スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

北精進ヶ滝

syoujigataki015.jpg
(α700 & DT18-70mm/F3.5-5.6(D) ND4)
前のエントリーでは地蔵大橋まででしたが、今回はその先の北精進ヶ滝の展望ポイントを目指します。
石空川渓谷からの北精進ヶ滝も十分に迫力がありますが、滝までの距離が遠いのが難点でした。
目線の高さに広がる北精進ヶ滝の雄姿を想像すると、林道を進む足取りが自然と速くなるのでした^^;
ただし、その絶景を見るためには恐らく100m以上はあろうかという絶壁に立たねばならないのです・・・(笑
今回の目的地は絶景ポイントでもあり、絶叫ポイントでもあるわけです。


syoujigataki016.jpg
(α700 & DT16-105mm/F3.5-5.6)
展望ポイントを目指す前に地蔵大橋からの景色を・・・眼下には精進ヶ滝橋も見えています。
霞が強かったので入れませんでしたが、背後には八ヶ岳も見えました。
コンディションが良い時に改めて来てみたいです。

syoujigataki017.jpg
(α700 & DT16-105mm/F3.5-5.6 C-PL)
逆側には地蔵滝。

syoujigataki018.jpg
(α700 & DT16-105mm/F3.5-5.6)
地蔵大橋からしばらく進むと林道の終点となり、ここからは山道を進む事となります。
やはり北精進ヶ滝を世に売り込むために作られた林道という事なのでしょうか・・・。
道中にはトラロープが張ってあり、安全に展望ポイントまで進めます。
登山や渓谷歩きでは豚革手袋を常用してますが、100均のイボツキ軍手でも持っていると安心でしょう。
熊鈴とともに山に入る者の心得みたいなものですね^^

syoujigataki019.jpg

地蔵大橋から20~30分で展望ポイントに到着します。
1人展望台的な狭いスペースですが、訪れる人も少ないので問題ありません。
凄まじい高度感を想像していましたが、木も茂っているし山登りで慣れたせいか恐怖感はそれほどありませんでした。
余裕と思いロープを掴みながら岩の向こうを覗くと・・・もはや余裕ではいられない景色でした(笑

syoujigataki020.jpg



syoujigataki021.jpg



syoujigataki022.jpg

木の間から滝の直下が見えてます・・・。
ロープを支えにしながら撮影していると、腕をアブに刺されてパニクリました^^;
逃げられない狭いスペースでの襲撃は勘弁です(笑
アブはアレでしたが、独り占め状態で心行くまで滝撮影を楽しむ事ができました^^
今回の滝撮影では岩のシットリ感を残すためにNDフィルターをチョイス。
フィルター径の関係で DT18-70mm + ND4 となりました。


[ 2010/06/15 20:15 ] 滝・渓谷・渓流 | TB(0) | CM(6)

登山を趣味にする人は、高所恐怖症では無い素質も必要なのでしょうね。
いや、高所を克服する“勇気”が肝心ということ…かな。
ともあれ、condorさんは高いとこもアブも克服しているとこがたいしたもんです。(笑
だけど、アブは痒みが続きそうで、大変でしょう?
早く、治りますように。
[ 2010/06/16 00:40 ] [ 編集 ]

murasaki4649さん、こんばんは!

ありがとうございます!
しばらく痒かったですが、おかげですっかり良くなりました^^
執拗にアタックしてきてたので、意識はしていたんですがね。
撮影に夢中になっているところをやられちゃいました(笑

高いところは慣れもあるかと思います。
山登りをはじめた頃はいたるところで足がすくみましたよ。
でも、その時の恐怖感を忘れないように心掛けています^^

高所は慣れで克服できそうですが、アブやハチは勘弁です(笑
[ 2010/06/16 21:23 ] [ 編集 ]

こんばんは
写真で高度感を表すのは難しいですよね。
そういう点で、5枚目に写っているロープと赤い目印が効果的だと思いました。
高所恐怖症の私なら、足がすくんで動けないような場所なんでしょうね~
ロープをつかんで向こう側を覗くなんて、とてもとても。(^_^;)
[ 2010/06/16 21:31 ] [ 編集 ]

MJKさん、こんばんは!

高度感を表現するのも本当に難しいですね。
岩のギリギリまで行けば良いのですが、間違いがあったらいけないので自重しました。
ならばという事で手前の木々とロープを入れて表現してみました^^
意図を汲み取っていただきありがとうございます!

高所恐怖症だと地蔵大橋の上の方が厳しいと思いますよ(笑
空中に浮いているような感覚にもなります。
それに昭和46年竣工が頭にありますからね・・・。
私も多少怖かったですが、空腹には勝てずに橋の上でお昼にしました^^
[ 2010/06/16 23:15 ] [ 編集 ]

あんまり葉が繁ってると滝が見えないんじゃないかと思ってた
んですが、思ったよりも見えていて、しかも新緑との取り合わ
せが素晴らしいですね。
観瀑台からの光景も素晴らしいですけど、この場所だと滝に
かなり近いので、迫力がすごいです。
私の場合はトラロープより先の岩より頭を出して下を覗いた時
の高度感にやられました。高所恐怖症ではないつもりなんで
すけど、怖かったですね~

しかし、この場所でのアブは本当に勘弁して欲しいですよね。
ゾッとします。。
[ 2010/06/18 00:45 ] [ 編集 ]

よ~かんさん、こんばんは!

こちらにもありがとうございます!

よ~かんさんの写真があまりにも怖かったので覚悟していました。
が、観瀑台からの景色は恐怖感もなく素晴らしいの一言でした。
よ~かんさんの写真の表現力、凄すぎです^^

木々を絡めた写真が好きなので、ほどよい存在感が有り難かったです。
滝の直下も見えているので、紅葉の時期も良いかも知れませんね。
高度感を表現するにはロープの前へ出て撮るのが良いでしょうね(笑
でも私にはちょっと無理そうです^^;

アブの襲撃には本当に焦りました。
凄く小さなアブなんですが、その痛さときたら・・・。
逃げたくても逃げれない場所だけにパニくりました(笑
[ 2010/06/18 22:39 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://desertfoxblog.blog27.fc2.com/tb.php/689-6b6565d1


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。