晩秋の雁ヶ腹摺山

harasuri01.jpg

在庫より晩秋の雁ヶ腹摺山(がんがはらすりやま)を・・・。
この雁ヶ腹摺山は大月市に位置し山梨百名山の1つでもあり、五百円札の裏面を飾った山として有名です。
この日のコンディションは最高で、どう撮っても抜けるような青空で撮れるありがたい日でした(笑
撮影日は11月15日ですから軽く1ヶ月以上経ってしまってます^^;
お気に入りの写真が多くて、ピックアップしきれないでここまで来てしまいました(笑
ピックアップで悩みたくないので、豪華に20枚構成で仕上げてみました^^
非常に満足できる流れの記事になりました。(超自己満足的な記事になりました^^)


harasuri02.jpg

駐車スペースは狭く私のように重役出勤者は多少難儀が予想されます(笑
登山客が多い山のようで簡易トイレもあり、東屋もあったりして整備されている感じがしました。
看板で登山道の様子が伺えるんですよね・・・多少傾いていますが綺麗な看板なので登山道は安心できると思います。

harasuri03.jpg

予想通り歩きづらい場所にはこのように歩道が確保されてます。
これなら年配の登山者も安心ですね。
登山道ではあまり見ない雰囲気なのでワクワクしました^^

harasuri04.jpg

この歩道を作った人は見事な腕前ですよね、ちょっと芸術性を感じてしまいます(笑
気に入って何枚も撮ってしまいました。

harasuri05.jpg

ついでにもう1枚。
こういう余計な1枚が記事の枚数を増やしてしまうんですよね・・・。

harasuri06.jpg

足元には霜柱が・・・平地では秋真っ盛りでも山では冬が始まっていました。
この霜柱ですが凍っている状態だと良いのですが、溶けてぬかるんでいる場所は滑って大変でした。
各所に先駆者が滑った跡が付いていて笑えました(笑

harasuri07.jpg

流石に紅葉の名残は一切ありません。
葉の無い木々が青空をバックにオブジェのようです。
順光の青空・・・見事な青です。

harasuri08.jpg

形の良い雲を待って撮った1枚。
個人的には雲が入った方が好きなんですが、雲の形に拘るので時間が掛かって仕方ないのです(笑
こんな感じなので大概の登山は疲れる事無く頂上へ到着する事が出来ます。

harasuri09.jpg

この鳥の巣を髣髴させる植物・・・なんでしたっけ?
昔は覚えていたんですが^^;

harasuri09-1.jpg

頂上が近づくにつれて高原風の景色が展開してきます。
この辺りが霜柱による滑り跡が多く、非常に難儀する登りとなりました。
下りに関してはもはや通路ではない状態でした(笑
みなさん恐怖のあまり草原を歩いて下ってました。

harasuri10-1.jpg

頂上ではカメラマンや登山者が思い思いのポジションで撮影を楽しんでいました。
私は頂上の景色はイマイチだったので、百名山の看板のみ撮ってすぐ下りました。
頂上に着いた辺りから風が強くなり、一気に体温が奪われる感覚に陥ります。

harasuri10.jpg

制覇の証、山梨百名山の看板を^^
雁ヶ腹摺山 1857m、制覇しました!

harasuri11.jpg

で、私が気に入った頂上から少し下った地点で三脚を立てました。
風は更に強くなり、もう突風クラスと言うのが相応しい状態でした。
こういう展開は初めてなので不安になりましたが、手袋や耳当てを用意してあったので寒さを凌げたのは幸いでした。
ススキがあるので風が弱くなるのを待ってシャッターを切ります・・・。

harasuri12.jpg

縦で。
風との我慢比べの様な撮影です(笑
しかし富士山撮影はことごとく逆光ですね・・・。

harasuri13.jpg

風が強いのは悪い事ばかりではありませんでした。
こんな変わった雲を撮る事が出来ました。
自称気象オタのかずーさん、これはどんな雲なんですか?(笑
ちなみに今現在まで大地震は来てませんよ~^^

harasuri14.jpg

あっと言うまに彼方へ流れていってしまった雲。
2度と会えない気まぐれな空の表情を見た感じがしました。

harasuri15.jpg

山の中腹で太陽と遊んでみました。
太陽が雲に隠れたところを狙って・・・。

harasuri16.jpg

逆光に負けるな^^

harasuri17.jpg

この1枚もどうかと思ったのですが・・・ブログですから全景も必要ですよね^^
最後の最後で山並みが見える写真を^^;
そこそこ山奥なんですよ。

harasuri18.jpg

最後は登山道入り口付近にあった東屋を・・・。
ここで遅めの昼食を食べました。
頂上付近の突風もこもまで降りてきたせいか完全に治まっていました。
きっと頂上付近は風の通り道だったんでしょうね。

おかげさまで休止中のストックも殆ど無くなりかけてきました。
山登り写真もあと1記事分だけとなりました。
雁ヶ腹摺山も迷った挙句アップしましたので、残りの1記事分も年内中にアップ
しようかと思いはじめました(笑


[ 2008/12/23 22:32 ] 山歩き・山梨百名山 | TB(0) | CM(4)

すごい空&富士山

 こんばんは!空が凄く青く透き通ってて、富士山も鮮明に写ってますね。
富士山が静かに佇んでいる様子にとても癒されました。よい写真をありがとうございますw
 話は変わって、結局 オリンパスE-510を買いとることにしました。
ZUIKOUの70-300mmのレンズも勢いで買ってしまいましたよ(汗
[ 2008/12/24 22:19 ] [ 編集 ]

空の青さが素晴らしいですねー!
晩秋の澄んだ空気感が伝わってきます。
天気がいいので、足元がそんなに怖いことになってるとは全く想像つきません。
でもそういえば、11月は真冬並みに寒い日がありましたね。

逆光の富士山もとてもきれいだと思います。
それにしても雄大な眺めですね。

ところで私は気象オタですが、データ的な数字や、衛星画像、天気図云々ばかり
見ているといった状況で、実際の雲とかはさっぱり分かっちゃいません。(苦笑)
ましてや、山にはほとんど縁がないので山の天気はさっぱり…。
やっぱり実際の気象現象も目で見ないとですよねー…。
[ 2008/12/25 21:38 ] [ 編集 ]

ケニティさん、こんばんは!

良い条件下での撮影では空はこのように青く写ります。
もちろん山(高地)と言うのも大切な条件ですが、この日は風が強かったのも
良い条件となったかと思います。
ただ人間様には過酷な条件でしたが^^;
山の強風は身の危険を感じます(笑

こういう条件で撮ってしまうと、どんどん理想が高くなるんですよね^^
今年は何かとモヤる日が多かったですから貴重な1日となりました!
本当は順光の富士山を撮りたいのですが、お決まりの逆光なんですよね。
まあ逆光は好きだから問題無いですけど・・・。

短い間に二転三転しましたが、ようやく落ち着いたって感じですね^^
70-300mm(140-600mm)って特殊だよね?
きっと撮りたいものが明確になったって事だろうね。
楽しく撮影して下さい!
[ 2008/12/26 02:02 ] [ 編集 ]

かずーさん、こんばんは!

気温がそこそこあったので、金峰山と悩んだ挙句こちらに来てしまいました(笑
金峰山もそこそこな天気でしたが、この日とは比べ物になりませんでした。
この空の青さで晩秋が伝わりますよね^^
しかしぬかるみは酷かったですよ、でも滑った跡はとても愉快でした(笑

5百円札って記憶にありますか?
誰が選んだか解りませんが、流石という感じの場所でした。
特に13、14枚目の場所はとても雰囲気があり、風が無ければもっとじっくりと
撮りたい場所でした。

気象オタと言っても範囲が広すぎましたね(笑
いやいや、申し訳ないです^^
でも珍しい雲ですよね?この雲が通過するまでに20枚近く撮りました^^;
空気が澄んでいるから、逆光も綺麗に色が出ました!
太陽付きの縦の写真の水平が微妙に怪しいですがね(笑

本当はかずーさんのところでコメントするべきですが・・・。
交換条件の件、心得ました^^
春までに場所をピックアップしたいと思います。
多分難易度的にはかずーさんの方が大変だと思いますので、気楽にいっちゃっ
て下さいね(笑

とりあえずお楽しみですね!
[ 2008/12/26 02:23 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://desertfoxblog.blog27.fc2.com/tb.php/465-86b48935