秋の収穫

DSC29770.jpg
(α700 & DT16-105mm/F3.5-5.6)
昨今の登山ブームでたくさんの人が山登りを楽しむ時代となりました。
そういう私も登山を楽しみますが、今回はちょっと変わった登山を紹介します。
人里を離れ道なき道を進み、幾つかの尾根を越えて進むのですが、そこはまさに秘境という感じの場所でした。
そしてその秘境とも呼べる場所には、奇跡にも似た光景が広がっています・・・。
秋の味覚の王者、松茸の城を目指しての登山です。


DSC29739.jpg

松茸は毎年同じ場所に生えると言われ、その場所は「城」と呼んで親兄弟にも内緒にします。
そして死期が近づいた時に、後継者に伝授されると聞きます。
まさに一子相伝、北斗神拳を髣髴させます(笑
今回は私の山の師匠の好意で誘っていただきましたが、その好意に応えるべく、城までの道中の記憶は抹消しました(笑

DSC29738.jpg

獣道を頼りに急斜面を尾根へと登るのですが、先行する師匠が大笑いしています。
尾根に上がってみると・・・これは!?はい、この写真に関するコメント禁止(爆
厳しいアップダウンを3時間くらい繰り返します。
道なき道ですからとてもキツイですよ(笑

DSC29749.jpg

そして城に到着。目の前に4本の松茸が見えます。
感動で言葉が出ません・・・あるところにはあるんですね。

DSC29751.jpg

こちらにも。いたるところに松茸があり、まさに祭り状態でした。
松茸の生え方で斜度を想像してみて下さい・・・かなりの急斜面で落ちたら大怪我です。

DSC29753.jpg

condorさんも収穫^^
根を持ってゆっくり気長に回すようにしていると徐々に抜けてきます。
滅多にできない貴重な経験に大満足です。

DSC29759.jpg

短時間に10数本の松茸を収穫できました^^
「城」という名に相応しい収穫量です。

DSC30034.jpg

次の晩には具沢山の松茸ご飯とお吸い物を美味しくいただきました^^
みなさまには味も香りもお届けできませんが、こういう世界があるという記録としてアップしました。
今年の松茸はどこも大豊作のようです。
そんな状況だからこそ、山の師匠も誘ってくれたかと思います。
誘ってくれたこと事態も嬉しかったですが、他言しないと信頼してくれた事がとても嬉しく思いました。


[ 2010/10/19 20:54 ] オフ・特殊イベント | TB(0) | CM(10)

松茸、今年は豊作らしいですね。
今日も、テレビで「日本」「韓国」「中国」産の比較をしていました。
やっぱり「日本」のものが美味しいらしいです。

安くて、ありがたいとは言え・・・
それでも、なかなか手が出ないですけれど。
こんな「宝の山」は、確かに人には教えたくないかも(笑)
道なき道というのが、ちょっと辛そうかなぁ。
よかったら、私にも、こっそり「場所」を教えてくださ~い☆
[ 2010/10/19 23:22 ] [ 編集 ]

道なき道の先には、雄々しい男神、そして松茸、素晴らしい体験ですね。
山の師匠との信頼関係も裏山粋。(笑)
[ 2010/10/20 06:54 ] [ 編集 ]

こんばんはw

赤い紅葉のバックに緑の葉が程よくボケていて、
凄く心地よい写真ですね!
マツタケ、豊作で何よりですw
しかし立派なマツタケですね~w
[ 2010/10/20 18:37 ] [ 編集 ]

チューリップさん、こんばんは!

酷暑で絶望的だった松茸ですが、9月の雨が幸いして大豊作になったようです。
価格が安くなったといっても、やはり高価なものですよね。

韓国産や冷凍物は食べた事がありましたが、採りたての天然物は初めてでした。
こういうものが好きな年齢になったというのもありますが・・・^^;
やはり天然物の香りと歯応えは別格でしたよ^^

これだけの松茸が採れる場所ですから、行くのにも相当苦労します・・・。
登山の心得はあると思っていますが、道なき道は勝手が違いました(笑
でも、そんな苦労があるからこそ、天然物の価値があるんでしょうね。

チューリップさんの頼みでも、残念ながら教えられませ~ん。
写真で我慢して下さいね☆
[ 2010/10/20 21:10 ] [ 編集 ]

純さん、こんばんは!

山へ行くと様々な奇木を見かけますが、コイツは一味違いました(笑
と、私がコメントしていては元も子もないですね^^;
雄々しい男神・・・的確な例えですね!

自然に生えている松茸を撮影するチャンスはあまりないと思います。
このようなチャンスに恵まれて、本当に幸運だと思っています。
山の師匠には感謝です^^

次回も連れていってもらえるよう、この信頼を大切にしたいと思います。
[ 2010/10/20 21:10 ] [ 編集 ]

ケニティーさん、こんばんは!

1枚目はせっかちな紅葉を撮ってみました。
おなじモミジなのに不思議と色の濃いヤツっていますよね(笑
背景が緑ということで、紅葉も引き立ったようですね。
嬉しい意見を、ありがとうございます!

ビックリするくらい大きな松茸でした^^
はじめて手にした天然物はずっしりと重量級でした。
改めて感じましたが、素人には絶対に見つけられないと思います。

改めて山の師匠を尊敬しました^^
[ 2010/10/20 21:11 ] [ 編集 ]

こんばんは
道なき道を3時間というのは相当な山奥なんでしょうね。
condorさんでさえキツイとなると、常人ではたどり着けない場所でしょう。
その意味では、城が荒らされる危険性が少ないのがイイです。^^
コメント禁止と言われると逆にコメントしたくなる2枚目ですね。
良いもの見させていただきました。(爆)
ラストの松茸ご飯とお吸い物。宅配お願いします~
[ 2010/10/20 22:45 ] [ 編集 ]

MJKさん、こんばんは!

相当山奥なので熊が心配でした。
子連れの母熊にとって、全てが敵に見える時期ですから・・・。
熊鈴はもちろん、大きな声で話しながらの山行でした(笑

登山道の3時間は問題ないですが、登りも下りも道がない急斜面はキツイです^^;
城が人間に荒らされる心配はありませんが、鹿は最大のライバルとなります。
傘の部分が大好物らしいですよ。

そうですよね、2枚目は・・・^^
でも、何を言われるか分からなかったので、先に釘を打ちました(爆
私の感想もMJKさんと全く一緒でしたよ。

次回があったら松茸ご飯とお吸い物をみんなに届けたいです~。
なんて^^;
[ 2010/10/21 21:05 ] [ 編集 ]

これはすごい!
私にはこんな機会はまず絶対ないなって思いながら、
鑑賞させていただきました。ただただ溜息です・・・
なんとなくイメージでは松の根元とか平坦な場所を
想像していましたが、急斜面に生えるんですね~
七枚目の写真にはちょっとクラクラ来ました(笑)

それにしても一子相伝(笑)の城にご同行させて貰え
るとは、condorさんのお人柄なんでしょうね♪
[ 2010/10/22 23:30 ] [ 編集 ]

よ~かんさん、おはようございます!

キノコ的には凄かったのですが、写真的にはひねりがなかったです・・・。
立つのもやっとの急斜面だったので、あまり無理ができませんでした(笑
よ~さんのキノコの写真とは大違いです^^;

生える場所はよ~かんさんのイメージで合っていると思います。
私もそういうイメージで、命懸けの場所とは思ってもみませんでした(笑
今回の場所はまさに秘境という感じで、ライバルは野生動物のみという感じです。

7枚目の写真も厳しい体勢で撮影しています。
本当にあっと言う間の10数本だったんですよ。
真上から綺麗に撮りたいところでしたが、身の危険を感じました(笑

師匠の好意には本当に感謝です。
また、いつの日か連れて行ってもらえる事を、楽しみにしたいと思います^^
[ 2010/10/23 07:08 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://desertfoxblog.blog27.fc2.com/tb.php/736-45403ff9