スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

富士登山 ~ご来光後のスナップ~

fuji011.jpg
(α700 & DT16-105mm/F3.5-5.6)
感動のご来光もわずか数分で終わり、お鉢巡りに出発する人や朝食する人や寝る人など様々です。
個人的には眠りに入りたい気持が強かったですが、スナップする人として頑張ってみました^^
明るくなるに連れてはっきりと分かる火口や剣が峰、雲海から湧き上がる雲など素晴らしい景色が広がっています。
この光景が富士山の魅力なんですね。
綺麗な景色はご機嫌なのだが、いつまで続くのだろうかこの頭痛は・・・という思いで撮っています^^;


fuji012.jpg

ご来光を迎え撃つ、大日岳付近に陣取った我らが山頂守備陣(笑
何気にこの日(8月24日)は空いていたようで、あっけなく壊滅しそうです^^;

fuji013.jpg

太陽に照らされる剣が峰、そして露になる火口。
白く見えるのは万年雪。

fuji014.jpg

剣が峰をアップで。
日本最高峰碑での記念撮影渋滞でしょうか、たくさんの人が見えます。

fuji015.jpg

お鉢巡りの人たちが迫ってきます^^

fuji016.jpg

前の写真の人たちの流れに乗ってお鉢巡り開始。
道中の雲海スナップ。

fuji017.jpg

雲海を見ながらの朝食組み。

fuji018.jpg

そして眠りにつく人たち。
山頂ではそこらじゅうにゴロゴロ寝ている人がいて笑えました(笑
ここで眠ったら良い夢が見れそうですね^^

次回はお鉢巡り編・・・かも知れません^^;


[ 2010/08/27 00:00 ] 山歩き・山梨百名山 | TB(0) | CM(8)

今回は2、5、7枚目に惹かれました。
適度な画角で、高嶺の山頂の様子が良く分かりますね。
雲上の世界ですね~。
[ 2010/08/27 06:20 ] [ 編集 ]

純さん、こんばんは!

2、5、7枚目に惹かれていただき、ありがとうございます!
これらの写真を中心に作ったエントリーなので嬉しいです^^

風景撮影では人物が嫌われますが、スナップなので積極的に入れてみました。
雲海と絡んで臨場感が生まれ、富士山ならではの絵が撮れました^^

雲上の世界は素敵でしたよ。
写真を見ていてまた行きたくなってきました^^;
[ 2010/08/27 18:53 ] [ 編集 ]

今回も、楽しそうな登山写真ですね☆

道中の「雲海」も見られて良かったですね。

私も頂上で「ごろごろ」してみたいです(笑)
[ 2010/08/27 19:14 ] [ 編集 ]

チューリップさん、こんばんは!

頭痛がアレでしたが楽しかったですよ!

雲海は時間が経つに連れて厚みを増して見事になっていきました。
下山する頃には四方が雲の絨毯のようでした。
きっと下界からは富士山は見る事ができなかったでしょうね。

頂上で雲海を見ながらの朝食や仮眠は極楽だと思いますよ。
チューリップさんも何年か後を目標に準備しては如何ですか?
そして実際の頂上でゴロゴロと^^
[ 2010/08/27 19:59 ] [ 編集 ]

こんばんは
遠くから見る優美な富士山とは異なって、荒々しい山頂付近の様子がよく伝わってきますね。
雲海が遙か下に見える6,7,8枚目に魅力を感じます。
自分の足で登った人だけが味わえる極楽世界ですね~
[ 2010/08/27 22:48 ] [ 編集 ]

MJKさん、こんばんは!

遠くからは優しい山容ですがやはり火山ですね。
火口を覗くと過去の噴火の凄まじさを感じる事ができました。
一周するのに一時間以上というのも凄まじいです(笑

雲海を下に見た3枚に魅力を感じてくださり、ありがとうございます!
このエントリーでは登ってない人がイメージできるような構成にしました。
その意図が伝わったようで嬉しいです^^

そして・・・MJKさんのところで言った関ヶ原の件ですが・・・。
関ヶ原の合戦マニアなんですよね、私^^;
笹尾山や松尾山の陣所跡なんかが見れたらな~・・・なんて思っての発言でした^^
意味不明でスミマセンでした。
[ 2010/08/28 20:24 ] [ 編集 ]

ふたたびこんばんは
関ヶ原のこと、理解しました~(笑)
condorさんが関ヶ原の合戦マニアだったとは知りませんでした。(笑)
仕事で行く予定は今のところありませんが、そのうち週末撮影に行っちゃうかも。
決して無理に行こうとしているわけではありませんよ。
撮影テーマを示唆していただき、ありがとうございます。
[ 2010/08/29 21:44 ] [ 編集 ]

MJKさん、感謝です!!

関ヶ原は命を懸けた人間模様が深いんですよね。
戦う者、傍観する者、そして裏切る者。全てが命懸けの決断だったと思います。
ちなみに私は石田軍団の戦いぶりに惹かれています^^

多くの大名がひしめき合った場所なので、陣所跡など被写体は豊富でしょうね。
興味のある人だったら、結構楽しめるかも知れないです。
無理のない範囲でお願いしますね!
その気持ちだけでもありがたいと思っています。感謝です^^

もしタイムマシンがあったら・・・。
南宮山より霧に霞む西軍の鶴翼の陣を見てみたいです(笑
[ 2010/08/30 00:09 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://desertfoxblog.blog27.fc2.com/tb.php/712-d1043a85


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。