スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

御中道トレッキング(前編)

fuji093.jpg

ダイジェスト版でアップした、10月8日の御中道トレッキングの本エントリー(前編)です。
例年ならば紅葉の先取りは大弛峠(金峰山)でしたが、台風15号の影響で林道川上牧丘線が通行止めとなっております。
その代わりにという訳ではないですが、このごろ馴染み深い富士五合目へと向かいました。
この日は夜からの鳳凰山登山を予定していましたが、出発時の雲の広がりを見て中止、日中の富士五合目へと変更しました。


今回は原チャでの移動でしたので、なかなかエキサイティングな道中となりました。
登りが遅い原チャなのでルート選びが問題となりますが、交通量の少ない県道36号線(芦川コース)で行けば問題ありません。
実際に今回のルートの途中にある新道峠へは、原チャで行くことも多かったですから・・・。
新たに開通した「若彦トンネル」を抜けると河口湖は目の前です。
富士スバルラインへは河口湖の湖畔道や、河口湖町の市街地の生活道路を経由して向かいます。

スバルラインの登り(斜度)と車のペースが心配でしたが、斜度は思ったほどではなく、交通の妨げになることはありませんでした。
もちろんペースが遅いので、後方には注意をはかり、譲りながらゆっくりと登りました。
観光客の車のペースはゆっくりですし、原チャより鈍い自転車も非常に多く、道中で不安になることは全くありませんでした。
通行料は200円とかなりお徳なのですが、10月のスバルラインは寒くてバイクでは厳しいかも(笑
過去にスバルラインでは、気持ち良さげに走る原チャを羨ましく見てたので、晴れて念願叶ったというところです^^

ochudou-map.jpg

長々と移動の薀蓄に付き合わせてしまいましたが、いよいよ本編の御中道トレッキングです。
スバルライン(青線)の駐車場から御庭を経由して、御中道(赤線)を大沢崩へと進むコースを歩きます。
下界から富士山が見えないこともあり、3連休の初日にもかかわらず、御庭はもちろん五合目自体が空いていました。
ガスに覆われる時間も多かったですが、切れ間よりたくさんの写真が撮れたので満足です。
ルート上のリサーチはしなかったので、はじめて見る景色と大沢崩れをイメージして、わくわくしながら歩く道中でした。

fuji094.jpg

紅葉は今一歩という感じでしたが、まあまあというところでしょうか。
撮影時間は11:00くらいでしたので、真上から陽に照らされる富士山は(赤くなく)黒く見えます。

fuji095.jpg

ナナカマドはどこの山でも目立ちたがり屋さんです。

fuji096.jpg

御庭の地を這うようなカラマツが黄色に輝いていました。伸びる枝は風下方向のみで、過酷な自然環境が想像できます。

fuji097.jpg

御庭をしばらく進むと御中道の入口に到達します。御庭の歩きを含めて、大沢崩れまでは約4kmの道のりです。

fuji098.jpg

標高が高いとはいえ、樹林帯はまだ青々しています。山の香りが心地良いです^^

fuji099.jpg

ステンドグラス風に・・・よくあるパターンですね。

fuji100.jpg

大沢崩れまでにはいくつかの沢がありますが、これは「滑沢」(標高2,409m)での1枚。
ひょろひょろと頼りない感じの1本木ですが、その中には過酷な自然を耐え抜く強さがあると思います。
頑張っている姿に魅せられてしまいました。
以上、前編でした。後編へと続きます・・・。

(DT16-105mm/F3.5-5.6)


[ 2011/10/16 11:06 ] 紅葉 | TB(0) | CM(8)

こんばんは。
富士山は、登頂することしか考えていませんでしたが、こういう楽しみ方もあるのですね。
とても興味深く拝見しました。
原チャでのスバルラインとは、少々おどろきましたが、マグナのエンジンは、タフネスで定評がありますから、意外と平気なんですね。
[ 2011/10/16 23:10 ] [ 編集 ]

素敵なトレッキングですね。

おはようございます。
素晴らしい景色をたのしめそうですが、結構な高低差もありそうで、体力が要りそうですね。
いつも思うのですが、透明感があって、気持ちのよいショットが撮れています。
紅葉も素敵ですが、苔のある森林の小道もいいですね(^^)
[ 2011/10/17 06:17 ] [ 編集 ]

おはようございます。
お中道は歩いたことないんです。
こけが発達していて、しっとりしているのが意外な感じでしたが、
やはり森林限界上は荒々しい風景ですね。
大展望も大好物ですが、結構森フェチなので、こんな風景には癒されます。
[ 2011/10/17 09:11 ] [ 編集 ]

ej25さん、こんばんは!

先日の五合目で好印象でしたので、改めて出掛けてみましたが、御庭の紅葉は素晴らしかったです。
気軽な感じで歩けるこのコースからも、いろいろな表情の富士山が楽しめました。
奥庭も合わせてさすがは富士のお膝元という感じでした^^

峠は低速ギヤでの巡航と原チャには過酷ですが、ホンダの自然空冷式エンジンはタフですね。
キャップ式の油温計も装備していますが、鈍いので真夏でも驚くような上昇はありません。
それ以前に景色を楽しんだり休んだりで、のんびりとしたものです(笑
[ 2011/10/17 20:16 ] [ 編集 ]

tazuさん、こんばんは!

直下からの富士山を視界に入れながらの快適なトレッキングでした^^
地図を見ると出だしと、最後の大沢崩れの近くは急斜面でしたね。
でも、それ以外は平坦な感じで快適に歩けますよ♪

標高が高く空気も綺麗なので、写真の抜けは驚くほど良いです。
便利ズームのDT16-105mmもスーパーズームに化けたようでした(笑
紅葉以外にも樹林帯の雰囲気を感じてくださり嬉しいです^^

また、来年も来たい場所となりました☆
[ 2011/10/17 20:26 ] [ 編集 ]

ぜいぜいさん、こんばんは!

私もはじめてこのコースを歩きましたが、すごくお勧めだと思います。
自然の過酷さも目で感じることができますし、間近に富士山を見ながら歩くのも魅力です。
独立峰ということもあって、森林限界上の過酷さは、他の山の比較ではないでしょうね。

樹林帯での歩きはほんとうに心地よいものでした。
イメージしていた世界ではなかったですが、標高も2,400mなので、他の山と同じような雰囲気でした。
森の景色は歩いていて撮りたくなりますよね^^

森の景色に癒される感覚。よく分かります♪
[ 2011/10/17 20:44 ] [ 編集 ]

お中道をのんびりと歩くなどなかなかよきプランですね。
お中道と言うと荒々しい”大沢崩れ”を落石を気にしながら歩くイメージですが
今は通行は出来るんですか・・・・・
生きている富士が眺められる大沢崩は一度行ってみたかったですがcondorさんの
後編に期待させていただきます。
[ 2011/10/18 15:20 ] [ 編集 ]

enosinさん、こんばんは!

おっしゃるとおり、御中道の のんびり歩きは最高のプランとなりました^^
残念ながら大沢崩れが終点となっており、現在では通過することは適いません。
その侵食は年々広がっているようですし、今後も期待できないかと思います・・・。

本当は大沢崩れは簡単に触れようかと思っていましたが・・・。
大沢崩れ界隈のエントリーを追加するつもりです。
たいした写真はないですが、観光気分は味わえるかと思います^^;

ちょっとだけ楽しみにしていてください。
[ 2011/10/19 00:37 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://desertfoxblog.blog27.fc2.com/tb.php/880-fcf2eb40


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。