スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

sweetDとともに ~夏の金峰山~

kinpu02-01.jpg
(sweetD & DT18-70mm/F3.5-5.6)
山のエントリーをと言っておきながら大分時間が経ってしまいました。
どの山にしようかといろいろと考えた結果、私に(今のところの)最大級の感動を与えてくれた山である金峰山にしました。
この山の読み方は山梨では 「きんぷさん」 で、長野では 「きんぽうさん」 と言うそうです。
標高は2599mで山梨百名山はもちろん日本百名山にも名を連ます。
山頂付近にある五丈岩は神々しく信仰の山を感じさせてくれます。
アップしてない写真で構成しようと思いましたが、半分がアップ済みの写真になってしまいました^^;
まだ夏山の雰囲気の2008年9月の金峰山です。

kinpu02-02.jpg

森から徐々に森林限界を越え賽の河原へ。
静で感動的で言葉も出ませんでした・・・あまりの感動で完全に舞い上がっています(笑

kinpu02-03.jpg

素晴らしい青空・・・標高(約)2600mの青空です。
心が洗われる気分^^

kinpu02-04.jpg

ケルンと富士山。
流石は日本一の山、こちらの様子を余裕の表情で見ているかのようです(笑

kinpu02-05.jpg

稜線を歩くご機嫌ポイント、気分は縦走♪
振り向いて撮っています。(左側より登ってきます)

kinpu02-06.jpg

頂上付近より見た五丈岩と富士山のツーショット。
何気に五丈岩が富士山を拝んでいるような感じも受けます。

kinpu02-07.jpg

神様の石遊びを彷彿させる五丈岩。
人が登っているので大きさが実感できるかと思います。
その高さや15m・・・私は挑戦する気にもなりませんでした^^;

kinpu02-08.jpg

振り返って金峰山頂上を。
この写真はちょっと前までPCの壁紙でした^^

kinpu02-09.jpg

頂上付近の展望1。
奥に八ヶ岳と手前右側に今年の目標の瑞牆山(みずがきやま)。

kinpu02-10.jpg

頂上付近の展望2。
最後方が南アルプスの山々、その手前が茅ヶ岳かな・・・(笑

kinpu02-11.jpg

頂上付近の展望3。
雰囲気ありますね、雲に包まれる富士山。

kinpu02-12.jpg

頂上付近の展望4。
川上村方面、山の谷間に見える白い平地がレタス畑と思われます。
こんな感じで他の山々を見る事が出来ます^^
最高のコンディションで、最高の山に登れた事で山の世界へ引き込まれる決定打となります(笑
金峰山にはこの後、11月にも登ることになります。(もし良かったら 「凍る金峰山」 をご覧下さい)
かなり自己満足的なエントリーですが大目に見てあげて下さい^^;
ちなみにすずさんと登るのが実現するなら、間違いなくこの山になるかと思います(笑


[ 2009/06/26 23:59 ] 山歩き・山梨百名山 | TB(0) | CM(6)

こんばんは
爽やかな山の風景、堪能させていただきました~
いい写真を撮るためには、自分の足で歩かなくちゃいかんということを改めて感じました。
車でささっと行ってささっと撮影では、だめですよね~(^_^;)
空が印象的で、イメージカット的な3,8枚目にまず1票。
頂上からの雄大な景色の中では、9,11枚目に1票です!
[ 2009/06/27 21:32 ] [ 編集 ]

青流さん、こんばんは!

私だって車でささっと撮影する事もありますよ^^
山の魅力はこの青空と惜しみなく見せてくれる絶景です。
「どういう風に撮るのかな?」って山が挑んで来るんですよね(笑
この時は完全に舞い上がってしまい、帰ってから大反省でした^^;
感動やドキドキ感を抑えるのも大事なんですよね・・・。

たくさんの写真を褒めていただきありがとうございます!
特に3、8枚目は嬉しいです!!
金峰山は林道で2400m位まで登ってしまうので、標高落差が少なくハイキング
感覚なんですよ。(天候がおだやかな日は)
そうは言っても片道2時間半は歩きますがね^^;
苦労あっての絶景です(笑
[ 2009/06/28 00:24 ] [ 編集 ]

素晴らしい~写真です!
物語のようで、感動してしまいました!
本当ですよ☆
何だか厳しい~イメージがありますが、
山登りって、もっと楽しいイメージがあって。
「ワクワク」「キラキラ」
私も、こんなカメラマンさんと、山歩きしてみたいです☆
一応、希望ですけれど~。
[ 2009/06/28 09:56 ] [ 編集 ]

チューリップさん、こんばんは!

気に入ってもらえて良かったです^^

いろいろな山に登りましたが、この日の天候は格別でした。
この日にこの景色を見れたのは本当に幸せでした。
賽の河原から頂上までは静かで神秘的な雰囲気すらありました。

どの山も大変ですが絶景を見るとそんな思いは消えてしまいます(笑
撮影しながらの登山はペースがゆっくりなので楽かも知れないですね。
金峰山なら自信を持ってお勧めできますよ^^

これ以上の絶景を求めると3000m級の山になります。
気に入った山を極めるか、新たな山を開拓するか悩みます(笑
[ 2009/06/28 20:05 ] [ 編集 ]

こんばんは。
う~ん、これぞ登山って感じですね。
苦労の先にある感動的な景色です。
これはぜひとも登ってみたいですね。
まずは近くの山で練習と体力づくりかな・・・。
最近、カメラやレンズも入る登山用のデイバックを物色しています。
[ 2009/06/29 00:01 ] [ 編集 ]

すずさん、こんばんは!

金峰山は見た感じだとハードル高そうに見えますが、経験者と一緒という前提
では結構楽な山なんですよ^^
歩く距離は長いですが他の山に比べてアップダウンが少ないです。
記憶に新しいかと思いますが、乾徳山の方が数倍大変です(笑

そうですね、近場の山を何度か歩いた方が良いですね。
引っ越したばかりなので、長期的な計画で宜しいかと思います^^
とりあえず一緒に登るとしたらこの山にという感じです(笑

日帰り登山でも上着・雨具・食料・飲み物など荷物がかさばります。
カメラザックは撮影機材的には抜群ですがそれ以外の収納が意外に少ないです。
私もいろいろ悩んだ結果、登山用のザックになりました。
その代わりにカメラジャケットやレンズポーチを購入しました。

ザックは背負い心地が重要なので買う前に必ず背負って下さい。
経験上、チェストベルトとウエストベルトはあった方が良いと思いますよ!
参考までに今もっているザックは・・・。
カリマーJURA20とモンベルのチャチャパック35です。
[ 2009/06/29 20:42 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://desertfoxblog.blog27.fc2.com/tb.php/554-1df6a980


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。