常識と可能性

column001.jpg
(α700 & DT35mm/F1.8 SAM)
2006年からはじまった 「のんびり行こう!」 ですが、開設当初は写真ブログ一色という訳ではありませんでした。
身の回りの愚痴、競馬の予想や思い出などを、インチキコラム的に語ることも多かったと記憶しています。
今回は開設当初の雰囲気のままに、インチキコラムを綴ってみました(笑
ちなみに2006年の記事は非公開となっており、当時の恥ずかしいコラムを見ることはできません。あしからず。
(写真は記事の内容とはまったく関係ありません)


突然ですが、みなさんは競馬をしますか?
昨日のレースは安田記念、コマーシャルでは「可能性は人を熱くする」と語っていました。
結果は(今までの常識では考えられなかった)3歳の若駒が1着となるわけですが、なるほど、走るからにはどの馬にも
可能性があることを、改めて実感することとなりました。

物事を常識的に考えるのは、ごく普通のことですが、競馬においてはそれが命取りになることもあったりします。
長年競馬をやっていると常識では考えられないことが起こるのです。

有名なのが911同時多発テロの年の有馬記念、1着マンハッタンカフェ、2着アメリカンボスのアメリカ繋がり馬券。
失礼な言い方ではありますが、1着は予想できますが、2着は馬の力で考えると難しかったと思います。
私の周りにもこの馬券をゲットした人が何人かいましたが、口々にアメリカ繋がりと言っていました。
100円が48,650円となるスーパー万馬券も、「アメリカ繋がり」という切り口で考えた人には簡単に予想できた訳です。

column003.jpg
(dimageA1)
話は遡って1994年の安田記念の日、競馬仲間のW氏が我が家の玄関にやって来ます。
まだ競馬を覚えたての私は、W氏に教わりながら競馬を楽しんでいました。
大きなレースの時はウインズに馬券を買いに行って、我が家で観戦し、ファミコンで遊ぶというのが恒例となっていました。

このレースではW氏が惚れ込んだ牝馬のノースフライトが出走します。
距離はピッタリでしかも人気薄、W氏はこの時を待ったいたのです。
馬券は馬連といって1着と2着(順不同)を予想するのですが、前日までW氏を悩ませたのは相手選びでした。
お金に余裕のない若き日なので、候補は絞らなければならないのです。

私が玄関へ行くと、2着の候補が決まったのか、W氏の爽やかな顔がとても印象的でした。
開口一番、2-5に決まったよ!理由を聞くと「カツ丼!」の一言・・・。
当時JRAでは、(元担ぎで)競馬場でカツ丼を食べる、粋なお姉ちゃんのコマーシャルをやっていました。
理由が理解でき頷くと、「だまされと思って500円だけ付き合いな!」と言われます。
1着はともかく、こんなアホ予想には乗りませんでした。少なくても私の中では「常識的」ではなかったのです。

ウインズで馬券を購入し、いつものように自宅へと促しますが、当たって換金するのでここで見るとW氏。
2-5の1点しか購入していないにもかかわらず、あまりの自信に押しきられるようにウインズにて観戦します。
W氏の惚れこんだノースフライトは圧倒的な強さで1着、そして2着には後方から追い込み一気、トーワダーリン。
鞍上は田中勝春…カツハル・・・やはりカツ丼は来たのだ。
その夜は今まで食べたこともない旨い寿司を腹いっぱい食べました^^
(W氏は100円が14,210円となる万馬券を3,000円購入してました)

column002.jpg
(sweetD&DT18-70mm/F3.5-5.6)
話しは昨年に移って5月の天皇賞。
主役不在の混戦模様のメンバーの中にメイショウドンタクという馬がいました。
この馬はデビュー当時から期待していましたが、このレースでは18頭中で16番人気と散々な評価。
しかし天皇賞は5月2日、翌日の3日は博多どんたく、この馬にとってはここが見せ場だと思ったのです^^

パソコンでオッズを確認すると、信じられないような大きな数字が並んでいます。
「常識的」ではあり得ない馬券でしたが、W氏の安田記念の思い出も後押しします(笑
ワイド馬券(選んだ2頭が1~3着内にいれば当たり)で2点を購入します。
終わってみると100円が19,880円というスーパー万馬券のゲットとなりました。
(α900と主要レンズ数本を買ってもお釣りがくるくらい儲かりましたが、まさにあぶくのように消えました)

その夜は久々にW氏と食事をともにする。
「あの教訓が後押しになったよ」、「常識にとらわれて物事を考えたらダメだよね」、その夜も酒も寿司も最高に旨かった。
悔やまれたのはその情報(メイショウドンタク)を、皆さんにお伝えできなかったことでした。
考えに考えた結果、競馬の情報をブログで伝えるなんて「常識的」に良くないと思ったのです。

お後がよろしいようで・・・^^;


[ 2011/06/07 22:22 ] 競馬 | TB(0) | CM(8)

素敵な思い出ですね

こんばんは。
私は競馬はやりませんが、中継を見るのは好きです。
自転車、オートバイとありますが、競馬が一番、迫力があると思います。
賭け方は、全く解りませんが、オッズもかなり高いですね。
そりゃ、万馬券が当たれば、止められないですね。
競馬とは関係ない写真のオートバイ、それに海辺の写真。
いずれも素敵なカットですね。
カメラの実写版のような素晴らしいショットが3枚ですね。
[ 2011/06/07 22:53 ] [ 編集 ]

こんばんは
競馬と言えば,私は地元の笠松競馬に通っていた時期がありました。
オグリキャップが中央に出て行った頃のことです。
笠松でアンカツ鞍上のオグリキャップの勝利を見たことがあるのがちょっとした自慢です。(^^)

話は変わりますが,1枚目の「99999」よくゲットされましたね。
車の走行メーターでもきりの良いところを自分の目で確認したいと思うことがありますが,
たいていは,通り越してしまうんですよね~(笑)
[ 2011/06/07 23:23 ] [ 編集 ]

色んな考えがあるもんだなぁ~と、
ブログを観ながら、勉強になります。
100円で・・・それもアリ?
どちらにしても、ご馳走が食べられれば・・・
っていうとこでしょうか(笑)
私は、レースより、のんびりと「好きな馬」が
楽しく走っているのを見るのがいいかなぁ~。
[ 2011/06/08 07:44 ] [ 編集 ]

tazuさん、こんばんは!

つかみ所のないエントリーに、心温まるコメントをありがとうございます^^

W氏との競馬がらみの思い出は、語りつくせないくらいあります(笑
年齢とともに会う回数は減りましたが、会えば自然とこれらの思い出話となります。
そうした思い出の馬の子供や孫が走るのも、競馬の楽しい一面でもあります。

万馬券ともなると年に1回あるかどうかの大イベントです。
ヒットの延長のホームラン的に取れるのが理想かも知れません。
ここだけを狙うと大怪我したりします(笑

写真についても嬉しい言葉をありがとうござます!
ブログ開設当初はこういう形で写真をアップしていました。
3枚目は中田島砂丘(浜岡原子力発電所)での1枚でした。
[ 2011/06/08 21:03 ] [ 編集 ]

MJKさん、こんばんは!

つかみ所のないエントリーに、心温まるコメントをありがとうございます^^

笠松の英雄のオグリ&アンカツのエピソード、素晴らしい思い出ですね!
競馬を始めたのはオグリ引退後でしたので、私の場合はアンカツというとライデンリーダーになります。
桜花賞でのアンカツの悔しそうな顔は今でも覚えています。

あの年は阪神大震災があって暗いムードでしたが、ライデンのおかげで盛り上がりました。
アンカツが桜花賞に強いのは、このエピソードがあったからだと思っています。
ああ、まずいですね、1エントリー分くらい語ってしまいそうです^^;

メーターは是非撮りたいと思っていましたが、なかなか難しいものでした(笑
最後の数キロは近所をグルグル廻って笑われたりもしました。
原チャで10,000kmってなにげに凄い記録だと思っています^^
[ 2011/06/08 21:04 ] [ 編集 ]

チューリップさん、こんばんは!

つかみ所のないエントリーに、心温まるコメントをありがとうございます^^

競馬はいろいろな楽しみ方があって楽しいですよ。
今は私より母の方が楽しんでしますが、欲張らなければそこそこ遊べます。

チューリップさんはご馳走の方が楽しみですね!
私やW氏と友達でしたら、一緒に食べれたかも知れません(笑

競馬場で走る馬を見るのも楽しいですよ。
なにげに個性があったりして可愛いですし、一生懸命さに惹かれたりします。

しばらく競馬場にも行ってないなぁ~。
[ 2011/06/08 21:04 ] [ 編集 ]

若い頃から麻雀はだめ、パチンコもだめ、ましてや競輪,競馬等の
お楽しみには全く才能の無いわたしでした・・・・・
逆に競馬などは手を出していたら何処までものめり込んでいて人生は
大きく姿を変えていたと思います。
賭け事の大きな楽しみを知らずに人生を終わりそうです。

[ 2011/06/08 22:30 ] [ 編集 ]

enosinさん、こんばんは!

つかみ所のないエントリーに、心温まるコメントをありがとうございます^^

enosinさんが若い頃の競馬場は鉄火場のイメージでしたよね。
競馬を楽しむというスタイルは、最近のことかも知れないです。
そういう意味ではJRAは見事なイメージチェンジでしたね。

enosinさんが精力的に山に登った年代を、私は競馬等で楽しんだと思います。
今考えてみれば無茶できる頃に、いろいろな山を登っておけば・・・なんて思います。
でも、それぞれ楽しく素晴らしい思い出に違いないと思います^^

ちなみに私の母は詳しくないくせに、私より予想を的中させています(笑
[ 2011/06/08 23:22 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://desertfoxblog.blog27.fc2.com/tb.php/840-f6c27c62