三つ峠山 ~雲海の上に立てる山~

mitsutouge01.jpg
(α700 & DT16-105mm/F3.5-5.6)
富士山で大きな事故が起こりました。
1人だけでも助かって良かったと思いますが、助かっても大変な思いをしているのではないでしょうか・・・。
亡くなられた方々のご冥福をお祈りします。
冬山は2000m以下の低山で楽しんでおりますが、この事故でいささか風当たりが強くなっています。
時期も時期なので(先日の大菩薩峠にて)このまま山納めとなりそうな感じです。
今回のエントリーは今年最後の大勝負の撮影場所と決めていた三つ峠山です。
曇りの日に下見のつもりで登ったのですが、一瞬だけガスが切れて雲海上の富士山が見えました。
本番の撮影に向えそうもないと言うことでアップしました。


mitsutouge02.jpg

三つ峠山は新道峠と同じく雲海で有名です。
頂上近辺には山小屋が幾つもあり、宿泊しながら朝方の撮影も可能です。
お昼を頂上くらいの予定で登りましたが、富士山の展望は全く期待できない状況でした。
しかし頂上の手間で急にガスが消えて、富士山が姿を表すと言う幸運に恵まれたのです。
1枚目が徐々にガスが消える様子です。

mitsutouge03.jpg

でもすぐに別のガスが迫り、20分ほどで富士山は見えなくなってしまいます・・・。
少ない枚数でしたが満足できるものでしたし、下見のつもりでしたから余裕の気持ちでした(笑
こういう形で(ネタバレ的に)アップする事になるとは思っても見ませんでした^^;

mitsutouge04.jpg

甲斐駒ヶ岳、来年の目標の山・・・私のスキルでは大冒険レベルです(笑
待ち受ける日本三大急登の黒戸尾根、標高差はじつに2367m。
青木鉱泉から日帰りで歩いた鳳凰三山との比較も楽しみです^^

mitsutouge05.jpg

山の天気は一瞬にして変わります・・・頂上にもガスが立ち込めてきたので撤収します。
本当はこの背後に富士山が見えるはずですが真っ白(笑

mitsutouge06.jpg

山小屋の犬のジャックはテーブルの上^^

mitsutouge07.jpg

目を凝らすと頂上(右側)に4~5人の人影が見えます。
私と入れ替わりに登ってきた登山者ですが、最悪の展望のようで気の毒です。

mitsutouge08.jpg

ガスをバックにオレンジが映えるツルウメモドキ。

mitsutouge09.jpg

高原チックで良い感じ。

mitsutouge10.jpg

結局登る前より悪条件となります・・・さっさと下山の決断をして良かったです^^
しかし笑えるくらいの急変でした。
三つ峠山は登山口から1時間半くらいで登れる山で、この時期でも軽アイゼンがあれば安全に登れます。
しかしそれは登った者が言える事で、危険な雪の山で括られてもやむを得ない事だと思います。
山納めになりそうな大菩薩峠は素晴らしい条件でしたから、思い残す事はないですけどね・・・。
残念な流れです。


[ 2009/12/20 18:46 ] 山歩き・山梨百名山 | TB(0) | CM(6)

こんばんは。
残念な事故でしたね。
お二人のご冥福をお祈りします。

1枚目から迫力ありますね。
徐々に天候が悪化していく様子がよく分かります。
山の天気はほんと運ですよね。
見事な富士山が見えてよかったと思います。
ところでジャックは大丈夫なんでしょうか・・・?
[ 2009/12/20 22:45 ] [ 編集 ]

今年の山は、もう断念なんですねぇ~。
あまりに早い決断ですネ。
もはや来年の雪景色には、負けそうかな。
今年は「一期一会」、何か忘れ物をしたような気持ちになります。
[ 2009/12/20 22:54 ] [ 編集 ]

こんばんは
富士山での事故、残念なことです。
山好きの方は、いろいろと複雑な思いで事故のことをとらえられるのでしょうねぇ。
で、お写真の方ですが、2枚目の大胆でダイナミックな構図が好きです。
富士山と雲海が視線と同じ高さで見られるようなカットが新鮮でした。
[ 2009/12/21 22:04 ] [ 編集 ]

すずさん、こんばんは!

事故が起こると山全体で括られるのが辛いところです・・・。
そうは言っても低山も雪があれば危険度は上がりますからね。
家族の見る目も変わってきますし、おとなしくしていようかと思いました。

登山口まで行ったものの、ガスっていたので半信半疑の登山でした。
結局視界がクリアだったのは、この数枚の写真を撮る間だけでした(笑
これもなかなか撮れる場面ではないので、これはこれで良かった事にします^^

この山は2回目ですが、ジャックはいつもテーブルの上で寝ています(笑
ここが落ち着くみたいですよ、可愛い奴です^^
[ 2009/12/21 22:31 ] [ 編集 ]

チューリップさん、こんばんは!

登山は家族の理解で成り立っている部分もあると思います。
難色を示しているなか、強行してその理解を失う事は避けたいのです。
ましてや大きな事故の後だと、山を知らない人には高山も低山もないって事です。
一期一会の景色も分かりますが、私にとって冬山はおまけレベルです(笑
早い決断とも思ってませんよ^^
[ 2009/12/21 22:44 ] [ 編集 ]

MJKさん、こんばんは!

事故は登る者よりもその周りの人々に大きな影響があると思います。
低山だとアイゼンが効かないとか、風で飛ばされるとかはないですがね・・・。
しばらくおとなしくしているつもりです。
2枚目はおっしゃるとおり、目線の高さの富士山と雲海を強調しました^^
三つ峠山の景色はないですが、こういう写真もありですよね。
お褒め頂きありがとうございます!
[ 2009/12/21 22:52 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://desertfoxblog.blog27.fc2.com/tb.php/613-66dace15