身延線と甲斐の山々

minobusen01.jpg

諏訪大社の写真のピックアップに時間が掛かりそうなので予定を変更します^^
山梨県において絵になる鉄道と言うと真っ先に思いつくのが小海線です。
甲斐駒ヶ岳をバックに疾走する小海線なんて絵になると思います。
昨年の春はSLが走ったので撮影しましたが鉄道に関しては勝手が分かりません^^;
SLは鈍かったので参考外ですし・・・いきなり小海線と言うのもアレなので手近な身延線で練習してみました(笑
撮影日は3月8日、原チャでトコトコと出かけてみました。


minobusen02.jpg

身延線とは東海道線富士駅から中央線甲府駅を結ぶ88.4KmのJR東海のローカル線です。(思いっきりコピペですが^^;)
普通列車(313系)は概ね2両で、特急ワイドビューふじかわ(373系)は3両なのでちょうど良い練習材料なのです。
(北岳と313系)

minobusen03.jpg

撮ってみると良い場面がそこらじゅうに転がっていて身延線に嵌りそうです(笑
小海線と同じく単線のローカル線なので良い被写体だと思います。
季節の花と一緒になんて良さそうです。
(八ヶ岳と313系)

minobusen04.jpg

今回は私の好きな山々と一緒に・・・(笑
この写真は山の高さがちょうど良く、線路も良い角度で1番のお気に入り^^
(金峰山と313系)

minobusen05.jpg

山々と身延線ですから当然富士山も登場します。
ちなみに甲斐駒ヶ岳が見える区間は割と市街地になるので今回は撮りませんでした。
(富士山と313系)

minobusen06.jpg

今回の写真中では唯一の有名な撮影ポイントの笛吹川鉄橋。
なるほど良い写真が撮れそうなポイントです。
(笛吹川鉄橋と373系)

minobusen07.jpg

最後は1枚目と対比的な1枚を・・・この踏み切りは何とも言えない雰囲気で引き込まれてしまいました^^
身延線、なかなかいいぞ!
桜の季節になったらもっと山奥を目指したいと思います。
カメラは相変わらずdimageA1です(笑
個人的に(アスペクト比)4:3が非常に嫌いだったのですが、先入観を持たずに使ってみようというのがきっかけでした。
4:3が嫌でdimageA1を隠居させたのですが皮肉なものです。
しばらく使ってみて・・・4:3の良い部分も分かってきたような気がします^^


[ 2009/03/11 21:46 ] | TB(0) | CM(2)

こんばんは。
やはり雪山が背景にあると絵になりますね。
あと車両が少ないおかげで1枚に収まってしまうというのもなんかいい感じです(笑)
1枚目は踏切だけなのになんか”おっ、いいな”と思ってしまいましたよ。
A1の持つ魅力なんですかねぇ。
[ 2009/03/12 17:55 ] [ 編集 ]

すずさん、こんばんは!

1枚目、分かってもらえて嬉しいです!
何気に雰囲気のある踏切でした。
この踏切の左側に6枚目の鉄橋があるのです。
A1はレンズが良いので雰囲気ある写真が撮れるのが魅力です。

鉄道はいろいろな風景を絡ませる楽しみがありますね。
欲張ると失敗しますが、編成が短いのも好印象でした(笑
ローカルって感じで良いですよね^^
小海線の練習のつもりでしたが、また撮影に行きたくなりました!

ちなみに2枚目はもう少し我慢して2両とも入れるべきでした^^;
次回の課題です(笑
[ 2009/03/12 22:41 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://desertfoxblog.blog27.fc2.com/tb.php/510-db929600