北精進ヶ滝 ~憧れの滝壺へ~

syoujigataki041.jpg
(α700 & DT16-105mm/F3.5-5.6 ND16)
6月に俯瞰の雄姿をアップした北精進ヶ滝ですが、今回は対照的に直下の景色となります。
当初はこの滝の落ち口へと進む予定でいましたが、ルートの明確さを考慮して直下へと変更します。
直下へのルートは公式なものではありませんが、訪れる人も多くて目印や踏み跡で道に迷う心配がないのです。
初めて歩くルートは多少の緊張を感じさせましたが、難なく前衛滝まで進むことができました。
写真は前衛滝と北精進ヶ滝。(写真は時系列順ではありません)


1枚目のポイントへ来るまでに2回の渡渉を行います。
今回は御殿場のアウトレットにてただ同然で手に入れた、ホーキンスのアクアシューズを渡渉用に用意しました。
履き替える際に誤って登山靴を川に落としてしまったので、履き替えの必要もなくなりましたがせっかくなので使うことに^^;

syoujigataki042.jpg

前衛滝のポイントから滝壺へと進むルートは、思い当たるものが1つしかないため、道に迷うことはないと思います。
しかし登り口の水の流れる岩斜面の登りが、足場はあるもののツルツルで怖いです。
装備一式を前衛滝のポイントにデポして進みましたが、ストック(トレッキングポール)を持ちにいったん戻ります。
その斜面を後ろ向きに下りることを考えると、三点確保のためにストックは頼もしい存在となります。
山屋の私はタフな山行はそこそここなせますが、沢屋のジャンルにはからっきしなのです(笑
ツルツルの岩斜面をクリアすれば、ぐっと近づく北精進ヶ滝に圧倒されます。

syoujigataki043.jpg

滝壺へと進むルートは崖に向かって左に曲がるイメージですが、ここで真っ直ぐ進んでこの崖の直登コースに迷込みます。
高度が上がり滝壺が見下ろせるくらいになって誤りに気が付き引き返します・・・(笑
下りる際に蜂に威嚇されます・・・結構な斜度でしたがずり落ちるように下ることに・・・。
恐らくスズメバチだと思いますが、一昨年に刺されているので刺されたら洒落にならないのです。
(次なる目標はこの落ち口へ)

syoujigataki044.jpg

ルートを修正して滝壺へと到着します。
しかし蜂のおかげで抜け殻状態となり、高台からの数枚で撤退します。

syoujigataki045.jpg

いつか来てみたいと思っていた滝壺は、思った以上に静かで美しいものでした。
東日本最大級の落差121mを誇る北精進ヶ滝の滝壺です。

syoujigataki046.jpg

目に飛び込んでくる幻想的な空間にしばし見とれます。

syoujigataki047.jpg
(ND16)
この日は雲の流れが早くて晴れ間が見えたり、太陽ごと雲に覆われたりの繰り返しでした。
時間的に太陽は真上に近い状態で、陽射があるときはフレア&ゴーストで撮影は困難を極めました。
しかし、曇っている時間帯もかなり長く、なんとかこれらの写真を撮影することができました。
今回は下見の要素も含まれているので、そういった状況も把握できたことも大きいと思います。
紅葉の時期に再び来ることになるでしょう。

今回のルートは俯瞰地点と同じく「あばら寫眞舘」のよ~かんさんのレポを参考にさせていただきました^^


[ 2011/07/22 11:17 ] 滝・渓谷・渓流 | TB(0) | CM(10)

こんばんは
息を呑む絶景に完全にやられてしまいました。
ここまでたどり着くには,相当の体力と技術が必要でしょうね。
写真的には,1枚目と7枚目にスーパーびびびでした。
ただのカメラ好きには絶対に撮れない写真に感動しました~
[ 2011/07/23 20:52 ] [ 編集 ]

凄い眺めです

こんばんは。
凄い眺めですね。
ここまで行くのが大変でしたね。
でも、三脚やカメラもいるでしょうし、移動が大変だったと想像します。
でも、その甲斐あって、素晴らしい渓谷の滝が見れて良かったですね(^_-)-☆
涼しげな夏らしい写真を見せて頂きました(^O^☆♪
[ 2011/07/24 01:53 ] [ 編集 ]

MJKさん、こんにちは!

初めてのルートでしたので、緊張感あるものとなりました。
山歩きは目印などで問題なかったですが、渡渉するので川の水位が不安でした。
この時期は夕立があるので、上流で豪雨なんてこともありえますので・・・。

体力的にはごく簡単な登山といったところです。
前衛滝までは1時間くらいなので、それほど過酷ではないんですよ。
そこから先の行程は、見解が別れると思います(笑

1、7枚目にスーパーびびびをいただき、ありがとうございます!
じつは直下よりもこのシーンを撮りたくて行った感じです^^
[ 2011/07/24 12:21 ] [ 編集 ]

tazuさん、こんにちは!

ありがとうございます!

この滝の展望台はかなり離れたものになります。
なので滝好きや沢好きの人間が、ルートを開拓して直下を目指します。
そんな先駆者のおかげで、滝壺を見ることができました!

ちょっとした装備と勇気があれば見れる景色に感動しました。
前衛滝と一緒に写す北精進ヶ滝は、憧れのシーンでしたので満足でした^^
紅葉の時期にまた来たいと思っています。

水飛沫が頻繁に飛んできて、とても涼しかったですよ!
[ 2011/07/24 12:33 ] [ 編集 ]

こんばんは

美しさと迫力に圧倒されましたが、レポートを拝見して、これだけすばらしいお写真を撮るために、相当なご苦労があったことが分かりました。
1枚目のお写真で、この滝の規模の雄大さが伝わってきますが、3枚目の輝く水しぶきも迫力がありますね。
[ 2011/07/24 20:33 ] [ 編集 ]

ej25さん、こんばんは!

訪れるまでは不安で一杯でしたが、紅葉の時期にまた来たい場所となりました^^
山歩きもされるej25さんなら、問題なく行ける場所だと思います。
展望台からの北精進ヶ滝も見事なので、機会がありましたら是非その雄姿を!

ありがとうございます。光が差す3枚目の光景はとても感動的でした。
大自然はこのような美しい光景を、惜しむことなく見せてくれます。
こうして撮影できたことに喜びを感じてます。

嬉しいコメントをありがとうございます!
[ 2011/07/24 21:56 ] [ 編集 ]

こんばんは~♪
遂に行かれたんですね、滝下♪ おめでとうございます!
condorさんが撮られると本当に繊細な美しい写真になりますね。。
素晴らしいです。特にトップとラストの写真が♪
この滝は手前の滝とセットで段瀑なんじゃないか?と思う程バランスが
いいんですよね。
面白いのが、手前の滝の下に立つと結構滝の音が強いのに、滝上に
上って精進ヶ滝と対峙すると静かになるんですよね。不思議です。
しかし、間違って落口に向かって上って降りる時にスズメバチとは・・・
怖ろしすぎます(><) 無事でよかったです。。
[ 2011/07/26 00:28 ] [ 編集 ]

よ~かんさん、こんばんは!

ありがとうございます!ついに行ってきました!
前衛滝とのコンビネーションをイメージして訪れましたが、想像以上の光景に
感動しました^^
おっしゃるとおり、最高のバランスですよね!

到着したのがお昼近辺でしたので、光線状態には四苦八苦しました^^;
雲が日差しを遮る時間も多かったので、好みの写真はなんとか撮れました。
1、7枚目、ありがとうございます!
よ~かんさん直伝の「いないいないばー」作戦が功を奏しました(笑

直下の静けさは行った者でないと分からないでしょうね。
サラサラと落ちる流れと静寂に満ちた空間が神秘的でもありました。
ここを何度も訪れる方の気持ちが分かる気がしました。

スズメバチは怖いですよ!
よく言われますが黒系が危険で、最初に髪の毛に攻撃を仕掛けてきます。
キイロスズメバチは木の枝にも、地中にも巣を作るので洞察力も必要です。
お互いに気をつけましょうね!

今回は滝撮りの師匠のよ~かんさんに褒められて嬉しさ満点です^^
[ 2011/07/26 22:54 ] [ 編集 ]

5,6があの石空川渓谷の展望台から私も眺めた長大な滝の滝壷なんですね。
気合を入れて入っただけに滝の流れも岩肌も見所がありますね。
凄いものを拝見できて感激です。
鳳凰三山の山懐には見栄えのあるこのような滝が沢山ありそうですね。
[ 2011/07/29 15:03 ] [ 編集 ]

enosinさん、こんばんは!

轟音とともに落ちる姿を想像してましたが、まったく逆の静かな空間でした。
落ちる流れはサラサラとしたもので、神秘的な雰囲気を感じさせてくれました。
6枚目の景色は特に感動的で、ここまで来て良かったと思えるものでした^^

鳳凰三山の代表的な登山道のドンドコ沢は滝の宝庫です。
何度か歩きましたが、滝の魅力で登山に集中できないコースです(笑
この北精進ヶ滝と似た名前の、南精進ヶ滝もドンドコ沢にあります。
[ 2011/07/29 20:37 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://desertfoxblog.blog27.fc2.com/tb.php/858-2fda234b