スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

富士登山 ~お鉢巡り~

fuji019.jpg
(α700 & DT16-105mm/F3.5-5.6)
本命だった夜景からご来光までの撮影を終えて、せっかくなので頭痛に悩まされながらもお鉢巡りに。
お鉢巡りとは火口を一周する約3kmの周回コースで約90分くらい掛かるようです・・・と事前調べにて^^;
コース上には富士宮口頂上の浅間大社奥宮、御殿場口頂上の銀明水、標高3776mの剣が峰と見所満載なのです。
そして雲海上の影富士も見れるかも知れないのです。これは頭痛なんて言っている場合ではないのです・・・(笑
富士登山の最終エントリーとなる今回は、火口を一周するお鉢巡りから下山までをお届けします^^
写真はカラフルな登山者が眩しい剣が峰手前の風景。


fuji020.jpg

写真はありませんが浅間大社奥宮にてお参りして、お守りを買って一路剣が峰を目指します。
1枚目の右側の景色。浅間大社奥宮を過ぎると荒々しい火口が口を開けています。

fuji021.jpg

1枚目を見て分かると思いますが、時計回りでお鉢巡りする場合には結構な登りが立ちはだかります・・・。
登る途中では雲海が広がり影富士の期待が高まります。
剣が峰では日本最高峰碑での記念撮影渋滞が・・・私は並ばすに先を急ぎました。

fuji022.jpg

剣が峰を過ぎた辺りの火口の眺め。

fuji023.jpg

たくさんの人々がお鉢巡りを楽しんでいます。
右回りの人、左回りの人と様々です。

fuji024.jpg

そして影富士を撮影できて大満足^^
バックには薄っすらと南アルプスの山々が。

fuji025.jpg

振り返って浅間大社奥宮側を。
ちょっと分かりづらいですが、赤い屋根の建物が浅間大社奥宮。
そして右側には頂上富士館とトイレ。

fuji026.jpg

お鉢巡りも終盤戦。雲海の間から見えるのは樹海か。

fuji027.jpg

ジリジリと照りつける日差し。この辺りで私の朝食タイム^^

fuji028.jpg

お鉢巡り終了。剣が峰を振り返って。

fuji029.jpg

登山道からは続々と登ってきます。
この鳥居での記念撮影のため、渋滞が起こるのも富士山の名物か(笑
下山道は別になりますが鳥居の撮影のみ失敬。

fuji030.jpg

ついでに見下ろして頑張って登ってくる登山者を・・・。
国内の登山ブームや外国人登山者の増加もあって、2008年の山梨県側の登山者数を大幅に更新されるのが確定的だそうです。
(昨年はちょっと落ち着いたんですよね・・・。)
その数は25万人を越えるとも・・・その内の1人はcondorさんだったりもします(笑
で、登った感想ですが 「登っても素晴らしい山」 という印象に変わりました^^

重い三脚を担いでの夜間撮影や吐き気と頭痛に悩まされながらも、登りの6時間40分はまあまあだと思いますし。
走るように下った2時間30分もまあまあだと思います。
その前の登山が甲斐駒の黒戸尾根コースだったので、下山後の疲労を思ったより感じなかったのはすでに変態か・・・(笑

余談ですが・・・。
ご来光直後の山頂にはその仲間が歌う "Happy Birthday to You" が響き渡りました。
富士山頂で迎える誕生日とはどんな気持ちなのか?と感動的に考えながらも歌の終わりに拍手を送った。
拍手を送ったのは私だけでなく、その一角にいた人たちの殆どであった(笑
そんな気持ちになれるのも富士山の魅力なのかも知れない。

富士山:標高3,776m、日本百名山&山梨百名山 


[ 2010/08/29 23:38 ] 山歩き・山梨百名山 | TB(0) | CM(8)

富士山頂ではお鉢巡りというのがあるんですね~。
富士山のお鉢は3キロ、90分ですか、やはり大きいですね。
今回は2、6、8、10枚目に惹かれました。
[ 2010/08/30 07:15 ] [ 編集 ]

富士山の「お鉢巡り」ですか。
富士山の写真は、先回で終わりかと思いましたヨ。

「下山」するのを決めているなら、登らなきゃいいものを、登ってしまうんですネ。

私もいずれ・・・「変態」の域を超えられるよう、風景写真を参考に楽しませてもらってます(笑)
[ 2010/08/30 08:24 ] [ 編集 ]

こんばんは
富士山頂でのHappy Birthdayはすてきです。
周りの人が歌うのもなんとなくわかります。
苦しい登山をやり遂げた仲間意識のようなものがあるんでしょうね。
11枚目のカットにびびびっときました。
雲海と空の境目と鳥居の位置関係がすごくイイと思いました。
12枚目の写真が見えません。私のところだけ?
[ 2010/08/30 20:50 ] [ 編集 ]

純さん、こんばんは!

たくさんの写真に惹かれてくださり、ありがとうございます!
今回も見ている人がお鉢巡りをイメージできる構成にしたつもりです・・・^^;
8枚目はその典型の1枚なので、惹かれてくださった中にあって嬉しいです^^

火口を一周してみて改めて富士山の大きさに驚かされました。
そして暴れ山としての歴史も感じる事ができました。
登るまでは見る山という印象でしたが、まったく印象が変わって帰ってきました(笑

登って良かったです^^
[ 2010/08/30 21:24 ] [ 編集 ]

チューリップさん、こんばんは!

写真のピックアップが大変なので、やめようかと思いましたが・・・^^;
このお鉢巡りを最終エントリーとしました。
一応、見ている人も歩いているような構成にしたつもりなんですよ。
チューリップさんもちゃんと歩けましたか?(笑

またいつ来るか分からないので頑張って歩きました^^
チューリップさんは「登山変態」にならなくていいですよ(笑
でもなったら逞しいかも!?
[ 2010/08/30 21:32 ] [ 編集 ]

MJKさん、こんばんは!

歌が終わるとあちこちから拍手や歓声が沸き起こり感動的でした。
祝ってもらった本人は号泣だったと思います。
もし私でも号泣だったと思います(笑

おっしゃるとおり、苦しい登山をやり遂げた仲間意識はあるとか思います。
頂上には何もかもが大らかに見れる余裕がありました。
これも富士登山の魅力の1つでしょうね。

11枚目は雲海にそびえる鳥居は本当に素敵な光景でした。
びびびをありがとうございます!
12枚目の件は毎度の事ながらサーバートラブルかと思われます^^
[ 2010/08/30 21:43 ] [ 編集 ]

こんばんは~
富士山シリーズ、感動しました!
夜景から御来光、そしてお鉢巡りと全てにおいて、写真の質がすごく
高くてたくさん楽しませていただきました♪ 本当に素晴らしいです。

富士山はやはり一度は登ってみたいですけど、あの人の多さや高山病
になったらどうしようとか考えるとテンションが相当低めです・・・
相当下界まで下りてこないと症状は治まらなかったですか?
でももし登れたら、お鉢の中を見下ろしてみたいですね~
[ 2010/09/11 23:43 ] [ 編集 ]

よ~かんさん、こんばんは!

ありがとうございます!
富士山は風景撮影もですがスナップも楽しいです。
今思えばもっと人を絡めた写真を撮っておくべきだったと思ってます。

富士登山のコツは頑張らない事だと思います(笑
ゼイゼイいいながら登れば高山病の確立は高くなるでしょうし・・・。
山小屋ごとにじっくり休みながら登れば問題ないかと思います。

頭痛は5合目まで降りてきたら気になりませんでした。
じつを言うと、どこで痛くなくなったかは記憶がないんです^^;
8合目あたりではかなり楽になったという記憶はあるんですがね(笑

さんざん登らなくてアレですが、富士山は一度は登った方が良いですよ^^
[ 2010/09/12 20:47 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://desertfoxblog.blog27.fc2.com/tb.php/713-ceb7b950


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。