スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

大滝不動尊 ~凍る女滝~

ootakifudou009.jpg
(α700 & DT16-105mm/F3.5-5.6)
前回は溶けていた男滝(おたき)の代わりの前滝でしたが、今回は想像以上の美しさで迎えてくれた女滝(めたき)です。
落差こそ10mあるかないかくらいだと思いますが、直下まで行けない男滝より魅力満載かも知れません。
しかもこの滝は・・・それは写真を見てからのお楽しみとしておきましょう^^
氷瀑はトゲトゲしく険しい雰囲気を感じさせますが、訪れる人 全てにその美しさを見せてくれます。
この滝は女滝・・・まさにツンデレの滝なのです(笑


ootakifudou010.jpg

前滝が見える場所では女滝の姿を確認することはできませんが、本堂まで上がるとこのように目に飛び込んできます。
来て良かった~。とホッする瞬間です(笑
もう少しアングルをどうにかしたいのですが、石垣ギリギリで下がることができません・・・。
換算24mmではこれが限界でした。窮屈でしかもパースかかりまくりですが^^;

ootakifudou011.jpg

夏場は男滝よりさらにチョロチョロな女滝ですがこのとおりです。
時間をかけて少しずつ凍った積み重ねです。

ootakifudou012.jpg

この滝の素晴らしさは氷りを内側から見れるところです。
祠もあって修行の場という雰囲気も伝わってきます・・・水量が多ければそれは素晴らしい光景だと思います。

ootakifudou013.jpg

修行中の僧侶が座禅していそうな雰囲気です。

ootakifudou014.jpg

氷と本堂を。
本堂の手前に橋みたいなものが見えますが遊歩道です・・・滝裏まで遊歩道で安全に登って来れます。

ootakifudou015.jpg

氷瀑の裏側はこの世のものとは思えないような美しさでした。

ootakifudou016.jpg

光に透ける水色がなんともいえない美しい世界を作り上げています。
しばらく何も考えずに佇んでいましたが、ジブリアニメの音楽が聞こえてきそうな雰囲気でした^^
気持ちも癒され写欲も満たされ、大滝不動尊を撤収します。次なる目的地は竜門峡です。
狙うは竜門の滝、そしてこちらも男滝と女滝・・・我ながらお洒落なプランに満足気なのである♪


[ 2011/02/08 22:28 ] 滝・渓谷・渓流 | TB(0) | CM(16)

何だか、冬景色とっても「迫力」あって、絶好調ですねぇ~。
「不動」というより、これから「躍動」していく力強さを感じます。
楽しみ!楽しみ!
ますます、私も「写真の世界」に惹きこまれそうです(笑)
[ 2011/02/08 23:08 ] [ 編集 ]

これは凄い

こんばんは

神々しさを感じる自然の芸術品ですね。
何か時間が止まったようにも見えます。
裏側から光を透かして見たアクアブルーの美しさもため息もの。
いつか見てみたいものです。
[ 2011/02/08 23:25 ] [ 編集 ]

チューリップさん、こんばんは!

迫力を感じていただき、ありがとうございます!
大滝不動尊は思った以上のクオリティーでお気に入りの場所となりました。
迫力はここがピークだと思うので、ほどほどに楽しみにしていてくださいね^^

写真はいろいろな楽しみ方があります。
チューリップさんが好きな撮り方で、のびのびと楽しんでくださいね。
いつかそんな写真が見れる日を楽しみにしています☆
[ 2011/02/09 01:02 ] [ 編集 ]

ej25さん、こんばんは!

じっくりと時間を掛けて止まった流れを・・・というのが対照的で面白いです。
仰るとおりこれこそ自然の芸術品ですよね^^

滝裏を見れるとは思っていなかったので感動しました。
水色の輝きは怪しげでもあり、美しくもあり、神秘的でもありました。

この後の竜門峡とセットでツーリングにはお勧めです。
いつか見れる日が来ると良いですね^^
[ 2011/02/09 01:15 ] [ 編集 ]

今回は3、8枚目に惹かれました。
これは素晴らしい氷瀑ですね~。
ここまで凍った姿は圧巻です。
[ 2011/02/09 06:36 ] [ 編集 ]

こりゃ、すごい光景ですね

おはようございます。
まさに、自然のなせる技ですね。
そのまま凍っちゃっうんですね。
写真で見ても大迫力ですが、生でみればその感動はすごいでしょうね。
直にみたいです。
素晴らしい景色を紹介いただいて、ありがとうございました(^^)
[ 2011/02/09 07:51 ] [ 編集 ]

夏はあまり目立たないとのことですが冬の3番の迫力は凄いです。
6の高度感、7,8の氷の美しさ!!
さすがにお勧めの隠れ滝ですね。

[ 2011/02/09 09:39 ] [ 編集 ]

こんにちは~♪
素晴らしい! 男滝は残念でしたけど、それを補って余りあるとは
このことですよね~♪
この中では七枚目が一番好きです。ため息が出る程の美しさ・・・
こういう風に逆光で氷を捉えられると本当に美しいですねえ・・・
こういう氷瀑は、勢いがある滝よりもチョロチョロと落ちて複雑な
地形を持っている方が化けるのでしょう。本当に神秘的です。蒼く
見えるってのがまたくすぐられますよね。

竜門峡も楽しみにしていますね♪
[ 2011/02/09 16:08 ] [ 編集 ]

こんばんは
女滝をお楽しみにという前エントリーの予告が、今回のお写真を拝見して頷けました。
迫力、美しさ、社や祠とのコラボにびびびっときました~
とくに1枚目、2枚目、3枚目、4枚目がお気に入りです!
[ 2011/02/09 20:02 ] [ 編集 ]

純さん、こんばんは!

3、8枚目に惹かれていただき、ありがとうございます。

時間を掛けて作り上げられる氷瀑は、通常とは全く違う姿を見せてくれます。
秋は素通りした女滝でしたが、今回は主役になり大出世となりました(笑

厳冬期に来たのは初めてですが、毎年恒例の撮影ポイントになりそうです。
女滝は思った以上の美しさでした^^
[ 2011/02/09 20:31 ] [ 編集 ]

tazuさん、こんばんは!

流れはチョロチョロの滝ですが、時間を掛けてここまで成長したわけです。
この意外性が氷瀑の魅力かも知れませんね。

直下からの女滝も見事でしたが、青く輝く滝裏は幻想的でした^^
超広角レンズがあればもう少し臨場感を表現できたかも知れません。

頑張って撮りましたが、実際の景色には遠く及びません^^;
嬉しい言葉をありがとうございました!
[ 2011/02/09 20:37 ] [ 編集 ]

enosinさん、こんばんは!

たくさんの写真に好評をありがとございます!

直下からの縦構図の3枚目は、やはり撮りたくなる構図ですよね。
ちょっと斜面の直登が辛かったですが、直下まで行って良かったです^^

滝裏まで行けるのが大きなポイントとなりました。
他の滝では表現できないような写真が撮れて満足でした♪
[ 2011/02/09 20:43 ] [ 編集 ]

よ~かんさん、こんばんは!

道中の苦労が報われる氷瀑撮影ですが、ここはいきなりその姿を見る事ができます(笑
夏の滝はちょっとショボイですが、氷瀑となると確かに化けますね。
景色としての完成度はなかなかなので、厳冬期がお勧めの場所かも知れません。

7枚目、ありがとうございます!
滝裏は幻想的&神秘的で暫く光に透ける氷を眺めました。
青く輝く氷に心も癒されました^^

竜門峡はスケールは小さいですが、大滝不動尊とのセットだと美味しいです。
冬の名物コースとなるかも知れません。
氷瀑ではありませんが竜門峡も見てあげてください^^
[ 2011/02/09 20:57 ] [ 編集 ]

MJKさん、こんばんは!

1~4枚目、ありがとうございます!

滝裏からの透かし撮影は初めてでしたので興奮しました。
なのでお楽しみの部分は滝裏だったんですよ(笑

でも撮影者的には2、4枚目にコメントをもらえるて嬉しいです^^
周りの雰囲気も楽しんもらえたようですね。

大滝不動尊&竜門峡は厳冬期の恒例行事になりそうです^^
[ 2011/02/09 21:14 ] [ 編集 ]

こんばんは。
迫力ありますねぇ。
裏側からのはほんとすごいです。
ツンデレ最高ですね(笑)
[ 2011/02/09 22:50 ] [ 編集 ]

すずさん、こんばんは!

まさにツンデレ滝ですよね(笑
滝裏から撮影できるなんて、見たときは冗談かと思いました。
直下からの眺めは重厚な感じで迫力満点でしたよ^^

すずさんのところで、休まずゆっくり登れれば・・・と聞かれましたが。
タフな雪山ではどうしても休み休みになるでしょうね。
大丈夫です。雪山は登るたびに体が進化していると思います(笑

でも、突っ込んで早めにバテる登り方より、ダラダラ持続して登る方が効率良いでしょうね^^
[ 2011/02/09 23:44 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://desertfoxblog.blog27.fc2.com/tb.php/795-b861540b


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。