甲州高尾山 ~山頂→富士見台~

k-takao009.jpg
(α700 & DT16-105mm/F3.5-5.6 左上の道は中央道)
前回からの続きです・・・大滝不動尊から甲州高尾山の山頂へと向かい、更に棚横手山方面へ進んで今回の第2撮影地を目指します。
コース上には富士見台という富士山の展望ポイントがありますが、昨年も今年も富士山の雄姿を見る事はできませんでした・・・。
棚横手山のみが山梨百名山となっていますが、見所も少なく計画段階で行かない事に決めていました。
タイトルでは富士見台が目的地のような書き方ですが、実際には富士見台よりも少し先が目的地となります。
度々発生した山火事のために木々がなく、一面のススキ原が今回のメインの撮影地となります。


k-takao010.jpg

いきなりですが甲州高尾山の山頂に到着です。
標高は1,106mで大滝不動尊との標高差も200mを切るくらいのお気軽登山です^^
地図がないのでイメージが掴みづらいと思いますが、大滝不動尊、甲州高尾山、富士見台、棚横手山と周回することも可能です。
上記とは違ってショートカットしたような感じで歩きましたが、周回コースを歩いた方が効率が良かったと思います^^;
今まで歩いてきた尾根道を折り返して、富士見台の先の撮影ポイントを目指します。
ちなみに山頂への到着時間は14:45でした。

k-takao011.jpg

多分ですが、1番右のピークの先が目指す撮影ポイントで、その左のピークが棚横手山かと思われます。
晩秋の紅葉という景色です^^

k-takao012.jpg

いろいろな木々が混ざってゴチャついた感じですが、尾根道はススキが多く、この時期特有の景色を見せてくれます。
山沿いには雲が多くて富士山や南アルプスの展望はありませんでした。

k-takao013.jpg

光を受けて輝くススキ。

k-takao014.jpg

富士見台を通過すると目的地に到着です。

k-takao015.jpg

山火事の爪跡が一面のススキ原となっています。手前のスペースは防火帯・・・かも知れません。

k-takao016.jpg

撮影ポイントへの到着は15:30・・・ここで夕暮れのススキを撮影するのが今回の目的でした^^
次回のエントリーではこのポイントでの夕暮れのススキをアップします。
今回も次回のエントリーも風が強くピントが「あれ?」な写真もありますが、どうぞ寛大な気持ちで見てくださるよお願いします^^;

明日から12月ですね・・・1年の最後の月に突入です。


[ 2010/11/30 20:47 ] 山歩き・山梨百名山 | TB(0) | CM(10)

この時期の「ススキ」もいいもんですねぇ。
「富士見台」の先の展望はどうなっているのでしょうね。
私も狙ってみたいスポットでしょうかね?
そんな大胆なことを言っててはダメですね。
まずは、今年の冬は「じっくりと腰をすえて」
来春は、風の吹くまま、私も雲のように流し撮りに挑戦
ってとこでしょうか(笑)
[ 2010/11/30 22:57 ] [ 編集 ]

チューリップさん、こんばんは!

この山ではススキはまだまだ最盛期でしたよ。
昨年に続いて今年も富士山は見えませんでしたが、6~8枚目が富士見台の先の展望です。
ススキ撮影が目的でしたから、富士山が見えなくても問題なかったですがね。

次のエントリーでは夕暮れをテーマにしますが、狙いたいポイントかは分かりません。
もし見て気に入るようでしたら、狙ってみてはいかがでしょうか^^
何はともあれ、次回のエントリーをお楽しみに☆
[ 2010/11/30 23:24 ] [ 編集 ]

こんばんは。
一面のススキが見事ですね。
光を浴びて黄金に輝いている様子はとてもきれいです。
山火事の爪跡ってのがちょっと悲しいですが、壮観ですね。
これなら富士山見えなくても満足できそうです。
もちろん見えたほうが良かったでしょうが・・・。
[ 2010/11/30 23:24 ] [ 編集 ]

すずさん、こんばんは!

山火事の産物というのが悲しいですが、山肌一面のススキは見応えありました^^
昨年のロケハンから狙っていましたが、ようやく夕暮れ時に撮影する事ができました。
風で難儀しましたが、次回のエントリーも見てあげてください。

富士山は出発する時に雲の中でしたので、期待はしていませんでした。
でも今回の光景を見たら、富士山が見える場面も狙いたくなりました^^;
黄金に輝くススキ原と富士山なんて素敵な光景ですよね。

お礼がここで申し訳ないですが、CPLの口径の件、ありがとうございました!
[ 2010/12/01 00:03 ] [ 編集 ]

今回は最初の一枚に惹かれました。
手前の輝くススキ、遥か眼下に見えるカーブした車道、良い感じですね。
[ 2010/12/01 06:30 ] [ 編集 ]

こんばんは
私も純さんと同じく、1枚目にびびびっときました。
構図的にもすばらしいと思います。
次回、黄金色に輝くススキ、楽しみです。
[ 2010/12/01 20:12 ] [ 編集 ]

condorさん、こんばんは

やっぱり、ここは最初の1枚に惹かれました。
2つの道路が高度感を感じさせますし、手前のすすきが陽にかざしてきれいですね。
[ 2010/12/01 23:38 ] [ 編集 ]

純さん、こんばんは!

1枚目に惹かれていただき、ありがとうございます!

標高が低い山ですが、このアングルは高度感を感じさせてくれました。
光線の角度がちょうど良く、輝くススキが表現できました。
中央道を走る車が輝いているのも美味しかったです^^

今回撮影してみて分かりましたが、山のススキ撮影は難しかったです・・・。
ロケーションは抜群なんですが、なかなか目で見たようにはいきませんでした(笑
[ 2010/12/01 23:50 ] [ 編集 ]

MJKさん、こんばんは!

1枚目、ありがとうございます!

素晴らしい景色が広がっているのですが、見た目どおりに撮るのは難しいです。
斜面という事もあって平地のようにはいきませんでした。

山のススキ撮影は手ごわいです^^;
夕暮れのススキは感動的な景色でしたが、表現できたかは見てのお楽しみです(笑
[ 2010/12/01 23:55 ] [ 編集 ]

tazuさん、こんばんは!

1枚目に惹かれていただき、ありがとうございます!

これが唯一高度感がある写真となりました。
標高が低くても尾根からの展望は気持ちが良いです♪

光線状態も良く、手前の山の暗さでススキが引き立ちました。
ススキは難しいので好んで撮りませんでしたが、輝く穂は魅力的な被写体となりました^^
[ 2010/12/02 00:02 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://desertfoxblog.blog27.fc2.com/tb.php/755-3b53a8e6