スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

甲斐駒ヶ岳 ~黒戸尾根コース~

kaikoma001.jpg
(α700 & DT16-105mm/F3.5-5.6)
本日、憧れの山、そして2010年の目標の山である甲斐駒ヶ岳(2,967m)に登ってきました。
コースは山好きの人なら殆どが知っている、日本三大急登の黒戸尾根コースです。
歩行距離は18.5km、標高差はじつに2,201m。このコースを日帰りするのが2010年の目標でした。
このような難関コースなので各地より猛者が集まります(笑
私は決して快速登山者ではないですが、難関だからこそ 「憧れの山」 という思いからこのコースを選択しました。
写真は甲斐駒ヶ岳山頂(右)と雲に包まれる仙丈岳(左)。


kaikoma002.jpg

刃渡りにて日の出。
もうすぐ五合目。

kaikoma003.jpg

富士山と鳳凰山。

kaikoma004.jpg

甲斐駒ヶ岳山頂付近を見上げて。
右には三本の剣が刺さる岩。
八合目付近。

kaikoma005.jpg

イルカ(みたいな)岩(右)。

kaikoma006.jpg

山頂に迫るガス。

kaikoma007.jpg

山頂の祠。
山頂まであとわずか。

kaikoma008.jpg

同じく山頂の祠。

kaikoma009.jpg

山頂の祠。太陽と青空とともに。

kaikoma010.jpg

南アルプスにも雷鳥はいます。
今回はダイジェスト的なエントリーとなりましたが、詳細を別エントリーで予定しています。
アップした写真を見る限りでは好条件に見えますが、富士山、鳳凰山、北岳等の山々はガスの中でした。
山々の展望はないにしろ西から北にかけては青空が広がっており、祠などの山頂の風景はいい条件で撮影できました^^

甲斐駒ヶ岳は人気の高い山で、憧れの山と思う人も多いでしょう。
北沢峠からは日帰りハイキング的に登れるので、いとも簡単に憧れの山を踏破することも可能です。
昨年に挑戦した鳳凰三山の日帰り縦走は、今回の黒戸尾根コースの予行演習でした。
1回目の失敗により北沢峠からの登頂も考えましたが、難関に挑戦する事を優先して翌年の夏に見送る事に・・・。
そして2010年8月18日、ついに甲斐駒ヶ岳の頂きに立つ事ができました。
山頂の祠を見ながらの最後の登りでは、いい歳して溢れる涙を我慢する事ができませんでした(笑
まだまだ半人前の登山者ですが、黒戸尾根コースから登れた事は大きな自信となりました。

甲斐駒ヶ岳:標高2,967m、日本百名山&山梨百名山。


[ 2010/08/18 21:59 ] 山歩き・山梨百名山 | TB(0) | CM(10)

素晴らしいですね。
甲斐駒ケ岳の山頂付近はこのようになっているんですね。
「山頂の祠を見ながらの最後の登りでは、いい歳して溢れる涙を我慢する事が・・・」
7枚目の画像を拝見しながら、↑このくだりを読ませて頂いて、私も思わず感情移入してしまいました。
[ 2010/08/19 21:39 ] [ 編集 ]

あら~、昨日、拝見した時には「コメント」書けなくて・・・。
残念と思ったんです。。
ガスっているわりには、クリアなお写真ですネ。
「最後の登り」・・・機会があれば、もう一度くらいのお気持ちで、
山登りされているのが伝わってきました。
ホント、機会があれば私も一度くらい、ご一緒に山登りしたいと
思いましたよ☆
7枚目、いいですね~(笑)
[ 2010/08/19 23:13 ] [ 編集 ]

純さん、こんばんは!

感情移入していただき、ありがとうございます!
一年ずれの悲願達成に感無量になってしまいました^^;
7枚目の景色は一生忘れないと思います。

甲斐駒ヶ岳は信仰の山と呼ばれるだけあって、道中も山頂も神々しい雰囲気でした。
お盆休み後の平日だったので、人が少なかったのも良かったです。
周りの山々が見えれば完璧だったんですがね・・・。
それはまたの楽しみにしておきます^^
[ 2010/08/20 18:59 ] [ 編集 ]

チューリップさん、こんばんは!

コメントの件はごめんなさいね。
一時のお休みだったので、どうするのか悩みながらのアップでした^^;
週末を越えれば通常運営に戻れるかと思います(笑

一緒に登りたいですか?
じゃあ甲斐駒ヶ岳なら北沢峠からですね!
3時間くらいですし、ペースを掴めば簡単に登れると思いますよ。
いつか、きっと。ですね☆

7枚目、ありがとうございます!
[ 2010/08/20 19:04 ] [ 編集 ]

こんばんは
ついに目標の山を制覇されたのですね。おめでとうございます!
登山をしない私ですが、これまでにこのブログで拝読した山紀行を思い出すと、
甲斐駒ヶ岳がcondorさんにとって特別な山だということがよくわかります。
上りやすいコースではなく、難コースに挑んだことに意味があるのですね。
詳細な登山記を楽しみにしています。
[ 2010/08/20 21:35 ] [ 編集 ]

MJKさん、こんばんは!

返事が遅くなり、申し訳ありませんでした。

制覇の祝福の言葉、ありがとうございます!
甲斐駒ヶ岳には登る予定だったのに、仕事の関係で登れなかった過去があります・・・。
仲間に預けた私のカメラのみ登頂に成功しました(笑
そのカメラには素晴らしい景色が写っており、いつか私も制覇したいと思っていました。

日帰りに関しては力試し的な部分もあります^^;
ここを日帰りで登れれば、日帰り可能な山は殆ど登れる裏づけにもなります。
変な意地を張らずに山小屋に泊まって、早朝撮影の方が一般的でしょうね(笑
次回にはそうしたいと思います。

登山記アップまでもう暫く掛かると思いますが、気長に待っていてくださいね^^
[ 2010/08/23 00:44 ] [ 編集 ]

こんばんはw

甲斐駒ヶ岳登頂すばらしいです!
2・7・8枚目の写真はとても幻想的ですね。
凄い光景に圧巻でした。

最後の雷鳥、とても可愛いですw
見た感じ飛べなさそうですが・・・
飛べないはずないですよね(笑
[ 2010/08/23 17:39 ] [ 編集 ]

ケニティーさん、こんばんは!

こちらではお久しぶりです!

2、7、8枚目へのコメント、ありがとうございます^^
甲斐駒ヶ岳は信仰の山なので、道中も頂上も神々しい雰囲気なんですよ。
2枚目は刃渡りといってナイフの様な一枚岩を越える絶叫ポイントです。
あまり怖くなかったですけどね(笑

雷鳥は人馴れしていて近づいても全然逃げません。
10枚目も4~5mくらいしか離れてなかったんですよ。
ネタバレになっちゃいますが、偶然にも飛ぶ姿を撮影できました^^
今月中にはアップすると思うのでお楽しみに!
[ 2010/08/24 22:02 ] [ 編集 ]

素晴らしいですね。しかも写真もとても美しいです。そして最後
の雷鳥がすっごくかわいい。

しかし、標高差2200・・・しかも日帰り! 約10㎞を登りってこと
ですよね? 私には全く考えられない世界です。。
今日、丹沢にある大山って山にハイキングに行ってきたんですが、
標高差920mで、下りはグダグダになっているんですから、お話に
なりません(笑)
condorさんの写真の技術もそうですけど、行動力が素晴らしい!
せめて10分の1でも見習わないとなあ・・って思いますね。
[ 2010/09/01 21:57 ] [ 編集 ]

よ~かんさん、こんばんは!

ありがとうございます!

甲斐駒ヶ岳の登山では雷鳥撮影も目的のひとつでした。
遭遇率は高いと聞いていましたが、間近に見る雷鳥には大感激でした^^
ホロホロと地味に鳴いて、可愛かったですよ。

日帰りでなくても良かったのですが、ちょっと拘りがあって挑戦してみました。
長丁場過ぎて力のいれ所が分からないので大変でした(笑
長い登りでも歩き方を覚えれば、結構歩けるものですよ。

標高差920mなら登り応えありそうですね!
このペースなら長い時間でも楽に登れそう・・・というペースを見つけると楽しいですよ。
その分、下りに体力を温存できます^^

行動力は振り絞って頑張っています(笑
山梨まで遠征して来る、よ~かんさんの行動力も立派だと思いますよ^^
[ 2010/09/01 23:26 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://desertfoxblog.blog27.fc2.com/tb.php/709-6e753148


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。