鳳凰三山、登山のまとめ

houou-yakei.jpg
(α700 & DT16-105mm/F3.5-5.6)
9月10日に鳳凰三山に登ってきましたが、この夏の一大イベントでしたのでまとめの記事を作ってみました。
結果的に大成功に終わった鳳凰三山の登山でしたが、8月24日の無念の撤退があっての成功となりました。
はじめての山は全てが未知数なのでとても怖いものです・・・徐々にランクを上げていってもそれは同じです。
北アルプスでは頻繁に遭難が起こってますが、厳しい岩山に登れるスキルを持って登っているのか疑問に思う事もあります。
「もしかしたら行けるかも知れない」の裏にある、「もし失敗したら死ぬかも知れない」を忘れたくないものです。
ゼロにする事はできないにしても、各々の注意次第で避けられる遭難もあるかと思います。
(写真は笛吹市から見た甲府盆地の夜景と鳳凰三山と甲斐駒ヶ岳)

鳳凰三山制覇への道のり。

風呂敷を大きく広げてしまった第1回目の前夜・・・「鳳凰三山へ」。
失敗登山になった8月24日・・・「惨敗、鳳凰三山」。
それでも撮ったドンドコ沢の滝・・・「惨敗、鳳凰三山 ~ドンドコ沢の滝たち~」。
8月24日の登山が成功していたら、この日(9月10日)は甲斐駒ヶ岳に挑戦する予定でした・・・「再戦!鳳凰三山」。
失敗があったからこそ大きかった喜びの縦走コース・・・「感動の稜線歩き ~鳳凰三山 縦走コース~」。

以上、鳳凰三山制覇への道のりでした^^

houou-yakei2.jpg
(α700 & AF75-300mm/F4.5-5.6)
最近は登山関係の検索も多いのでコースタイムもまとめました^^
前が目標の到着時間で後が実際の到着時間になります・・・ちなみに目標時間はネットにて見つけたものです。
撮影時間が掛かると思って中高年の団体さんのタイムを目標にしました。

青木鉱泉             5:50    6:00

青木鉱泉では駐車場代を払ってから、駐車券を車のフロントガラスに置くために戻ります・・・。
この悪循環さえなければもう30分早く出発できます。
明け方狙い等で夜間登頂をする場合は、駐車場が無料の御座石鉱泉からの登りが有利になります。
しかし縦走して中道を下ると青木鉱泉からさらに40分ほど歩く事になります(笑
   
南精進ヶ滝            7:20    7:13
白糸の滝             8:46    8:17
五色の滝             9:23    8:50

五色の滝までは順調に貯金を作っていきます。
登りが苦手のcondorさんなので、中高年の団体さんのタイムであっても貯金は嬉しいものです^^
しかし五色の滝にて(たいした写真も撮れなかったのに)撮影を楽しんでしまいます。
給水ポイントに設定していたので登山道から川まで降りて給水します。
鳳凰小屋で給水するのがセオリーですが、前回に小屋直前で体調不良になったので大休止も兼ねてここで。

鳳凰小屋            10:00    10:00
地蔵岳              11:12    10:50

やはり高山なのでしょう、10:00を過ぎる頃からガスが出始めます。
地蔵岳の頂上ではオベリスクと甲斐駒ヶ岳の雄姿を楽しめます。

観音岳              12:35    13:00

赤抜沢ノ頭の登りでうんざりしますが、ここまで来れば登りはほとんどありません^^
背後には甲斐駒ヶ岳・地蔵岳・赤抜沢ノ頭が見え、前方には薬師岳へと続く稜線と富士山という絶好のロケーションです。
もちろん右手には北岳を筆頭に南アルプスの山々を見渡す事ができます。
地蔵岳での撮影時間が響いて遅れ始めます。

薬師岳              13:05    14:09

観音岳にて昼食をとった事もあり、大きく目標時間から遅れます。
目標時間はあくまでも目標ですが、1時間遅れるとはじめて下る中道コースが心配になります。
計算的には17:30には青木鉱泉で余裕でしたが、案内板の(下り時間)3時間45分を見た途端に不安になります(笑

御座石                      14:45
中道登山道入り口       16:03    16:23
青木鉱泉            16:30    16:50

結果的には快調に下れて16:50には青木鉱泉に到着できました。(最後はバテ気味ですが^^; )
ネットでは中道を登ってドンドコ沢を下る人が多い印象ですが、中道は目安になるポイントが少ないです。
個人の相性もあるかも知れないですが、私にとってはドンドコ沢を登って中道を下るのが良さそうでした。
ドンドコ沢の登りは滝がチェックポイントになりますし、コースタイムの把握もし易いかと思います。
何よりも縦走コースを富士山を見ながら進めるのは爽快だと思います。
(写真は甲府盆地から見える鳳凰三山・・・「この稜線を歩いたんだな・・・」と思える場面)

以上、鳳凰三山の登山のまとめでした^^


 
[ 2009/09/19 12:43 ] 山歩き・山梨百名山 | TB(0) | CM(2)

少しづつ、登山のリアル感が伝わってきます。
目標とされているのと、遭難されないよう、おこたらない準備。
さすがです。
どうぞ、お気をつけて登山を楽しんでくださいね。
写真、楽しみにお待ちしていま~す☆
[ 2009/09/19 08:42 ] [ 編集 ]

チューリップさん、こんばんは!

この夏の一大イベントでしたのでまとめてみました。
お付き合いいただき、ありがとうございます!

写真を撮りながらの登山は時間に気を使います。
ネットの記録が参考になったので、私も記録として残しました。
誰かの役に立つといいな~、なんて感じに^^;

今は甲斐駒ヶ岳への挑戦権を獲得できたので非常に満足です(笑
来年はいよいよ憧れの山への挑戦がテーマになります。
これからも安全に登山を楽しみたいと思っています!
[ 2009/09/19 21:28 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://desertfoxblog.blog27.fc2.com/tb.php/583-eb571c43