スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

再戦!鳳凰三山

DSC05847.jpg
(α700 & DT16-105mm/F3.5-5.6)
9月10日、鳳凰三山を縦走してきました。
計画的な登山でしたが前回の苦い経験から予告はしませんでした(笑
今回も予告して断念したらこの山が因縁の山になってしまいそうだったのと、自分に対するプレッシャーを掛けないためでした^^;
楽しんでこそナンボの趣味登山ですから。
ルートは青木鉱泉を基点に登りにドンドコ沢、下りに中道という前回と同じ設定。(下りの中道は未経験)
荷物は踏破重視の軽装備・・・常に持ち歩く三脚すら今回はお留守番でした^^

DSC05766.jpg

青木鉱泉にて駐車場代を払い登山計画書をポストに提出して出発はAM6:00でした。
五色の滝(最後の滝)までは撮影せずに登りに集中します^^
前回の経験からこの滝を給水ポイントと撮影開始ポイントに設定しました。
1リットルのペットボトルを2本携帯していましたが片方は空でした。
少しでも荷物を軽くしたかったので給水ポイントにて2本体制になります(笑
(ドンドコ沢は川沿いなので沢水には不自由しません。)

荷物が軽いのも手伝って目標時間よりも30分も早く五色の滝に到着します^^
(コースタイム等は後のエントリーでまとめる予定です)
しかし気持ちが緩み撮影と給水と休憩にて貯金を使い果たします^^;
それでも登りで貯金を作れたのは安心材料となりました。
天気も良く体調も万全なので足取りにも気合が感じられます。

DSC05788.jpg

五色の滝から40分程で鳳凰小屋に到着です。
前回は鳳凰小屋を通過する時には気分が悪くなってましたが、今回はその兆候すらありません。
五色の滝にてしっかりと休みましたが、休憩中の登山者に話しかけられたので小休止。
その登山者は2人組で鳳凰山が日本百名山の100座目、つまり最後の山という羨ましい方々でした。
私の軽装備に驚いて声を掛けてくれたのですが、日帰りと言ったら更に驚いていました(笑
鳳凰小屋には水場があるので給水にはこちらがお勧めです。

DSC05799.jpg

鳳凰小屋を後にして前回の撤退ポイントも後にします・・・目指すは地蔵岳の頂上です。
ちなみに前回の撤退ポイントは頂上まで30分のポイントでしたが、この30分の登りが壮絶でナイスな判断だったと思います^^
その壮絶な30分の登りですが、急登な上に砂地なので思ったように進めないのです(笑
それでも目前に迫ってくるオベリスクが励みにもなり、1歩・・・また1歩と高度を上げて行きます。

DSC05809.jpg

高度が上がるに連れてこれから目指す観音岳もその姿を現します。
この辺りからガスが強くなりだしますが、ペースアップはとてもできません^^;
運に身を任せてゆっくりと登ります。

DSC05817.jpg

唯一撮った高山植物の写真。
何という植物か分かりませんが赤い実のコントラストがとても印象的でした。

DSC05820.jpg

鳳凰小屋から50分程で地蔵岳(2764m)の頂上に到着します。
頂上には誰もおらず暫くは自分だけの時間が流れます・・・前回見れずにいた頂上なので感慨深いものがありました。
間近で見たオベリスクも想像どおりの迫力で感動しました。
甲府盆地からも見えるとんがり頭を直下から見ているのです^^

DSC05832.jpg

オベリスクと賽の河原のお地蔵さんたち。
地蔵岳独特の風景なんでしょうね。
そしてその背後には彼が佇んでいました・・・。

DSC05827.jpg

甲斐駒ヶ岳(2967m)・・・憧れが目標に変わる瞬間。
この山に憧れて低山から登りはじめて、ついにここまでやって来ました。
次の目標はあなたです。

DSCF11672.jpg
(F50fd)
甲斐駒ヶ岳への挨拶も終わっていよいよ縦走コースに突入です!
多少ガスってますが見通しは良く、周りの山々や縦走コースもはっきりと見えます。
赤抜沢ノ頭(あかぬけざわのあたま)を越せば富士山も見えてくると思います。
期待を胸に地蔵岳の頂上を後にします・・・。

次回へと続きます・・・


[ 2009/09/12 08:47 ] 山歩き・山梨百名山 | TB(0) | CM(4)

鳳凰三山制覇、おめでとうございます!
私の、湖東三山制覇とはレベルが違います。比べることが間違ってますが。(笑)
どのお写真からもcondorさんのうれしいお気持ちが伝わってきます。
今回も、普通の人には絶対撮れない山岳写真をわくわくしながら拝見してますよ。
写真的には、4枚目と8枚目が好きです。
とくに8枚目は、広角の使い方が抜群ですね。さすがです!
[ 2009/09/14 22:14 ] [ 編集 ]

う~ん、迫力ありますね。
天気もまずまずですし、ほんと絶景です。
読んでいて気合が伝わってきますし(笑)
前回の経験が生かされての成功だと思います。
おめでとうございます。
[ 2009/09/14 22:41 ] [ 編集 ]

青流さん、こんばんは!

無事制覇できました、ありがとうございます!

登りは前回も通ったコースだったので気持ち的には楽でした。
山岳写真は登る苦労もありますので、好みの絵が撮れたときの喜びは大きいです^^
特に前回の撤退ポイント以降を登ったので感慨深いものがありました。

本格的に登山をはじめて2年目ですが、きっかけは甲斐駒ヶ岳に魅せられた事でした。
甲斐駒に登るには力量的にどうしてもクリアしておきたい鳳凰山でした。
晴れていつでも挑戦できる状態になりました^^

4枚目、8枚目をお褒め頂きありがとうございます!
2枚とも思い入れのある場面なので嬉しいです。
8枚目は湾曲も良い感じに味なり満足な1枚になりました。
DT16-105mmは山では必殺のレンズになりそうです(笑
[ 2009/09/15 20:16 ] [ 編集 ]

すずさん、こんばんは!

ありがとうございます!

憧れの山の挑戦権も掛かっていたので力が入りました(笑
私にとってはこの山を制覇しないと始まらないテーマがありました。
ようやく甲斐駒ヶ岳を目標する事ができました!

おっしゃるとおり、前回の経験が非常に大きかったです。
はじめての山は未知の世界なので下見は大事なんだと・・・。
そういう意味では良い下見になった前回でした^^;

この後にガスが強くなってしまいますが、標高を考えたら仕方ないと思います。
それでも絶景の稜線歩きを満喫できましたよ!
[ 2009/09/15 20:17 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://desertfoxblog.blog27.fc2.com/tb.php/581-066562cd


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。