スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

冬枯れの渓谷

nishizawa301.jpg
(α700 & DT16-105mm/F3.5-5.6 C-PL)
この週末は晴天に恵まれないと言う事で、毎度お馴染みの西沢渓谷へ行って来ました。
渓谷撮影は流れをスローシャッターで撮影する関係もあり、フラットな光りの曇りは撮影し易かったりします。
天候と時期のおかげでひと気の無い静かな渓谷歩きと撮影を楽しむ事ができました^^
渓谷の遊歩道は雪も氷りも無く最深部の七つ釜五段の滝まで進めました。
ただ倒木などで荒れていて危険な場所も数ヶ所有りました。
トップ画像は最深部近くのカエル岩を・・・(笑


nishizawa302.jpg

東沢吊り橋より。
この渓谷へは何度も来ましたが、ここから鶏冠山の展望が無かったのは初めてです。
条件に左右される富士山撮影が連続したので、癒しを強く求めていましたが寒さでそれどころではない・・・(笑
予報では雪の心配はなかったはずですが、空を見ると今にも降ってきそうな感じでした。

nishizawa303.jpg

三重の滝、上部二段。
今回は歩き重視のスタンスだったので、撮影は気楽な感じで思い思いにシャッターを切りました。

nishizawa304.jpg

人面洞手前の流れ。

nishizawa305.jpg

竜神の滝。

nishizawa306.jpg

滑りながらも流れ際まで近寄って(笑

nishizawa307.jpg

唯一陽射があった時間帯・・・明暗差が生まれるので白飛びには神経を使います。

nishizawa308.jpg

七つ釜五段の滝。
今回は縦でなく横にして新鮮さをアピール^^;
流石に凍ってません・・・ちなみに2月に訪れた時の様子は 「冬の西沢渓谷(最終回) ~七つ釜五段の滝~」 にて。

nishizawa309.jpg

七つ釜五段の滝、上部三段。

nishizawa310.jpg

復路には木材運搬用のトロッコ軌道跡があるのですが、今までは説明のみでトロッコのイメージはありませんでした。
紅葉時期には多くの観光客が訪れる場所なので非常に良い試みだと思いました。
殺風景な軌道のみより遥かに絵になりますし、記念撮影スポットにもなりそうな気がしました^^
今回は雪と氷に閉ざされる前の西沢渓谷を歩いてみました。
次回の挑戦は厳冬季か!?


[ 2009/12/17 22:33 ] 滝・渓谷・渓流 | TB(0) | CM(8)

なかなか厳しいお写真に、言葉を失ってしまいました!
カエル岩が、何とも哀愁を誘っています。

いつものこととは言え、冷え込みの滝の写真は、心に沁みますネ。
この冷え込みの中、冬の撮影は断念すべきなのか?
それとも、もっと熱く暖冬写真を望んでいくべきなのか?
ちょっと思案中です。
良いアドバイスがあれば、またよろしくお願いします☆
[ 2009/12/17 23:08 ] [ 編集 ]

チューリップさん、こんばんは!

カエル岩はいろいろな角度から楽しめます。
もっとカエルっぽい角度もありますが、全体的なバランスでこの写真に^^
空を見上げるカエルに哀愁を感じましたね。

滝には新緑や紅葉も似合いますが、雪や氷もその存在感を高めてくれます。
何よりも人を寄せ付けない厳しさが凄いところでもあります。
暖冬の昨シーズンは挑戦できましたが、今シーズンはどうでしょうかね・・・(笑

限度もありますが冬は冬らしく、雪や氷はあって欲しいところです。
この冷え込みがチャンスなら狙っていくのがよろしいかと思いますよ。
もちろん装備(服装やらタイヤやら)を整えてが前提ですよ^^
[ 2009/12/18 00:11 ] [ 編集 ]

アドバイスありがとうございます。
カエル岩も、さぞや喜んでいることでしょう。

この冷え込みはチャンスと私も感じてます。

人を寄せ付けないという点で、私の馴染みのカメラマンさんを思い浮かべました。
その方も、本当にカチカチの人間なのか?困ってしまうことがあるんですよ。
何とか言ってやって欲しいものです(笑)
[ 2009/12/18 07:35 ] [ 編集 ]

こんばんは。
西沢渓谷、とても気になってます。
歩くのも写真を撮るのも楽しめそうですね。
過去エントリーの凍った滝の写真はかなり驚きました。
今回のも流れる様子が伝わってきて良い感じですね。
さて、次回の挑戦は・・・楽しみにしてます。
[ 2009/12/18 23:22 ] [ 編集 ]

チューリップさん、こんばんは!

チャンスと思えることを実行していれば後悔はないですよね^^
もちろん自分の身の丈にあったというのが前提ですが・・・。
この冷え込みをも見方にした良い写真が撮れると良いですね!
私もかげながら応援しています!!

カエル岩が応援しているかは分かりません^^;
[ 2009/12/19 03:00 ] [ 編集 ]

すずさん、こんばんは!

冬場は七つ釜の滝より上部は通行止めなので周回できません。
どうせなら周回できる季節が楽しいと思います。
気になっているようなので、春先あたりに声を掛けようかと思っています(笑

山梨には数多くの渓谷がありますが、西沢渓谷は王道的な雰囲気があります。
物静かではないですが、何故か癒しを求めて足が向きます(笑

昨年は暖冬のおかげで厳冬季の最深部へ行けました。
今の時期でこの冷え込みだと、今年は厳しいかも知れないです^^;
[ 2009/12/19 03:25 ] [ 編集 ]

こんばんは
冬枯れの渓谷タイトルにふさわしく、冷たい空気感が伝わってくるお写真ばかりですね。
この時期にしては、水量も豊富な気がしますが、どうなんでしょうか。
6枚目は滑るのを恐れずに近づいたおかげで迫力の1枚ですね。
9枚目は、切り取りがとっても好きです。
[ 2009/12/19 21:22 ] [ 編集 ]

MJKさん、こんばんは!

そうですね、この時期にしては水量が多かったと思います。
2枚目の東沢大橋からの眺めはあまり多くないのですが、別の沢になる西沢渓谷
では多かったのは不思議な気もしました。

厳冬季よりは酷くないと思いますがとても寒かったです(笑
そんな条件だったので空気感が表現できたかも知れません^^

6枚目は滑りますが目線での迫力有る水面が撮れます。
水量が多いときは必ず撮影する大好きなポイントです。
9枚目とともにありがとうございます!
[ 2009/12/20 18:14 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://desertfoxblog.blog27.fc2.com/tb.php/612-7b6db738


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。