2010年、第2登 ~雪の三つ峠山~

mitsutouge11.jpg
(α700 & DT16-105mm/F3.5-5.6)
2月1日の夜半から2日未明にかけて、関東一円ではまとまった雪となりました。
全く狙ってはいませんでしたが、たまたまの平日休み(代休)だったので三つ峠山に登ってみました。
この山には富士山のライブカメラがあり、家を出る際は雲の中でした・・・。
かすかな期待も込めての登山でしたが、結果的には富士山は顔を出してくれませんでした。
翌日にはかなり溶けてしまう山梨の雪なので、新雪を踏みしめながらの登山はとても爽快でした^^
これで快晴だったら素晴らしい1日になったことでしょう・・・。
(三つ峠山は今回を含めて3度目の登山となります)


mitsutouge12.jpg

観光地やスキー場近辺の道路とは違い、登山口までの林道は除雪されていないので厄介です。
1番上の駐車場まで行ったは良いが雪で入れない・・・Uターンも出来ないのでバックで下の駐車場まで戻ります^^;
ようやく支度を終えて登り始めるときに、本日1番にこの山に入った登山者が降りてきました。
終始膝ラッセル(深さが膝くらいの雪を掻き分けながら)の道中に疲れ果てたと第一声(笑
車の数から先行者は恐らく5~6名ほどかと思いますが、登山道は中途半端なボコボコ加減が非常に歩きづらい・・・。
ラッセル泥棒(人の掻き分けた跡を歩く)の分際でいろいろ言うのはアレですがやはり歩きづらい(笑

mitsutouge13.jpg

ちなみに登山口の標高は1294mで頂上が1786m。標高差は492mとハイキング感覚で山容も穏やかです。
雪山登山と言うよりスノーハイキング的な感覚でしょうか。コースタイムは林道歩きも含めて2時間くらいでした。
写真は三つ峠山荘と四季楽園との分岐。全ての人が撮影スポットで有名な三つ峠山荘を目指して右側を進みます(笑

mitsutouge14.jpg

富士山の展望も期待できないでしょうし、迷わず足跡1つない左側を進みます。
たいした距離ではないですが膝ラッセルを楽しめました^^
雪は思ったより積もっていて、膝が埋まるくらいあった。この道を進むと四季楽園の裏手に到達します。

mitsutouge15.jpg

四季楽園から少し戻った展望から三つ峠山山頂(開運山)を・・・。
1番右のピークが頂上。NHKやNTTのアンテナ群が独特の風景を作り上げます。
NHKニュースなどで頂上からの映像が使われますが、これらのアンテナのカメラによるものです。

mitsutouge16.jpg

四季楽園から頂上を目指しますが、吹雪いたり穏やかだったりの繰り返し・・・。
足跡が極端に少なくなる・・・先行者は2名くらいか。

mitsutouge17.jpg

途中の展望より四季楽園のある尾根を。5枚目とは対照的な1枚。
こう見るとそこそこ怖い場所に建っているんだと(笑

mitsutouge18.jpg

先行者はこの山が初めてなのか健脚なのか、じつは登山道とは別の方向へ進んでいます(笑
わざわざ急斜面を・・・と、またまたラッセル泥棒の分際で^^;
左上に見えるとんがり頭は釈迦ヶ岳。

mitsutouge19.jpg

頂上直前の撮影ポイントに到着。
何故か先行者の足跡はここで折り返していた・・・おかげで足跡1つない頂上を満喫できました^^
頂上は強風激しく、いつのまにか完全防備の服装になってました。
(行動着+インナーダウン+ゴアテックスのレインウエア+目出帽+ゴーグル)

mitsutouge20.jpg

足跡1つない頂上にて記念撮影(笑
標高こそ2000mに満たない山ですが頂上のみは別世界でした。
しかしお昼過ぎの到着なのに頂上1番乗りとは良い経験させてもらいました^^
これで富士山の展望があれば言う事なしなんですがね^^;
過去の傾向的に15:00あたりから雲が切れる事もあるので、三つ峠山荘まで下り15:00までは待ちました。
まあ、無駄な抵抗に終わりましたが・・・(笑

mitsutouge20-omake.jpgおまけ

下山中(16:00近辺)に急に空が明るくなり、帰りの林道では富士山が確認できました。
残念な気持ちもありましたが、御坂峠の展望まで行ってしばらく撮影を楽しみました(笑
ものは考えよう・・・1枚でも富士山を撮れたのでよしとします^^
チャンスがあれば、雪化粧の三つ峠山からの富士山を。
今回は単独行でしたが、何故か風当たりはなかった・・・(笑


[ 2010/02/06 00:13 ] 山歩き・山梨百名山 | TB(0) | CM(8)

さすが山梨の峠の雪景色、美しいですね。でも、怖さも伝わってきます。
最後に富士山が顔を出したのは、がんばったご褒美でしょう。
ところで、今回は完全防備の服装だったそうですが、参考までにどのような組み合わせだったのか教えてくださいませんか?
[ 2010/02/06 09:01 ] [ 編集 ]

murasaki4649さん、こんばんは!

雪の三つ峠山は(1度は諦めましたが)この冬の目標でした。
一昨年の夏にも登っていますが、念のために年末にも登りました。
山歩きは良いのですが、登山口までの除雪なし林道がネックです・・・。

完全防備の件ですが。
行動着+インナーダウン+ゴアテックスのレインウエア+目出帽+ゴーグルという感じです。
(エントリー内にも記載しました!)
吹きさらしの頂上停滞中のみでしたが、ちょっと物々しい感じもしました^^;
ちなみにアイゼンは10本爪です。

山梨の雪は降った翌日が晴れだと殆どが溶けてしまいます。
絶好のチャンスだったので、山の上から富士山が見れれば良かったのですがね・・・。
最後の御坂峠がご褒美だと思って満足する事にします^^
[ 2010/02/06 17:23 ] [ 編集 ]

こんにちは
今回は1枚目がイイですね~
左の方にある雲が効果抜群だと思いました。
7枚目も印象的です。
すごい斜面の上に建物や庭園があるんですね。
[ 2010/02/07 13:53 ] [ 編集 ]

MJKさん、こんばんは!

山梨の雪は翌日晴れると殆ど溶けてしまうので貴重な1日となりました^^
木々の雪が有るか無いかで風景は変わりますから。
意外に山梨は雪国ではないんですよ(笑

1枚目、7枚目ともにありがとうございます!
1枚目は雲が高度感を感じさせてくれて、私もお気に入りの1枚です。
四季楽園(山小屋)は際どい場所に見えますよね。テラスなんて崖の上ですし(笑
現地だと恐怖感はないのですが、開運山からの景色は一変します^^

この山も指折りの富士山撮影地なんですよ。
[ 2010/02/07 23:08 ] [ 編集 ]

雪山の服装の情報をありがとうございます。
納得しましたです。
わたしは上着だけインナーダウン+ゴアテックス素材なんですが、下も揃えようかな…。
インナーダウンって下(ズボン)もあるんですか?
[ 2010/02/07 23:08 ] [ 編集 ]

murasaki4649さん、こんばんは!

ダウンのインナーパンツもありますよ。
私は動きやすさから裏起毛の冬用のトレッキングパンツ+スパッツで済ませてます^^;
場合によってももひきをはくこともあります(笑

雨や雪の場合はゴアのレインウエアのズボンを重ね履きます。(冬の雨が怖いです)
と言ってもこれは想定で、レインウエアのズボンのお世話になった事はありません。
山をなめたらいけませんが、私が登る山々ではこの装備で十分です。
と言ってもmurasaki4649さんは自転車での利用ですよね^^;

もしダウンのインナーパンツを買いましたらレポお願いしますね^^
[ 2010/02/08 00:08 ] [ 編集 ]

またまた、ありがとうございます。
裏起毛のトレッキングパンツ、これ良さそうですね。
ダウンのインナーパンツより、着膨れしなさそうで望ましいです。(笑

自転車の時じゃなくて、-10℃程度の地域での服装のつもりで伺ってみました。
計画があるわけでもないんですが、いつか思い立った時の為に、参考にさせて頂きました。
どうもありがとうございます!
[ 2010/02/09 23:12 ] [ 編集 ]

murasaki4649さん、こんばんは!

いえいえ、分かる事ならお答えしますので気軽に聞いてくださいね^^

寒さにもよりますが運動量が有る場合には、動き優先でも良いかも知れませんね。
ヒートテックのタイツ等の組み合わせで、なかなか暖かいと思います。
ただ-10℃は結構過酷なので、ダウンのインナーパンツもあると安心のような気もします。

昨年末に試しにユニクロのULダウンを買いましたが、思った以上に良くできていました。
ダウンのインナーパンツも(安く)作ってくれないですかね(笑
とりあえず買ってザックに入れておきたいです^^;

釈迦に説法だと思いますが・・・。
屋外から暖かな室内に入った時にカメラの結露に注意してくださいね。
[ 2010/02/10 00:35 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://desertfoxblog.blog27.fc2.com/tb.php/633-1bee6197