瑞牆山 ~山頂制覇~

mizugakiyama21.jpg
(α700 & DT16-105mm/F3.5-5.6)
ついに山頂に到着しました!到着時刻は12:50と予定の13:30よりも40分も早くなりました。
撮影時間を加味しても登山口の案内どおり2時間50分で登りきった事になります。
登山中の撮影は時として面倒な事もありますが、適度な休憩となって意外と効率良いペースになる事もあります。
なかなか厳しい山でしたが上には上があるもので、黒岳、乾徳山に次いで3番目に大変だった山となりました(笑
頂上ではお昼を食べる人や撮影を楽しむ人などで賑わっていました。
休憩する間もなく撮影をはじめますが、素晴らしい景色が私とα700を迎えてくれました。

mizugakiyama22.jpg

α700も山デビュー達成です!しかも日本百名山の瑞牆山ですから申し分ないでしょう^^
一緒に山を登った事で、より一層 絆が深まると思います(笑
南アルプスや富士山が見えないのは残念でしたが、雨が降らなかっただけでも有り難かったです。

mizugakiyama23.jpg

周りに登山者が居たので良いアングルで撮れませんでしたが山梨百名山の証も。
景観が厳しい事で避けていましたが、意外とあっさり登れた瑞牆山。
4月に足慣らしで登った乾徳山の効果かも知れないです^^;

mizugakiyama24.jpg

となりのピークと八ヶ岳を一緒に。
なんだか人が踏みならしたような空間がありますが、あそこまで登れるのだろうか・・・。
こちらの頂上より高度感がありそうな感じです。

mizugakiyama25.jpg

大やすり岩が遥かに下に見えます。
地上からだと頂上に競り合う勢いでしたが、実際は頂上よりはかなり下に位置しています。
condorさんちょっと勝ち誇り気味^^;

mizugakiyama26.jpg

金峰山のエントリーとは逆に瑞牆山から見た金峰山を・・・かすかにですがシンボルの五丈岩が見えます。
流石は奥秩父山系の盟主と目される金峰山、何気に格の違いを感じさせてます。

mizugakiyama27.jpg

手前の岩場をアップで・・・岩屋にはたまらない景色なんでしょうね(笑
私には目が眩むような景色でした^^;

mizugakiyama28.jpg

大弛峠からの金峰山登山は優しいイメージが有りますが、こちら側はかなりの厳しさが伝わってきます。
尾根伝いに登る醍醐味ある登山になること間違いなしではないでしょうか。
富士見平から3時間30分と瑞牆山より倍近く掛かりますが、見れる景色を想像すると是非とも挑戦したくなります^^

mizugakiyama29.jpg

山頂へ出る直前に撮影したものですが、なんとか散らずに残っていたアズマシャクナゲです。
アズマシャクナゲの木はいたるところで見かけたので、最盛期の登山道はこの花に綺麗に飾られるのでしょう。
気温差の影響でしょうか頂上付近には咲いている花もありました。

mizugakiyama30.jpg

頑張ってくれたα700をザックにしまい、逆にザックに固定しているステッキを外して下りの準備です。
滑りやすい斜面で三点確保が出来るので下りのみステッキを使用します。
頂上で撮影&昼食&くつろぎを満喫して出発は13:40でした。
もっとゆっくりしたかったんですが、風が強くなる場面もあり天候悪化が心配だったので早めに行動しました。
心配された雨に降られる事もなく、駐車場に到着したのは15:30でした。

α700の山デビューもですが、瑞牆山は今年の目標の山でした・・・。
新たな目標の南アルプスの山々へというテーマがありましたが、今は全く別の事を考えています^^;
瑞牆山方面から金峰山を登りたくなりました。
切り立った稜線を五丈岩を目標に進む・・・考えただけでもワクワクします^^
新たな希望を胸に帰路につきました。


[ 2009/07/07 19:48 ] 山歩き・山梨百名山 | TB(0) | CM(8)

こんばんは
登頂おめでとうございます~
苦しい道のりを乗り越えたからこそ出会える景色があるんですね。
頭の中ではすごく理解できますが、身体はそういう体験を拒否するσ(・_・)です。(爆)
いいのです。condorさんのお写真で楽しませてもらえますから。(^^
すばらしい景色をありがとうございました~
[ 2009/07/07 22:20 ] [ 編集 ]

写真を撮りながらでも、案内通りの時間で登られるなんて、スゴイです。
急な傾斜の登山道でも、息切れなど無縁なcondorさんなんでしょうね。
わたしは野辺山の標高でさえ、自転車に乗ると息切れしますよ。(笑
最後のカラマツ林(ですよね?)、おにぎりの美味さが倍増しそうないい雰囲気ですね。
[ 2009/07/08 00:41 ] [ 編集 ]

くぅぅ、山頂の景色は最高ですね。
いろんなものを見下ろすのは気分良いでしょう。
写真から感動が伝わってきますよ。
あと、きっといろいろなものに対して感謝の気持ちも出てくるんでしょうね。
世界観が変わるのがわかるような気がします。
[ 2009/07/08 00:49 ] [ 編集 ]

登山の心得、慣れた洞察力、さすがですね~。
まるで、一緒に登ってるかのようです。
楽しい登山、厳しい登山、色々な山に登られて感服してます!
私は体力に自信がないので、見学だけにしておこうかな(笑)
[ 2009/07/08 09:16 ] [ 編集 ]

青流さん、こんばんは!

ありがとうございます^^
今回はα700の山デビューだったのでちょっと力が入りました(笑
早くも目標クリアできたので、秋には更なる目標をと思っています。

仰るとおり山の写真は苦しい道のりを乗り越えたからこそ撮れるものだと思います。
山に登る人間はその苦しさも含めて、山に魅せられるんだと思います。
私のほんの少しだけそんな気持ちが分かりはじめた気がします^^

登山記はこのブログの個性として、これからも続けて行きたいと思います!
[ 2009/07/08 21:36 ] [ 編集 ]

murasaki4649さん、こんばんは!

奥秩父山系のコースタイムがゆったりというのが大きいです。
あと主だった草花もなく、展望も少なく脱線要素が少なかったと思います。
これが金峰山のような稜線登山になると脱線時間が非常に多くなります(笑

健脚ではないので斜面では息はキレキレですよ・・・欲張らずにマイペースが肝心です^^
私はともかく・・・好きで続けている方には大きな経験があると思います。
murasaki4649さんと一緒に自転車で走ったら、私はバテるどころではなさそうです^^;

最後の写真はカラマツ林で、その背後には瑞牆山が見える雰囲気満点の場所でした!
[ 2009/07/08 21:39 ] [ 編集 ]

すずさん、こんばんは!

大分慣れてきましたが、それでも頂上は興奮します。
曇りだったのが残念でしたが、なかなかの高度感で気持ち良かったですよ!
感動が伝わりましたか?とても嬉しいです^^

どんな山にも信仰があるので神々しい雰囲気はありますね。
間違いなく世界観は変わります・・・ゴミには敏感になりました。
あと大きな達成感に感動を覚えますよ^^
すずさんにも味わって欲しいと思います。

最初に苦手意識を持たない山に登ってくださいね!
[ 2009/07/08 21:41 ] [ 編集 ]

チューリップさん、こんばんは!

登山記だと臨場感があるかも知れないですね^^
天候が不安な時は登らないのが一番ですが、登った以上は早めの行動が重要です。
雨具も持参していましたが、できれば濡れたくないですよね。

体力も重要な要素ですが、マイペースでゆっくり登れば問題ない山もありますよ。
危険なのに単独行が多いのは、遅くも早くもマイペースで登りたい人が多いのです。
きっとチューリップさんにもピッタリなペースがあるはずですよ。

登山記は今後も続けますので楽しみにしていて下さいね!
[ 2009/07/08 21:44 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://desertfoxblog.blog27.fc2.com/tb.php/562-5de0b294