黒戸噴水滝 ~桑の木沢探勝路~

kuroto001.jpg
(α700 & DT18-70mm/F3.5-5.6(D) ND4)
桑の木沢探勝路の最深部の黒戸噴水滝へ行ってきました。
写真では見づらいですが最上部に右から左へアーチのような噴水が名前の所以でもあります。
この滝を見るのは3回目で前回は2008年の秋でした。
ネットや現地情報では、崩落等で進めない箇所があると聞いていましたが、無事に滝まで辿り着く事ができました。
しかし崩落でルートが遮断されている箇所もあり、渡河や迂回などセンスが求められる場面もあります。
一般の方にはお勧めできませんが、沢屋さんには全く問題ないレベルだと思います。


kuroto-map.jpg

篠沢大滝キャンプ場の直前にある北杜市の無料駐車場(地図①ポイント)に車を停めて徒歩で進みます。
ちょっと前にアップした篠沢大滝と同様にひたすら林道を進みます。
②の先や③にも駐車スペースはありますが、今回は真面目に歩いてみました(笑
(青線の桑の木沢探勝路のルートは限りなくイメージに近いものです)

kuroto002.jpg

出発して20分ほどで篠沢橋に到着。(地図②ポイント)
案内指標もあるので間違えないと思いますが、桑の木沢探勝路は右へと進みます。
左の橋を渡って進むと若干の駐車スペースと簡易トイレがあります。
簡易トイレは工事業者が使っているものを一般にも貸してくれている感じです。
駐車スペースですが工事車両や釣り人の車が停まっていると停められない可能性があります。

kuroto003.jpg

篠沢橋から3分も進めば現れる林道ゲート。(地図③ポイント)
ここにも2台ほどの駐車スペースがあります。
②のポイントと同様の不安点があるので、私と同じく北杜市の無料駐車場に停めるのが無難です。
篠沢大滝の時はゲートの脇をすり抜け○○○で林道を進んだなんて口が裂けても言えません^^;

kuroto004.jpg

ゲートより25分ほどで桑の木沢橋に到着。(地図④ポイント)

kuroto005.jpg

さらに5分ほど進むと桑の木沢探勝路の入り口に到着。(地図⑤ポイント)
篠沢大滝へと進む場合はここより林道を30~40分。そして登山道を30~40分歩く事になります。

kuroto006.jpg

桑の木沢探勝路入り口からしばらく進むと現れる東屋。(地図⑥ポイント)
奥の橋を渡ると渓谷道となります。
出発してからざっくりと1時間というところでしょうか。

kuroto007.jpg

渓谷道は道なき道という感じで、良く言えば自由度が高いルートという感じです(笑
注意深く周りを見ればハシゴや高巻く方向を察知できるのでなんとかなると思います。
古いリボンやかすかに残った赤ペンキなどがいい感じに手助けとなります。

kuroto008.jpg

途中で切れてるハシゴ。
初めて見る方は驚くかも知れませんが、2008年の時もこんな感じでした(笑

kuroto009.jpg

最後のハシゴも随分荒れていました。
このハシゴを登った後、左側に進み小滝を高巻きします。
草に覆われたぬかるみのトラバースですが、不安定のため細心の注意が必要です。
足元の泥とともにずり落ちそうになった跡は私のものです・・・^^;

kuroto010.jpg

黒戸噴水滝に到着。
東屋(地図⑥ポイント)から1時間20分というところでした。
到着してお昼を食べていると陽射しがなくなり風も強くなってきました。
恐ろしく湿った風だったので撮影を簡単に済ませて撤収しました。
単独でしたし雨で増水も嫌だったので、今回はこれでよしとしておきます^^
渓谷道は苔などで岩が滑りやすく、ソールの材質が合わないとかなり危険です。
私は登山靴で歩きましたが、フェルトソールの靴が欲しくなりました。
気軽に行ける篠沢大滝と比べるとハードルはかなり高くなる印象でした。


[ 2010/07/11 10:59 ] 滝・渓谷・渓流 | TB(0) | CM(2)

こんばんは~♪
いやあ、行きたいですね、ここと篠沢。
私は渡河や迂回とかのセンスはいまいちなので、ちょっと厳しい
かもしれないけど、こうして緑の中の素晴らしい景色を見てしまう
とウズウズします。一枚目の写真、すごくいいですね~
condorさんの絵はとても繊細さを感じられて素晴らしいです。
あ、途中の切れている梯子の写真も結構好きです(笑)
それと、分かり易いレポと地形図が嬉しいですね。行く時の参考に
させて頂きます。・・・北精進ヶ滝も行きたいし、いつに時間を作
ることが出来るのかって感じですが・・・
[ 2010/07/18 00:10 ] [ 編集 ]

よ~かんさん、こんばんは!

噂どおり崩落等で沢の様相が変わり、倒木を迂回する渡河が数多くなりました。
より安全に歩くという面で浅い場所での渡河や迂回にセンスが必要だと感じました。
高巻く場所も朽ちかけた木の階段や梯子で察知でき安心です。
北精進を遡上されたよーかんさんなら全く問題ないレベルだと思いますよ。

ただ原生林の様相で苔が多く大変滑りやすいので注意が必要ですね。
邪魔になる場面もありますが、ステッキがあった方が安心だと思います。
レポ形式にしたのはよ~かんさんに挑戦してもらいたかったからです^^
地蔵大橋の時には大変お世話になりましたからね(笑

1枚目を褒めていただきありがとうございます!
本当はじっくりと撮りたかったのですが、強風に恐れをなして逃げるように・・・^^;
噴水が綺麗に入るアングルもあるので、それはよ~かんさんにお願いします(笑
もし質問などがありましたら、お気軽にこのエントリーもしくはメールフォームにて^^

機会がありましたら是非挑戦してみてください。
[ 2010/07/18 19:14 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://desertfoxblog.blog27.fc2.com/tb.php/696-f7b3092c