とりあえず最初の一歩です^^;
かずーさんもキタムラあたりのコンテストへどうですか?

質問やコメントは気兼ねなくして下さいね!
と言っても気を使っちゃいますよね^^
とりあえずカテゴリーに「質問の部屋」を追加しておきました。
過去写真の設定や日時等、もし質問がありましたらそちらへどうぞ。
[ 2008/10/27 20:43 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://desertfoxblog.blog27.fc2.com/tb.php/445-3047df1a