感動の稜線歩き ~鳳凰三山 縦走コース~

DSC05849.jpg
(α700 & DT16-105mm/F3.5-5.6)
ちょっと時間が経ちましたが前回の続きです・・・。
地蔵岳の頂上から甲斐駒ヶ岳への挨拶を終え、観音岳そして薬師岳へと向う縦走コースへと進みます。
晴れて2010年の目標の山は甲斐駒ヶ岳になりました^^
地蔵岳の制覇と甲斐駒ヶ岳への挨拶で達成感満点のcondorさんですが、思わぬ伏兵の赤抜沢ノ頭(あかぬけざわのあたま)が
立ちはだかります(笑
写真は北岳(3193m)、華麗なる№2に相応しい貫禄です。

DSC05891.jpg

今回のコースで1番手を焼いた赤抜沢ノ頭(あかぬけざわのあたま)への登り・・・。
達成感モードになっていたので歩き出して暫くで足が止まりました^^;
写真は赤抜沢ノ頭の険しい表情。

DSC05905.jpg

赤抜沢ノ頭を越すと鳳凰小屋へ戻る分岐があります。
もちろん向うは観音岳です^^
バックには仙丈ケ岳(3033m)。

DSC05864.jpg

この区間はガスの中だったので、ちょっと前(赤抜沢ノ頭)の写真ですが白峰三山。
右から北岳(3193m)、間ノ岳(あいのだけ 3189m)、農鳥岳(3026m)と続く山並み・・・。
仙丈を含め南アルプスが誇る3000m級の山々です。
もっと力を付けて挑戦したいものです^^

DSC05880.jpg

周りの山々に目移りしますが現在の主役は観音岳です。
赤抜沢ノ頭の登りにてスイッチが切り替わっていたのでこの登りは大丈夫でした(笑
ちなみにこの登りが今回のコースでは最後の登りになります。

DSC05947.jpg

観音岳頂上から振り返って・・・。
1番後ろに甲斐駒ヶ岳、右に地蔵岳、左に赤抜沢ノ頭と素晴らしい展望です。
写真を撮るなら観音岳(2840m)が良さそうです。
鳳凰三山の最高地点にて(携帯で)自宅へ生存報告をしました(笑

DSC05945.jpg

向うべく薬師岳(2780m)方面へ目を向けて・・・。
周りの山々も見事ですが、観音岳から薬師岳のコースは富士山を見ながら進む最高のロケーションです。
かなりガスが多くなって来てますが、好みの絵は撮れていたので気楽な感じで進めました。

DSC05934.jpg

薬師岳と富士山。
もちろん天気が良ければもっと撮りたかったですが、自然が相手なので仕方ありません^^;

DSC06005.jpg

薬師岳に到着。
振り返ると観音岳はガスに包まれかけてました。
この後は濃いガスに覆われて薄っすらとしかその姿を見ることはできませんでした。
なかなか良いタイミングで歩けたと言う事で・・・(笑

DSC06009.jpg

薬師岳到着時は14:09・・・案内どおり下りで3時間45分掛かると18:00近辺で暗くなってしまう・・・。
薬師小屋5分の文字に誘惑を感じながらも、大急ぎで撮影を終了して下り支度をします。
14:15には薬師岳を後にします。

案内も分かりやすくロスなく下りの中道コースへ・・・そしてひたすら下ります・・・下る・・・下る・・・。
結局、青木鉱泉には16:50に到着したので、2時間35分で下りきったことになります。
コースタイムが大まかで助かりました^^
暗くなるのを恐れていた事もありますが、私にとって中道コースはドンドコ沢より下りやすい印象でした。
これも前回の途中撤退があったからこそ言える事だと思います(笑

無事に青木鉱泉に到着して鳳凰三山を制覇する事ができました!
いろいろありましたが日帰りでこのコースを歩けた事は自信になりました。
来年には挑戦するであろう甲斐駒ヶ岳への良いステップにもなるかと思います。
本当は前回の鳳凰挑戦で成功して、今回は(再度、鳳凰ではなく)甲斐駒ヶ岳という野望もありましたが・・・。
焦って大怪我するなという山の神のお告げだと思う事にします^^;


[ 2009/09/16 22:54 ] 山歩き・山梨百名山 | TB(0) | CM(6)

こんばんは。
3000メートル級はまた世界が違いますね。
全てを見下ろす景色ばかりで上空から撮影しているような雰囲気です。
こんなところへ日帰りで行ってしまうcondorさんに感動しましたよ!
来年の甲斐駒ヶ岳も楽しみですね。
[ 2009/09/16 23:11 ] [ 編集 ]

山登りも、気楽な気持ちで登れるといいですね。
けっこう、周りの情報やら、自分の中での思い込みで、登る前にパテちゃったりです(笑)
今年の夏~秋も、なかなかハードでしたね。
お疲れ様です。
まだまだ、続きそうで安心しました☆
[ 2009/09/17 07:20 ] [ 編集 ]

すずさん、こんばんは!

ひときわ高い観音岳からの展望は素晴らしかったです。
まさに地蔵岳や薬師岳を見下ろす雰囲気で爽快でした。
前回も含めて今までの苦労が報われた気持ちがしました(笑

北岳などの3000m級の山にも憧れますが、まずは甲斐駒ヶ岳(2967m)の制覇です。
この山を登るために頑張ってきたので、考えただけでもワクワクします♪
恐らく来年になるかと思いますが楽しみにしていて下さいね!

山登りはいかに自分のペースを保つかが鍵だと思います。
ペースが鈍くても休憩が少なく、持続できれば結果的に早いという事もあります。
自分のペースが掴めれば思ったより長く歩けると思いますよ^^
[ 2009/09/17 20:27 ] [ 編集 ]

チューリップさん、こんばんは!

何事も下見が大事ということですね(笑
今回すんなり歩けたのも前回の失敗があったからこそなのです。
1度歩いていると力の入れ加減が分かりますから^^

この時期の忙しさは毎年の事ですが、今年の忙しさは異常でした(笑
でも充実した夏を過ごす事ができました!
この連休はちょっとゆっくりしようかと思います。

登山はこれからも続けますよ^^
来年には大きな目標もありますし、これからも楽しみにしていて下さいね!
[ 2009/09/17 20:31 ] [ 編集 ]

こんばんは
今回も気持ちの良い山岳写真に目の保養をさせてもらいました。
案内板がさっき立てたばかりのような新しさですね。(^o^)
こういうものを整備するのもたいへんな苦労があるんだろうなぁと想像します。

最近は北アルプスでの事故が続いておりますが、これからも気をつけて登ってくださいね。
北アルプスといえば、高校生の時、西穂高のロープウエイ駅から西穂高独標まで登ったことがあるんですよ。
あの稜線歩きは、今でも印象に残っています。
[ 2009/09/17 21:10 ] [ 編集 ]

青流さん、こんばんは!

鳳凰三山の縦走コースは想像どおり素晴らしい景色でした。
この日は人も少なく静かな登山を楽しむ事ができました。
私的には(登山2年目の)夏山を締めくくるピッタリの山だったと思います。

案内板もですがいたるところに赤ペンキで目印があって歩きやすかったです。
登山道を整備させる方々の熱意を感じました。
その苦労で安全な登山ができるのかと思うと、感謝の気持ちで一杯になりました。

西穂高独標の登頂は良い思い出ですね!
北アルプスの山々は荒々しいので、制覇した時の気持ちは最高でしょうね。
私も甲斐駒ヶ岳の次は北アルプスを予定しています。
日帰り可能な燕岳ですがね^^;

ご心配ありがとうございます!今後も安全第一な登山を心掛けます!!
[ 2009/09/17 23:04 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://desertfoxblog.blog27.fc2.com/tb.php/582-55abf764