スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

瑞牆山 ~瑞牆山荘→富士見平~

mizugakiyama01.jpg
(α700 & DT16-105mm/F3.5-5.6)
当ブログでは今回のように写真を交えた、登山記的なエントリーも名物としていきます(笑
予定通り瑞牆山に登ってきました^^
まずは瑞牆山の迫力有る姿を見る事ができる、みずがき自然公園を目指します。
公園までの林道にも瑞牆山の撮影ポイントがあり、紅葉時にはたくさんのカメラマンが押し寄せます。
この写真も公園途中の林道からのもので、瑞牆山の雄姿が視界に広がる人気の撮影ポイントです。
駐車場に到着すると何人かの登山者が大きなザックを背負って登りはじめるところでした。
この公園からの登山道は悪路という事なので、私はいったん下った瑞牆山荘から登ります。

mizugakiyama03.jpg

前のエントリーでも似たような写真がありました^^;
右側のニョキっとそびえる大岩がこの山の名物の大やすり岩です。(大やすり岩の左のピークが山頂)
この岩の高度を越えると頂上が近いのでしょう。

mizugakiyama02.jpg

ちなみにここまでの3枚は帰り(夕方)に撮影しました。
午前中は薄い陽射しとは言え、強烈な逆光だったので順光に代わる夕方に撮影しました。
計算外だったのは夕方には思った以上に雲が厚く暗くなってしまった事です^^;
ちなみに風景に溶け込んでいるこの建物はトイレです。

mizugakiyama04.jpg

この写真はトイレの外壁に貼ってあった注意書き・・・。
でもこの熊の絵ってヒグマですよね、北杜市さん気持ちは分かりますがツキノワに変えて下さい・・・。
本当にヒグマが出没する山なら登りません。(本州にはヒグマはいません)

mizugakiyama05.jpg

かなり脱線しましたが・・・瑞牆山荘付近の無料駐車場に車を停めて準備を開始します。
梅雨時なので駐車場は思ったほど混んでいませんでした。
登山道入り口には立派な案内板があり、流石は日本百名山をという感じが伝わってきます。

mizugakiyama06.jpg

いよいよ登りはじめです・・・なんだかんだで9:50でした^^;
富士見平まで50分、瑞牆山頂まで2時間50分、金峰山頂まで4時間10分と書かれています。
今を10:00と仮定して、(撮影時間を多めに加味して)おおよそ3時間30分で山頂には13:30の予定です。
お昼ちょっと過ぎで良い感です♪

mizugakiyama07.jpg

意外とワイルドな登山道で力んで入るといきなりバテそうな感じでした。
登りが苦手なので体力を消耗しないようにとことんゆっくり登ります。
ここで温存した体力が得意な下りで威力を発揮します^^

mizugakiyama08.jpg

天気も曇りではあるものの、時より陽射しもあって雨の心配はなさそうな感じです。
強い陽射しがない分、涼しくて登りやすいなんて思いながら登っていきます^^
登山道沿いに広がる森はマイナスイオンたっぷりで爽やかな空間が広がります。

mizugakiyama09.jpg

そうこうしているうちに富士見平に到着しました。
瑞牆山頂まで1時間50分、金峰山頂まで3時間30分と書かれています。
金峰山には2度登っていますが、何れも大弛峠からなのでその標高差は223mです。
このルートからだと標高差は1000mを軽く越しそうです・・・ちなみに今登っている瑞牆山の標高差は713mだそうです。
いつかこのルートから金峰山を目指したいと思います。

mizugakiyama10.jpg

富士見平には富士見平小屋があり、トイレやテント場もありました。
所要時間は案内どおりの50分、かなりゆっくりでしかも撮影しながらだったので驚きました。
この山のコースタイムの設定はかなりゆったりしたのもだと思います。
乾徳山もそうでしたが、ゆったりした時間設定は気持ちに余裕が生まれ安心できます。
御坂山系の黒岳なんか私にとっては、どんな健脚が登るのかと思うような強烈な時間設定でした(笑
山頂へは(自分の中での)予定の13:30よりも早く到着するかも知れないです。

次回へと続きます・・・。


[ 2009/07/05 22:47 ] 山歩き・山梨百名山 | TB(0) | CM(4)

こんばんは。
ぉぉ、瑞牆山を攻められたんですね。
登山記的な書き方はとても良いです。
コース選択とかペース配分とかいろいろ参考になる情報が多くて楽しめます。
最近、蒸し暑くなってきたので山のほうは涼しいくて良いでしょうね。
ちょっとドライブして標高が上がっただけでも実感できますし。
険しい山だと逆に暑いかもしれませんが。
僕も連休に向けてなにか計画を立てようと思ってます。
[ 2009/07/05 23:04 ] [ 編集 ]

こんばんは
1枚目は、まさに撮影ポイントでしょうねぇ~
車で行けるこの場所なら、私でも絶対撮りたくなります。
登山撮影記の今後、楽しみにしてますね。(^^
[ 2009/07/06 20:41 ] [ 編集 ]

すずさん、こんばんは!

予定通り瑞牆山に登ってきましたよ!
金峰山のように稜線歩きはないですが、バイエーションに富んだ登山道は楽しかったです^^
登山記的にまとめておくと将来的に楽しみのような気がします(笑

登山でなければ心地よい気候だと思います。
仰るとおり、登っている最中は流石に蒸し暑かったです(笑
それでも陽射しが無い分、登りやすかったんだと思っています。

山に興味があるならいろいろと参考になるかも知れないですね。
良い情報のみ参考にして、いつか山を目指して下さいね!
連休中の計画が楽しみです!(登山と言う事ではないですよ)
[ 2009/07/06 20:58 ] [ 編集 ]

青流さん、こんばんは!

紅葉時にはこのカーブはカメラマンだらけになります(笑
山の木々が黄色に染まりそれは見事な景色なんですよ。
みずがき自然公園もそびえたつ瑞牆山も迫力満点です。

迫力有る岩山を間近で見れる場所は少ないと思います。
もし山梨に撮影に来るのでしたら是非行ってみて下さいね!
林道なので平地では見れない紅葉が見れると思いますよ^^

瑞牆山登山記の続きもお楽しみに!
[ 2009/07/06 21:08 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://desertfoxblog.blog27.fc2.com/tb.php/560-8b0183d4


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。