日本最高峰でのオフ(後編)

fuji055.jpg

ご来光、大混雑の山頂がひとつになる瞬間。湧き上がる歓声と目に映る光景に、無意識のうちに涙がこぼれだす。
毎年同じことの繰り返し・・・「また、来年も登ろう」。
今年は一緒に登った友がいる。私の隣にはカメラを構えるすずさんの雄姿がある。
素敵な夕景や幻想的な月暈もこの景色のお膳立て。いま目にしている光景こそが富士山最大の美しさ。
この光景と一体感こそが「日本最高峰でのオフ」の最大の見せ場なのです。


と大きく出ましたが、写真でこの気持ちを表現できないところがまたアレなところです^^;
思い描いたシーンがあってDT35mmを持参しましたが撮れずじまい・・・。
すずさんのところのでのタイトルシーンに、「おー、こんな感じ!」と感動するcondorさんでした。
拙い写真の連続ですが、後編をお届けします^^

fuji056.jpg
(4:43)
ご来光の前に綺麗な朝焼けが見れました。バイクのホンダエンブレムのような雲が素敵。

fuji057.jpg
(4:46)
アンテナが目印の三つ峠山を前衛に朝もやの山並み。静けさに満ちた世界。

fuji058.jpg
(4:58)
その瞬間が刻一刻と迫ってきます。

fuji059.jpg
(5:00)
そして感動のご来光。このシーンは人を前に置いてDT35mmで撮るのが目標でした・・・。
ありきたりな写真と分かってても、この景色を前にすると夢中で撮っちゃうんですよね^^;
置いてきた忘れ物はまた来年のお楽しみとします。
(朝焼けにすずさんのシルエットは撮りました。もしかしたらすずさんのところで見れるかも!?)

fuji060.jpg
(5:01)
1枚目と同じ時間帯の写真ですが、後に回り込めば良かったと後悔・・・。
逆光ではありませんが、マイケル・ベイ 顔負けのカメラワークのお兄さん(1番右)の存在感に大満足。

fuji061.jpg
(5:05)
今いる場所は吉田口の下山口付近なので、お鉢巡りの始点&終点にいる訳です。
ちなみに日の丸のちょっと奥側が吉田口の登山口。見えている建物は奥から久須志神社(くすしじんじゃ)と山小屋など。

fuji062.jpg
(5:19)
いよいよお鉢巡り開始、というより今年の目標である仮眠ポイントへの移動開始(笑
この仮眠のためにビニールシートが装備一覧に加わるのです。

fuji063.jpg
(5:47)
お鉢の東側は斜面の際を歩くイメージで、反対側に比べると険しいイメージがあります。

fuji064.jpg
(5:48)
写真では危険そうに見えますが、実際はそうでもありません。

fuji065.jpg
(5:53)
将来有望ですね^^

fuji066.jpg
(5:55)
仮眠ポイントまであと僅かの地点。ちなみに仮眠ポイントは「ご来光後のスナップ」の最後の写真の場所です。
(↑のエントリを見ると昨年の空き具合が良く分かります。また、似たような写真というのも・・・^^;)
まさに夢心地の1時間の仮眠を満喫します(笑
この仮眠は行動計画にしっかりと盛り込まれたもので、爽快な目覚めの時点では大きな誤算があったとは思いもしませんでした・・・。

fuji067.jpg
(7:34)
たかだか1時間の睡眠ではありましたが、思った以上にリフレッシュできました。朝食を済ませてお鉢巡りを続行します。
写真は御殿場口山頂にあたる銀明水の碑。碑には富士宮口下山道と彫られていましたが良く分からない・・・。

fuji068.jpg
(7:35)
御殿場口山頂からみた下山道と湧き上がる雲。この後は富士宮口山頂にあたる富士山頂郵便局&浅間神社奥宮が目玉となります。
まずは富士山頂郵便局にて、持参した葉書きにスタンプを押印して、ポストに投函したいのですが・・・たくさんの人が並んでます。
昨年買わずに後悔した登山証明書(500円)も欲しかったので列に並びます。
あたりを撮影していたすずさんに欲しいか訪ねると「YES!」の返答。高額で売付けようとしましたが、軽くあしらわれます^^;
ちなみに持参した葉書きは2枚で、1枚は母に もう1枚は超忙しいときに休暇をくれた上司宛てでした^^
(到着には1週間ほど掛かりましたが、消印は8/14のものでした)
おまけみたいないいまわしですが、浅間神社奥宮ではお守りを購入しました。

fuji069.jpg
(8:24)
写真は日本最高地点付近。湧き上がる雲にちょっとビビる(笑
馬の背と呼ばれる急登をクリアして、剣ヶ峰の日本最高地点の碑の場所へと進みます。
日本最高地点での記念撮影待ちの渋滞を横目に、さらに奥にある測候所跡の展望台を目指します。
何気にこの展望台こそが日本最高地点のような気がする。
(この場所ではコンデジにて動画で撮影しました。後日アップするかも知れません。)

fuji070.jpg
(8:24)
同じく最高地点付近からの展望。左奥の雲沸く山は八ヶ岳、右側は奥秩父の山並か・・・。
剣ヶ峰の高さを感じます。

fuji071.jpg
(8:29)
ちょっと前の雲はお鉢の上へと沸く雲でした。お鉢のみの写真もありましたが、この写真が好きだったのでアップしました。
ちなみに仮眠の誤算とは「影富士」が見れないことでした。
冷静に考えれば太陽が上がりきる前に見れるものですから、15枚目のような見上げる太陽では見れなくて当然ですが・・・。
考えに考えた行動計画でしたが、思わぬところに落とし穴があったのです。

fuji072.jpg
(8:43)
剣ヶ峰を離れて昨年「影富士」を撮影したポイントへ・・・「影富士」は見れませんでしたが、南アルプスをバックに素晴らしい景色。
地上へと伸びるクレバスは有名な大沢崩れ。

fuji073.jpg
(9:23)
ようやく未明に登ってきた吉田口山頂の久須志神社までやって来ました。
渋滞と暗さで撮影できなかった山頂の鳥居で、記念撮影を済ませるといよいよ下山です。
名残惜しい気持ちです。

fuji074.jpg
(9:24)
山頂での最後のショットは昨年と同じく、山頂を目指す登山者を見下ろしてみました。
渋滞登山で10時間30分を登りに要しましたが下りは僅か3時間と良いペース♪
終わり良ければ全て良しということで^^
20枚もの写真をアップしたエントリーとなりましたが、8月は当エントリーを含めて4エントリーでした・・・。
お土産写真ということで大目に見てあげてください^^;

最後に・・・。
観光登山の印象の富士山ではありますが、そうはいっても日本最高峰は簡単ではありません。
昨年は単独の気まま登山でしたが、今年は休憩やペース配分に気を配りました。
そうしているのに何故か私だけ(超が付く軽度ですが)高山病になるのが笑えるところです(笑
山頂で仮眠時間のために「影富士」を撮り損ねましたが、まったくの想定外で計画段階では考えもしませんでした^^;
すずさん、申しわけないことをしました。「影富士」はまた登って撮影してくださいね!

好天候のもと無事に終了した「日本最高峰でのオフ」。
いろいろな思いから計画したオフでしたが、すずさん、誘いに応えてくれてありがとうございました。
そしてお疲れさまでした^^
よく考えれば1枚くらいSAL2470ZとSAL1635Zで、撮らせてもらえば良かったと後悔しています(笑
まあ、それは次に登る山で叶えたいと思います。なんて^^

(DT16-105mm/F3.5-5.6)


[ 2011/08/31 23:56 ] オフ・特殊イベント | TB(0) | CM(10)

最高峰での作品の数々、10時間以上の時間を掛けて登っただけに
価値がありますね。
PCの画面で拝見するお鉢周りのスナップの数々未経験だけに興味ありでした。
高山病は私も何回か経験がありますが食欲が落ちてしまうのと
全身がけだるくなってしまったのが思い出されました。

良い夏のイベントでしたね・・・・・
[ 2011/09/01 10:58 ] [ 編集 ]

こんばんは。
ぃゃ~、本当にお世話になりました。
あと、高額転売の悪徳業者に騙されなくて良かったです(笑)

ちょうどペルセウス座流星群のピークの頃で、流れ星を見まくれるかなと思っていましたが、いつのまにかそんな余裕もなくなっていました・・・。
ま、今回の経験を生かしてそのうち星を見に山に登ってみたいと思います。
といっても、天気が悪い週末ばかり・・・。

お鉢めぐりも面白かったですね。
山頂まで登りきれた安心感からかゆったりと眺めることができました。
山頂からの景色も素晴らしかったです。
ま、でも、確かに仰るようにもっと人の少ないときに写真を撮りたいかも・・・。

後半のハイペースは自分でも驚きでした。
そして、足もガクガクでした・・・。

レンズ使ってもいいって言ったのに(笑)
[ 2011/09/01 22:19 ] [ 編集 ]

こんばんは~♪
前編後編合せて、本当に素晴らしいものを拝見させていただきました。
前編では月暈の神秘さと、夕焼けの美しさ、そして後編の御来光。そして
その他、何気なく撮られている数々のショットの全てが美しく、素晴らし
かったです。

今回の登山では前回出来なかったことをされているようですが、なるほど、
毎年登れれば少しずつやれることを達成して行けるので、一度でアレコレ
迷わず、しかも前回の経験が行かせるということなのですね。

お疲れさまでした。そして今回も素晴らしい数々の写真を見せていただき
ありがとうございました。それにしても本当にすごい人の数ですね。。
[ 2011/09/01 23:48 ] [ 編集 ]

enosinさん、コメントありがとうございます!

こんばんは。
富士山はその標高と独立峰ということで、日の出は異次元の美しさだと思います。
地球の丸さを感じられるのが感動で、また登りたくなるのです。
おそらく来年も登ることになるでしょう^^;

このエントリーはお土産的なイメージで、たくさんの写真をアップしました。
行ったことがない人がイメージできればとても嬉しいです^^
思い描いた絵は撮れませんでしたが、それは来年の課題とします。

とても良い夏のイベントとなりました^^
[ 2011/09/02 00:26 ] [ 編集 ]

すずさん、コメントありがとうございます!

こんばんは。お疲れ様でした。
混雑で撮影的には消化不良でしたが、良いご来光が見れたので上出来でしょう。
1度登ったことで次はもう少し楽に登れると思いますよ^^
流星はいくつか見れただけで幸運だと思っています(笑

仮眠もとったのでお鉢めぐりはフレッシュな気分でしたね。
富士山でしか見れない眺望を満喫できる幸せな時間です。
時間が経てばどんどん懐かしく思えるようになりますよ(笑

使っていいと言ってくれたのに、惜しいことをしました・・・。
どこかの山を一緒に登ることになりましたら、もう1度チャンスをくださいね~。
もう悪徳商売はしませんので^^;

最初のペースで下っていたら、私の足もただでは済まなかったと思います(笑
[ 2011/09/02 00:50 ] [ 編集 ]

よ~かんさん、コメントありがとうございます!

こんばんは。ありがとうございます^^
神秘的な月暈や美しい夕焼けを見れ、しかも素晴らしいご来光も見れました。
空気が綺麗なので抜けが素晴らしく、自分でも驚くような写真がありました。

今年進化した点はペース&防寒&仮眠でした。
高山病は昨年よりも軽度でしたし、ご来光までの寒さも問題ありませんでした。
山頂での仮眠はとても幸せでしたが、その分、影富士を撮り損ねました・・・。

よ~かんさんも富士登山を目指しているんですよね。
ご来光を登山口近くで見て、お鉢めぐりを反時計回りにすれば効率良いですよ。
反時計回りの方が影富士ポイントまで早いので、撮影してから仮眠が良いです。

無理のない計画で登ってみてください^^
空いている方が登りやすいですが、混雑も富士山の魅力だったりもします。
[ 2011/09/02 01:24 ] [ 編集 ]

すごい人出ですね

condorさん、おはようございます。
condorさんの興奮が伝わってきます。
今回の富士山登山の状況、よーく雰囲気がわかります。
やっぱり、高度感、透明感がありますね。
それに、ここまで登る苦労を考えると、感無量ですよね。
すばらしい景色を見せていただき、ありがとうございます。
[ 2011/09/02 05:49 ] [ 編集 ]

tazuさん、コメントありがとうございます!

こんばんは。
興奮と雰囲気が伝わるというお言葉、とても嬉しく思います。
昨年も登っているというのに、絶景を前に舞い上がってしまいました^^;
また来年も登ると思うので、その時こそ理想の絵を撮りたいです。

今回は一緒に登った仲間もいたので、単独だった昨年より喜びが大きかったです。
大混雑の山頂ではありましたが、ご来光の一体感は素晴らしかったです。
この時ばかりは混雑も良いものだと思いました(笑

次のエントリーでは動画を予定しています。
良かったら見てくださいね!
[ 2011/09/02 23:01 ] [ 編集 ]

こんばんは

何とかお天気に恵まれて良かったですね。
山頂まで登って、御鉢巡りをするには、やはり相当な体力が必要だと思いますが、しっかりお昼寝(朝寝?)して、体力回復されていますね。
お写真と記事を拝見していると喜びと感動が伝わってきて、自分自身の記憶も蘇ってきます。
久々に、また登ってみたくなりました!
[ 2011/09/03 00:34 ] [ 編集 ]

ej25さん、コメントありがとうございます!

こんにちは。
ありがとうございます!前日も含めて天候に恵まれたのは幸運でした^^
単独だった昨年はご来光から一気にお鉢巡りをしました。
影富士は撮影できましたが、陽が登ってしまって山頂での仮眠は無理でした。

今年は連れがいましたので、体調面を重視して仮眠をとりました。
短時間とはいえ回復は著しく、有意義なお鉢巡りとなりました^^
影富士は撮れませんでしたが、雲海を見ながらの仮眠も素敵な思い出です(笑

このエントリーからej25さんの記憶が蘇り嬉しいです^^
富士山に再び登られれば、また新たな感動が得られるんでしょうね。
私もそんな思いから、来年も登ることになると思います。
[ 2011/09/03 11:21 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://desertfoxblog.blog27.fc2.com/tb.php/864-0f534173